空き缶チムニースターターを実験!

チムニースターター
スポンサーリンク

空き缶チムニースターター

先日のこれ、、、

『空き缶でチムニースターター』

はやり実際に実験してみないとわからないので、実験に行ってきました!

空き缶チムニースターター

こんな感じでセッティングして、

空き缶チムニースターター

準備は簡単ですよね♪

空き缶ぶった切るだけですから♪

空き缶チムニースターター

それでは点火していきます。

空き缶チムニースターター

新聞紙を下に入れて、火をいれていきます。

空き缶チムニースターター

ちょうど新聞紙が消える頃、、、

空き缶チムニースターター

煙がで始めたんですが、失速してしまいました。

うーん、、、はやり煙突となる部分が小さいというのもあるんでしょうね。

風が入りにくくなるという問題点がある。

 

なので、着火剤を一番底に入れておくと、これ非常にいい感じになりました。

空き缶チムニースターター

普通のチムニースターターも着火剤を底に入れるんですが、、、

はやりこの小さい規模でも着火剤を入れる方が火が安定してつきますね。

なしでいけるかと思ったけど、甘かったです。

 

そして、当然ですが、この方法で使えるのは、2人くらいまでの小規模なBBQでしょう。

大人数になると、これではまかなえないと考えるべきです。

ただ、最初の火種だけ作ればいい!って考えられる人にはこれいいかもしれません。

このまま洗うことなく、捨てればいいわけですからね。

 

使い方と考え方、、、

あとは、どんな場所で何人でするかで選べばいいかなと思います♪

以上、実験レポートでした。