やれるとこまでやんなきゃな!

たつをカップ
スポンサーリンク

たつをカップ

こんなん作ってもらいました。

というのも、たつをカップがはじまって3年くらいですかね?

こんなに大きな大会になるとは思わなかった。

 

実際、近畿大会をするとは夢にも思ってなかった。

それもこれも参加してくれるみなさんのおかげ、そして、大会を支えてくれてるスタッフのおかげです。

本当に感謝しかありません。

 

そんなことで、前回の近畿大会の打ち上げと、次回の3ATtaCk3の打ち合わせをしておりました。

たつをカップ

あっ!

プレゼントもろてん!スタッフから。

別に終わるわけじゃないのに、、、節目としてってことで。

なんだろうな、このまま終わった方がドラマティックな感じがしてきたくらい(笑)

たつをカップ

手作りのアルバムでした。

いやいや、、、めっちゃ嬉しいんやで!めっちゃ嬉しいねんで!

そやけど、、、なんでTOPがこの写真やねん(笑)

 

目が死んでるし、口も気を抜きすぎた状態になってるし、、、

もっとあったやろ??

たつをカップ

アルバムを開けば、そこにはみんなの笑顔がたくさんありました。

見れば見るほど、笑顔がたくさん。

思い返せば、こんな大きな大会にするつもりはなかった。

仲間が集まって楽しくバスケできればよかった。

その仲間が繋がってバスケ仲間が増えたり、自分たちは目標にできたり、、、それくらいしか考えてなかった。

たつをカップ

大会が大きくなるにつれて、考えなきゃいけないことが増えた。

企画・制作はもちろん、継続していくための方法、スタッフとリーダーの育成、広報方法、機材などへの設備投資、保険、ルールや運営の見直しなどなど、、、

考えなきゃいけないことが増えすぎて、もうなんのためにやってるのかがわからなくなっていました。

 

でもこのアルバムを開けば、開くほど、、、笑顔がある。

こんなにたくさんの笑顔が、あの体育館の中にはたくさんある。

感動の涙もあれば、悔し涙もある。

 

ここに原点があった。

たつをカップ

自分がもう大会運営、、うーん、大会のプロデュースも含めて、バスケをしなくなった。

あの頃は、みんなと一緒に、ただバスケがしたかった。

今は、下手したら、ボールすら触らないまま終わる。

 

もっとみんなとバスケがしたい。

バスケが心底楽しくて、笑顔になるような場所を作りたい。

 

よしっ!初心に帰ろう!

もう一回、組み立て直そう!

そんな思いから、この近畿大会を節目としました。

たつをカップ

このメンバーになって仲間の大切さや、仲間で作り上げていく楽しさを知った。

その反面、自分の想ってることが反映されずにイライラすることもあった。

 

でもそれは、ちゃんと自分の想いを伝えることができてないことも知った。

 

このアルバム以外にも映像も作ってくれていた。

そこには過去のたつをカップのスライドショーと、なんとなんと、今まで参加してくれた方のメッセージが入ってた。

こんなにたくさんの方に助けてもらったんだと思うと、胸が震えました。

メッセージをくれたみなさん、この場を借りて、ありがとうございました♪

 

自分でスタートさせたイベントだから、自分でゴールを設定できる特約があると思ってたし、そんくらいの気持ちでやってました。

でもスタートさせた責任と、場合によってはゴールを自分で決めてはいけないということを知った。

そのくらい、楽しんでくれてるんだと感じました。

 

僕がここまで走る上で、何度も助けてくれたのは、みなさんであり、、、

また走り出すきっかけをくれたのも、みなさんだった。

本当にありがとう!

助けてもらってばっかりなので、何かしらお返ししないとです。。。

たつをカップ

それにしても、、、大人のお金の使い方って時々、バカだなって思うことがある。

これもその一つです(笑)

 

でもバカな大人ほど、僕は尊敬しています。

アントニオ猪木さんが「バカになれ!」ってよく言いますが、大人になる程、バカになれなくなりますからね♪

しかし、、、この人たち、、、バカです(笑)

 

ただ、一つ、、、ただ、一つ言わせてもらうとするならば、、、

さっきも言いましたが、、、

なぜ、その写真にした!?

もっとあるはずやぞ!

 

ほんまにこんなバカなスタッフに囲まれて、たつをカップは運営されております。

たくさんの協賛企業のみなさまのお力を借りて、参加してくれるみなさまのお力を借りて、、、

ただただ、僕は楽しんでおります。

 

スタッフに会えば、すぐにチマチマと嫌なことを言ってしまいます。

だからできるだけ会いたくないんですが、それでも「打ち合わせやりましょう!」って言ってきてくれるスタッフに感謝しています。

たつをカップ

そのあと、場所を移して、夜中の2時過ぎまで、打ち合わせをしていました。

『3ATtaCk3』も今年で3回目!

いろいろ研究に研究を重ね、、、敗者復活戦制度を導入しようかと思っています。

そのために、時間を調整したり、トーナメントを組みなおしたり、必死です。

脳みそが半分寝てる状態で、必死にやってました。

 

あと、アイスブレイクからのアトラクションも計画中!

バスケの大会来たのに、俺、何してるんやろう?って思わせます(笑)

お楽しみに。

 

なんしか、あの会場をぜーんぶ使って、、、そこにいる人をぜーんぶ巻き込んで、、、

とにかく楽しい時間にしたいと思っています。

 

やれることは、やれるときに、やれるだけやる!!!