「あんなおまえはもう結婚なんかでけへんで?」と戦友からの忠告を受け日々を反省する。

ブログ
スポンサーリンク

先日のYouTubeライブでも言いましたが、、、

たつをさんほんまに寂しかったんだろうね…6月16日のサンデーライブ!

MCとしての戦友、仙石くんと食事に行ってきました。

彼はガンバ大阪や滋賀レイクスターズのMC、それだけじゃなく、ラジオのパーソナリティーなどなどほんまにたくさんの仕事をしています。

ええ声してますねん。悔しいくらいにね。

 

でもそんな仙石くんはなんか知らんけど、仲良くしてくれます。

そして、今回も「たつを近々メシでも行こうぜぇ〜」って誘ってくれました。

まぁご存知の通り、僕は高確率でお誘いを断るタイプなので、なかなか誘われなくなっています。

さらには、自分的にもほとんど誘われたとしても行くことってないんですよね。

なんで?って聞かれたら、、、なんでだろうと思いますが、、、

あんまり得意じゃないんですよね、、実は。。。

 

まぁそんな僕の話はどうでもよくて、、、

そんな仙石くん、、、僕たちの間では王子という位置づけなんですが、、、

梅田で待ち合わせ、、、

お店は彼が選んでくれて、その場所に行くと、、、

これまたええ感じのというか、ガヤガヤしてないじっくり話ができそうなええ感じのお店。

カウンターがあって、、、

カクテルからビールまで、かなりのお酒を扱ってる感じ。

お店に来るお客さんも、お酒が好きなんだろうなぁ〜って人が多い。

内装とかもオシャレで、、、ちょっぴり格好いい、そんな感じです。

まぁ仙石くんらしいと言えば、、、らしいお店。

あっ、、そうそう、、、ビールも普通のビールではなくて、、、

クラフトビールを取り扱ってて、かなりこだわりのある!

ビールだけも楽しめてしまう、そんなお店でした。

 

そして、僕は仙石くんに言いました。

たつを
たつを

いやいやいや、なんで2人ともお酒飲まれへんのにこんなお酒こだわってる店にしたん?

わかります?

こんなにお酒にこだわってるお店やったらお酒注文せんかったら申し訳ないやん!

仙石くん
仙石くん

「いや、俺はもう烏龍茶やから!すいません、烏龍茶ください!」

待て待て待て!

俺、まだ決めてないやんけ!

こういう人なんです、、仙石様は。。

まぁ僕はビールを1杯だけ楽しみましたが、、、ってそうなりますよね!

 

それからおしゃべりな2人ですから、いろんな話をしていました。

うん、やっぱりおもろいな、、、彼は本音でしゃべるから。

不器用なんだろうな、、そのくらいまっすぐに話してくれる。

だからこそ、いろんな話をお互いできるんやけどさ。

 

しかも、最近、結婚したこともあって、かなり上から話してきよる!

仙石くん
仙石くん

たつを、おまえはもう結婚無理やわ!

たつを
たつを

なんでやねん!

仙石くん
仙石くん

だってさ、おまえ正論で詰めるやん?
あれは女の子にしたらあかんって!

たつを
たつを

え…

仙石くん
仙石くん

女の子が正論で男に詰めるのはええねん!
あれは男がごめんなさいって言うためのものやから。
でも逆はあかん!

たつを
たつを

そーなん?
だって正しいやん?

仙石くん
仙石くん

ちゃうねん!
男はまずちゃんと謝らなあかんねん!
ほんまにそのままやったら結婚なんてでけへんで?

こんな会話すると思ってもなかった。

というか、仙石くんが結婚できるとは思ってもなかった。

仙石くん
仙石くん

ほんまにな、俺は結婚してよかったと思ってる。
だからおまえも詰めたらあかん!
ちゃんと謝らなあかん!

たつを
たつを

うん…

仙石くん
仙石くん

まぁ無理やと思うけどな…

 

っていうか、俺、仙石くんにそんな相談してないねんけど、、、

滲み出てるんかな?

なんでこんなことになってるんだ?

よくわからんけど、よく僕の性格わかってるんやなぁ〜ってちょっと感心してしまったくらい。

仙石くん
仙石くん

俺はな、なんかワクワクすることがしたいねん!

たつを
たつを

そもそも聞くけど、仙石くんの趣味ってなによ?

仙石くん
仙石くん

俺の趣味か…それがな、ないんよ。
まったくないねん。

たつを
たつを

だからワクワクを求めちゃうんじゃないの?
まず趣味を見つけたらええんちゃうん?

仙石くん
仙石くん

まぁな、わかってるねんけどな…ないねん。

 

分が悪くなったら、タバコタイムにいかはります。

トイレから戻ってきたらタバコ吸いに行ったりするねん、あれずるいよな。

仙石くん
仙石くん

まぁでもな、この仕事ってほんまに限られた小さな世界でさ、その枠をみんなで取り合いしてると思わん?

たつを
たつを

それめっちゃわかる!

仙石くん
仙石くん

だからさ、走り続けるってほんまに大変よな

たつを
たつを

ほんまにね、でも仙石くんは終わっていってないからいいやん!

仙石くん
仙石くん

今はな!
でも常に危機感持ってやらなあかんやん。
その辺はおまえのこともリスペクトしてるけどな。

たつを
たつを

まぁ俺らタイプが違うMCやから、俺は俺で勉強させてもらってるよ。

仙石くん
仙石くん

お互いええ刺激ってことやな

 

なんだろうな、彼と話してると少し落ち着く。

というか、迷ってたこととか、悩んでたことを前に進ませてみようかなって思わせてくれる。

そして、Mr.パーフェクトみたいな彼でも趣味がないとか、いろいろコンプレックスってあるんだなって思った。

人それぞれ、それなりに悩みはあるってことなんだなって。

 

ほんまに誘ってくれて嬉しかった。

今度は僕から誘えるように、心を鍛えておきます。

でも何かワクワクするようなこと一緒にできたらいいなぁ〜って思ったりもする。

彼が言った小さな世界で取り合ってるっていう表現、、、これってすごく深いなって思える。

僕らの年代になると、みんなで一緒になにかしたいって思うようになってくるからね。

それでも戦わないといけない、守り続けないといけない、なんかねって思うことはほんとにある。

 

MCとして、タレントとして、この世界では戦友ですが、、、

お互い刺激し合って、パワーアップしていけたらって思っています。

 

彼と会うのはかなり久しぶりやったけど、非常にいい時間だった。

彼のような才能があったらなぁ〜って思うけど、コツコツやろうよな、コツコツと。

まだ僕をこの世界でいさせてくれるスタッフのみなさんや、応援してくれるみなさんにただただ感謝しかない。

僕もなんかワクワクするようなことやり続けられるように頑張りたいと思います。

 

仙石くん、ありがとうございました♪