熊本『琥珀色のコーヒー 珈琲アロー』

お店
スポンサーリンク

熊本 珈琲 アロー

本物のコーヒーがあると聞いていた。

コーヒーが飲めない人も必ず飲めるコーヒーがある。

それが、ここ、熊本にある『喫茶 アロー』

熊本 珈琲 アロー

それはそれは歴史のある外観です。

そうまで言われるお店なので、どんなお店かと思ってたんですが、、、

入り口もこのやじるしの看板のみです。

熊本 珈琲 アロー

中に入ると、ニコッと笑う店主のおじいさんがいた。

注文もなく、入って席に着くなりコーヒーの準備が始まる。

現在79歳!!!

現役です!!!

朝から晩まで働きます☆

熊本 珈琲 アロー

そのマシンガントークは凄まじいです。

「どこからきたと?」→「大阪です!」

この会話から続けて、永遠にしゃべります。

いや、、、関西人の僕も驚くほどのマシンガントークです。

熊本 珈琲 アロー

マシンガントークは止むことなく、そのままコーヒーの作業も進んでいきます。

やはりこのクラスになるとネルドリップなんですね。

 

そして、店主の使うコーヒーの色、、、ほとんど焦がしてない焙煎。

珈琲=苦味

これは実は、商売のために作られたもの!

焦げたものに苦味がでるのは当然のことと店主は話す。

焦げたものには身体に良くない物質が必ず含まれる、だから僕の豆はいい豆なんだ。

熊本 珈琲 アロー

そうですよ、、、この豆の色に引っかかってしまうと、、、

マシンガントークはさらに加熱します!

聞いていて非常に面白いので、聞いてしまうんです。

すると乗ってきて、また加熱するんです。

熊本 珈琲 アロー

そして、、、店主が大きく息を吸って、、、

お湯の温度を湯気で確認するかのように、少し湯気の立ち方を見た瞬間、、、はじまりました!

熊本 珈琲 アロー

ネルドリップ!

初めて目の前でみたかもしれん。

熊本 珈琲 アロー

すると店主のマシンガントークはピタッとやんだ。

やんだどころか、なにも音がしないくらい緊張感のある空間になった。

ドリップする時間はジッと豆を見て、、、

 

その静かな間に、、、

なんだろうな、こちらもスイッチが入ります。

 

店を見渡したり、、、ドリップの音を聞いたり、、、

熊本 珈琲 アロー

年季の入ったコーヒーカップ、、、

震災の時、シャンデリアは落ちて、いろんな骨董品は壊れてしまったが、、、

カップのセットだけはひとつも壊れなかったという。

宿命なんでしょうね。

熊本 珈琲 アロー

相変わらず店主は一言も発することなく、ドリップをしている。

そして、ドリップが終わったら、、、

 

「ふぅ〜」

 

と大きな息をする。

まさに一杯入魂という言葉しか見当たらないほどだった。

 

「わたしが作るコーヒーには飲んでいただけるみなさまに魂を届けてる。このドリップの作業に少しのミスがあってはならない。それがわたしの作るコーヒーだ。どんなにいい道具を使っても、どんなにいいお水や豆を用意しても、魂がなければ意味がない。」

そう話す。

熊本 珈琲 アロー

ドリップが終わると、何事もなかったかのようにマシンガントークは再開します(笑)

でもなんだろうな、、、目の前でプロの技を見るというのは、、、本当に刺激されますね。

そのテクニックということではなく、その姿勢に!

熊本 珈琲 アロー

1杯500円のコーヒー。

色は見ての通り、琥珀色をしています。

味はどういえばいいかな、、、僕らが知ってるコーヒーとはまったく違う。

ただ、口の中に残るコーヒー独特の風味はある。

怒られるかもしれないけど、コーン茶に近い感じ。

 

あっさりしててすっきりしてて飲みやすい。

 

どうだろう、これをコーヒーと呼べる人がまだ今の時代に存在するのだろうか?

ただ、これが本当のコーヒーなんだとも思う。

意味がわかりますか?

熊本 珈琲 アロー

売れるものと売りたいものは違うってことです。

やらなきゃいけないこととやりたいことは違うってことです。

 

極端ですが、そんなことまで感じます(笑)

 

「わたしはまだ50年はコーヒーを淹れ続けますよ。わたしのコーヒーを求めて全国・全世界から足を運んでくれる。その人たちのためにわたしはコーヒーを作り続けます。そして、たった一杯のコーヒーにわたしの全てを注いでいくつもりです」

 

今年で52年目のアロー!

店主はあと50年は続けますと。

 

コーヒーは嫌いだから飲めないって方、、、ぜひ行ってみて!

えっとね、、たぶん予想ですがこう言われますよ。

「いろいろ言わずにまずわたしのコーヒーを飲んでみて!まずかったら捨ててもいい!」

きっと、、、いや、間違いなくこう話すと思います(笑)

 

でも残念ながら、、、もしそこでコーヒーが飲める!って思ったとしてもこのコーヒーはここにしかありません。

誰かが同じ味を再現できるものではないと思います。

 

それがこの店主の魂だと。

 

なんか79歳のおじいちゃんがさ、、、めっちゃかっこいいねん!!!

やっぱりこれやねんな、、、きっと。

 

一杯入魂の琥珀色のコーヒー!

熊本に行った際は、行ってみてね!

 

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 花畑町駅熊本城・市役所前駅通町筋駅