『南八下中学校 創立30周年記念式典』 – 講演&ライブ

石原志織
スポンサーリンク

南八下中学校 創立30周年記念式典

数年前からオファーを頂いておりまして、念願叶った南八下中学校 創立30周年記念式典。

熱い校長が熱意を持ってオファーしてくれたのが嬉しかった。

 

天王寺の喫茶店で初めて顔合わせしたんですが、それがもう1年ちょっと前。

あれからやっとライブ当日になりました。

南八下中学校 創立30周年記念式典

早朝に会場である体育館に到着するとすごい椅子の数!

すんげーなぁ〜♪

 

中学校1年生から3年生まで、そして、保護者、PTA、来賓の方々、、、まぁたくさんの人が会場に来られます。

学生が体育館に入るまでに音響をセッティングして、すかさずリハーサルを済ませます。

必死です(笑)

南八下中学校 創立30周年記念式典

式典が始まりました。

お偉い様方々のお話があり、そして、第2部は生徒の合唱が披露される。

1年生はまだまだ未熟ですが、みんなでまとまろうとする姿勢が見れた。

2年生はパート分けも増えて、声量も違ってきています。

3年生はこれがお手本だ!と言わんとばかりのパート分けの多さや、コーラスなど。

こんなに違うのかっていうくらい実力差があって、聞いてて面白かったです。

 

でもこの実力の差が3年という時間の中で目標となったり、自信となったりするわけです。

なんだか音楽っていいですよね♪

南八下中学校 創立30周年記念式典

さて、ライブが始まりました。

震災でのお話を踏まえながら、生徒さんをいじりつつ進めていきます。

 

「この中で夢がある人!」

って聞いたらたくさんの子が手をあげて、「◯◯になりたいっ!」って答える子が多くて、、、

なんだか安心しました。

 

僕も石原も中学生の頃なんて、何になりたいとかなかったもんね。

そう考えるとすごいことですよ、、、ほんとに。

南八下中学校 創立30周年記念式典

途中でちょっとしたアトラクション?

ミニゲーム?なんかも交えながら生徒さんと一緒に楽しい時間を作っていきます。

 

なんかね、こういうしょうむないこと好きなんですよね。

卵を友達に向かって投げてみようっていうゲームです(笑)

 

さぁ、あなたが投げる役になったらどうやって投げますか?

きっとそこには思いやりがあるはずなんです。

 

落とさないようにゆっくり投げようとか、、、

優しく投げようとか、、、

キャッチしやすいように投げようとか、、、

 

日常の関わりの中で、挨拶一つとってみても伝えること、伝えようとすることは本当に大切なことなんです。

だからこそ、ちょっとした思いやりって大切なんですよね。

南八下中学校 創立30周年記念式典

そして、最後は、みんなで楽しむ!

この南八下中学校で大切なことは、、、創造・協力・自主

いい言葉ですよね。

 

やっぱりね、、、こういうのってね、実は一緒に騒ぎたいねんけどなかなか騒げない人っているんですよね。

そんな人を誘いに行ったりする姿がありました。

たった1歩が踏み出せない瞬間って実はたくさんあります。

もちろん、立ち止まることが大切な場面もありますが、踏み出すことで経験値になることがたくさんあります。

そして、そこで失敗した人ほど、多くの学びを得ることになるんです。

 

失敗って怖いですもんね。

なかなかできないと思いますが、、、失敗って本当に大切なんですよね。

そんなことも感じてもらえてたらって思ってます。

南八下中学校 創立30周年記念式典

最後は、本当にシャイな中学生が一つになって楽しみました。

本当にありがとうございました♪

 

これからの人生の中で、間にあるものを考えることができるようになると本当に強いと思います。

キャッチボールも同じで、投げ手と受け手がいます。

言葉もコミュニケーションも、商売もサービスも全部同じです。

でもそこに差が出る瞬間には、必ず、その間にあるものが大切になってきます。

 

その多くは感謝だと思いますが、、、。

 

素敵な夢に向かって突き進んでください☆

南八下中学校 創立30周年記念式典

ということで、今回、PTAのみなさんが準備から含めて、かなり助けてもらいました。

教員のみなさんにもお世話になりました。

僕たちはなんだろうな、エネルギーをもらいました。

そして、大切なことを再確認できる場所をいただきました。

 

またこれからもいい関係が続いていけばいいなって思っています。

本当にありがとうございました♪

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

創立30周年、おめでとうございました!