【空き缶BBQ】番外編 これは使える計量カップ!

空き缶炊飯
スポンサーリンク

空き缶BBQ

先日、、、【空き缶BBQ】ご飯を炊く編をアップしたのですが、、、

あれからすんばらしい、計量カップを開発しました!

 

ここからは【空き缶BBQ】番外編!

 

◆必要な材料&道具◆

 ・飲み終えた『い・ろ・は・す』
 ・ハサミ
 ・マジック(笑)
 ・缶切り
 ・計量カップ
 ・アルミホイル

BBQの時、、、自宅でも、、、計量カップがない場面で、お米を炊く!

そして、誰もが知ってる、購入できるもので、計量カップにする方法!

さらに、その量をまとめておきます。

空き缶でご飯を炊く

ペットボトルの天然水『い・ろ・は・す』を用意します。

まぁ自動販売機とかには売ってるとおもいますし、、、

BBQに行く時に水は必須ですから、1本買って持って行っておくと非常に重宝します。

 

1、メモリを想像してカップ状態にする

空き缶でご飯を炊く

『い・ろ・は・す』のペットボトルは、潰しやすくなってるボトルなので、、、

このように段差があるんですね。

この段差をメモリとして見てください。

今回はわかりやすく、マジックで線を引いてますが、別に引かなくていいですよ(笑)

空き缶でご飯を炊く

5つ目のメモリの上くらいで切り取ります。

非常に柔らかいので、ハサミがあれば、簡単に切れますし、、、

BBQにはナイフが必ずあると思うので、それで切り取ってください。

そうですよ、これを計量カップにするわけです。

 

2、実際に計測してみよう!

これで計量カップができたわけなんですが、、、

この溝が非常に優秀なんですよね。

空き缶でご飯を炊く

今回使った、1合の半分のお米さん。

これがちょうど、2つ目の溝あたりなんです。

空き缶でご飯を炊く

ちょうど、このくらい。

空き缶でご飯を炊く

ちゃんと計測してみました。

空き缶でご飯を炊く

97gでした。

約100gってことですよね。

これでお米をはかって、同じ量のお水を入れたらさっきのやつができるってことです。

空き缶でご飯を炊く

ちなみに、1合は、、、152gでした。

計量カップでいうと180mlですが、重さでいうと150gですからね。

2gオーバーしてますが、そこは許してくださいね(笑)

空き缶でご飯を炊く

次に4つ目のメモリまでお米を入れてみると、、、

空き缶でご飯を炊く

178gです。

これなら、500mlの空き缶を使う場合は、バッチリな量ですね♪

空き缶でご飯を炊く

ちなみに、3つ目のメモリで、、、

空き缶でご飯を炊く
132gこれなら350mlの空き缶でもいけますよね♪

ねっ!

気付きました?

これ空き缶でお米を炊くのに必要な計量カップのための溝のように感じてきました(笑)

 

『い・ろ・は・す』計量カップまとめ

メモリグラム数空き缶目安の量
2つ目約100g350ml軽くお茶碗1杯分
3つ目約130g350ml軽くお茶碗2杯弱
4つ目約175g500ml軽くお茶碗3杯弱

お茶碗の大きさによっても目安の量は変わるかと思われますが、、、

だいたい、このくらいかなって思っています。

僕の家は食べ過ぎ注意で小さめのお茶碗なので、この目安となっていますので、あしからず。

 

ぜひとも、BBQなどで、困った時に活かしていただければとおもいます。

 

ということで、【空き缶BBQ】今回は、特別編として計量カップについてまとめてみましたが、、、

これは本当にいろいろ使えるとおもいます。

困った時はまとめの量を見てくださいね。

 

その後、空き缶BBQでご飯炊いてみましたか?

大人も子供も楽しめるし、本当に簡単なので、ぜひやってみてください。

ご飯が炊けた時、感動しますよ♪

 

【空き缶BBQ】ご飯を炊く編の記事はこちら!