空き缶でチムニースターター

チムニースターター
スポンサーリンク

自作チムニースターター

前回のチムニースターター、、、

実際に使ってみたところ、ちゃんと火おこしもできるし、少人数でやるには最高でした。

 

ただ、チムニースターターの弱点は、消耗が激しいこと。

もう黒くなってしてまって、次に使う気持ちが少し失せるってこと。

その割には、作るのに手がかかるので、、、

何か別の方法をと考えてるところです。

 

アイデアの宝庫、DAISOへレッツゴー!

今回のチムニースターターは予算300円ですよ!

 

ではやってみましょう!

◆必要な材料&道具◆

 ・クロームメッキ ワイヤーネット
 ・ワイヤーネット用 スタンド
 ・ワイヤーネット用 カゴ(円柱)
 ・缶切り
 ・ハサミ

 

1、ワイヤーネットとスタンドを組み立てる!

百均チムニースターター

非常に簡単なのでびっくりしないでくださいね。

このワイヤーネットにスタンドを取り付けるだけです。

ワイヤーネットを選ぶ際は、ゴムの物が付いてないものにしてくださいね。

熱を加えるので、燃えてしまうので。

百均チムニースターター

こんなスタンドが売ってるんですよ。

これをくっつけるだけです。

説明不要のやつです(笑)

百均チムニースターター

組み立てるとこんな感じですね。

こんなのは工具もいりませんから♪

 

2、カゴを取り付ける!

百均チムニースターター

このワイヤーネット用のカゴ(円柱)タイプなんですが、、、

なんとなんと、、、底が網状になってます♪

百均チムニースターター

ほれほれ、、こんな感じです。

すでに網目の部分があるので、、、

この部分をチムニースターターの底の部分にするわけです!

あとは筒状のものを使って、煙突効果を発動させるだけです。

 

3、空き缶を使って煙突効果の状態を作る

百均チムニースターター

普通に空き缶を置くと、、、

こんな感じです。

空き缶の上部は綺麗に缶切りでくり抜けますが、、、

空き缶の底をくり抜いてないので、煙突効果は発動しません。

 

なので、空き缶の底をくり抜いた状態にしましょう。

アルミなので非常に簡単です。

百均チムニースターター

空き缶の底に近い部分をハサミで切ってしまえばいいんです。

どこでも構いません。

線を引く必要もありません。

ハサミを突き刺して、切り取ってください。

百均チムニースターター

空き缶の上下をくり抜いた状態ではめると、、、

こんな感じになります。

百均チムニースターター

空き缶の底の部分が網状になって、、、

この上に炭を置くわけですよね。

 

百均チムニースターター

空き缶の底、網目になってる部分から空気が入り、、、

煙突を通って、空き缶の上の部分に向かって空気が流れます。

上昇気流が起こるわけですね。

これで、あとは放っておけば、炭に火がつくってわけです。

 

4、チムニースターター量産型にしてみる

百均チムニースターター

ここからは少しおまけなんですが、、、

ワイヤーカゴ深型を買って来て、、、これももちろん100円です。

百均チムニースターター

先ほどのチムニースターターの上に設置します。

暖かくなった火は上に向かって流れます。

ですので、、、この上に、、、焼きたいものを置いておけば調理ができてしまうわけです。

例えば、、、前回ご紹介した、空き缶でご飯を炊くやつ、、、

あのお米を炊くやつを乗せてみると、、、

百均チムニースターター

炭に火がつき、そのまま放っておくと、ご飯が炊けてしまうという、、、。

なんという反則技!!!

アイデア次第であなたのBBQは変わります☆

 

ぜひ、お試しくださいませ。