写真で振り返るヴァンキーカップ島根大会!

ヴァンキーカップ
スポンサーリンク

2017年3月20日(月・祝)

松江市総合体育館

ヴァンキーカップ 島根大会

 

西日本大会に向けてまず一発目は島根での開催!

どうなることかと思いましたよ。

実際、開催できるのかっていうところもふまえてですよ。

大阪を夜中に出発し、到着したのが朝方4時くらいでした。

まだ霧が出る島根、、、

よしっ!と気合を入れて、いざ、ヴァンキーカップがスタートすることになりました。

 

僕的にも『たつをカップ』から全国へ向けての『ヴァンキーカップ』へ名前を変更して挑む1回目の大会!

絶対に成功させたいそんな想いでいっぱいでした。

 

今回も写真と共に振り返りたいと思っています。

島根大会には、大人子供合わせて12チームの参加となりました。

もうみんなすんげぇ〜バスケ好きなのが伝わってきます。

年齢層もバラバラでよかったし、、、

ユニフォームを初めて作って挑む試合だ!とか、、、

昔のバスケ仲間が集まったぁ〜とかいろんな物語があって、僕もワクワクしました。

開会式もルール説明などがあるので、長引きましたが、、、

優勝目指して?頑張ると誓いました。

まぁ僕の大会は優勝してもさほどいいことはないですけどね(笑)

そうそう、、、テレビ局も2社取材にきてくれました。

なにやらニュースで流れたっていう噂も届いています。

そして、ゲストも盛りだくさん!

元島根スサノオマジック、僕といろいろコラボしてるスーパープレイヤー!

川辺泰三!

そして、僕も現役時代はアウェーでお名前を呼ばせてもらいました。

こちらも元島根スサノオマジック、梅宮学!

そして、現役選手から!

島根スサノオマジック、山本エドワード!

そして、そして、、、

島根スサノオマジック、横尾達泰!

こんな豪華な面々がゲストとして登場してくれました。

そして、大阪からnks-405がグッズを!

地元の人のお手伝いもありました♪

ありがとうございました♪

そして、ここまで来てくれたスーパー治療ボーイ!

近畿医療専門学校から柴田のたかゆきさま!

ほんとに遠いのにありがとう!

さて、試合が始まりました。

ここに関しては、試合が始まるともう楽しむだけですからね♪

楽しむ!

この言葉を胸にみんな最後まで走りました。

年齢・性別なんて関係ない!

結局のところ、楽しんだやつが一番、楽しいんです!

当たり前ですけどね♪

1本のシュートが当たり前になってませんか?

1本、、、バスケからするとたった1本かもしれませんが、、、

みんなで一緒に喜びましょうよ♪

もちろんあきらかに上手い人だっています。

ただ、みんなで一緒にこれだけできるスポーツはバスケならではですよね!

 

ほんとにいい笑顔です♪

女子が決めれば点数が高いので大盛り上がりになります。

大人の体力の限界も、、、

みんなの力でまた走れるもんなんですよね♪

決勝トーナメントの抽選会でも盛り上がりましたね♪

いいよね♪

スポーツが繋げる縁ってさ♪

ミニバスは思った以上にレベルが高くてびっくりでした。

タイゾーさんも「島根のミニバスのレベルは高い!」って絶賛でした。

なんでしょうね、、、僕はミニバスで頑張る子供達を大人たちが必死に応援してほしかった。

ミニバスの子供達は大人たちを必死に応援してくれるやん?

やっぱり逆も同じように応援してほしいって思ったわけ!

だからこそ、、、ミニバスの演出もこだわりました。

音楽一つにしても、ミニバスの部分だけ雰囲気を変えた。

サウンドの大切さをうちのスタッフはよく理解してくれている。

手拍子のリズムを変えるだけであんなに雰囲気が変わるんですよ。

頑張る子供達にほんとに心打たれました。

同点からフリースローになった勝負もありましたが、、、

みんなで喜ぶ子供達!

子供以上に喜ぶ大人たちもいましたけど(笑)

島根最高です☆

これを臨場感と共にピントが合ってない感じとかたまらんです!

カメラマン、、、ナイスです☆

そして、元プロがヘッドコーチに就任した場面もありました。

あまりにも真剣でびっくりした。

このプロの人たち、、、ほんまにバスケ好きなんだろうな、、

そして、バスケの楽しさを伝えたいんだなって感じました。

しかも、本当に勝たせてしまうあたり、、、やっぱり監督って大切なんだと。

でもヘッドコーチも一緒になって楽しんでましたけどね(笑)

ただ、そこには楽しいだけじゃない!

うまくいかずに涙を流すときもある。

その子に、「まだ負けたわけちゃうし勝ち負けやない!最後まで諦めるな!」

と監督はゲキを飛ばした!

そこからは嘘のようにチームが蘇る。

気持ちって大切なんだと。

そして、試合が終わって、「よくやった!」と迎える監督の笑顔!

試合の結果じゃない何かがここにはあるんだと感じました。

ほんとに子供って素直なんだなって思った瞬間があった。

ちょっと目線を変えてあげるだけで嘘みたいにうまくなる。

同じ子か?って思うくらい目つきまで変わる!

不思議ですよね。

この中学生チームも、、、急遽、エドちゃんがヘッドコーチに勝手に就任バージョン!

最後まで走らなかった子たちが嘘のように走り出した!

そして、今までなんで?って思うくらい見事な試合をしてみせた!

ほんとにすごいなってね。

 

さて、、、ヴァンキーカップのみどころはアトラクション!

フリースロー大会は全員参加です☆

子供ちゃんはリングを下げてみんなここでチャレンジ!

みんなが見つめるなか、シュートしていく。

こんな環境で投げたことない子ばっかりやったと思うので、異様な雰囲気でしたね。

決勝戦も緊張の一瞬でしたね。

でも子供達は最後まで頑張って投げてました。

優勝おめでとう!

勝ち切った!

さて、大人の部はプレッシャーに沈むプレイヤーが多く、、、

ここぞの場面でシュートを外す。。。

思い返せば、このフリースロー大会はうちの大会女性が優勝することが多い気がする。

そして、島根大会でも優勝したのが、、、

女性でした♪

おめでとう♪

そして、サムライもやりましたよ♪

関西に負けないほどの盛り上がり!

なんとその輪のなかにエドちゃんも混ざり、、、

「もうはじまってんの?島根の盛り上がりはこんなもんじゃないぞ!」

ほんまにこの人、、、どんだけセンスいいの?って本気で思いました。

ということで、サムライがスタート!

いわゆる1on1です。

燃えましたよねぇ〜♪

なぜ、僕はこのサムライをやるかっていうと、目標みたいなことです。

あくまで初心者が主役になれる大会ですが、目標ってやっぱり大切だと思うんです。

経験者の印、赤色バンドのプレイヤーがすることは、うまさをひけらかすんではなく、、、

目標を提示してあげることだと思ってます。

その役目をかって出た、プレイヤーはまさに真剣勝負で戦ってくれた。

勝負前後の姿勢もまさにサムライでした。

礼にはじまり礼に終わる!

ほんとに見ていて興奮する戦いが続きました。

決勝戦も年齢だけでいったら大きく離れています。

誰もが白のショータ(高校生)が勝つと思った。

おそろしく素早いクイックを持ってるから。

 

しかしながら、勝ったのは黒の畠山!

年の功と言いましょうか!

こういうことがあるのがサムライのおもしろいところでした。

そして、遂にこいつらが動いた!

まずは梅ちゃんが登場!

準優勝のショータとサムライで勝負!

アップなしであんだけ動けるんですね。

プロの凄さを見ました。

そして、その梅ちゃんといい勝負をしたショータ!

いろんな意味で自信になったんじゃないかなって思います。

本当にいい顔してますよね♪

梅ちゃんの表情からも勝ち負け以上の楽しさが伝わってきます。

突然の無茶振りに対応してくれてありがとうございました!

そして、我らがミスタータイゾー!

優勝した畠山とのサムライ!

ガチのディフェンス!

ガチのタイゾー!

見事に1ポイントリードのなか、、、

これまたガチのディフェンス!(笑)

このあと2本の3Pシュートを打つも沈めることができず。

勝ち切ったものの、、、

すべてを出し切ったタイゾー(笑)

いや、辛い勝ち方だったな(笑)

でも最後は抱き合い、バスケの楽しさを共感しあう!

泣きそうになるわぁ〜♪

そして、これが優勝の笑顔です☆

 

サムライの後は、、、『3Pコンテスト 3分の??』です。

今度から『3分の1が純粋な感動』とかにしようかな、、、タイトル。

そんなんどうでもええわ!

ここで遂に男前横尾選手がチャレンジ!

やっぱり男前はちゃいますね、、、すすすっと来て、、、

シュッと3Pを決めて、、、さささっと席に戻る!

かっこええ、、、。

そして、3分の??にエドちゃんも参戦!

さすがの成功率に会場は大歓声!

梅さんもさすがでしたね♪

 

問題はこの人です(笑)

タイゾー(笑)

なんと1投目にエアーボールを見せ、、、会場全員が吉本新喜劇バリにずっこけました(笑)

「わざとだよ!」

そ、、、そうですよね、、、もちろん、そうですよね(笑)

うんうん♪

演出みたいです(笑)

それからというもの、、、タイゾーが3Pシュートのセットをすると、、、

会場からは聞いたことないくらいのボリュームでの「はずせ〜はずせ〜」コール(笑)

 

この時、いじりたかったんですが、時間の関係でスルーしたんですが、、、

タイゾーさんのシャツの文字が「PLAY HARD」やったのがなんか僕的にツボでした。

まさに「一生懸命 遊べ」って言葉がこの人にぴったりでしたね♪

 

そして、シュートを打つのかと思ったら、、、

「その程度のブーイングで俺にプレッシャーを与えたつもりなのかい?」

そう言わんとばかりにお客さんをあおる!

そして、そっとゴールを指差し!

決める!

男前やないかいっ!!!

そして、エドちゃんもかっこよかったな。

エドちゃんが決めれば、この子の一人勝ち!

小声で「エドちゃんお願いっ」って呟いた。

手を合わせて祈る!

さぁ〜 エドちゃん見せてくれ!

この子の想いを、、、その願いを叶えてあげてくれ!

いざっ、、、

シュート!!!!

 

パサッ!!!

 

見事なシュートでした!

こんな感動的な場面ある?

思い返しただけで泣きそうなるわ!

きっとこの子はシューターになるな!

そんな気がする♪

夢を与えたな、、、そんな気がしました。

そして、決勝戦は僕のアナウンスと共に入場し、、、

なんだか感動的でしたね。

僕が島根で選手コールしてるんですからね(笑)

決勝戦はうまえもん&YURIとPHOENIX!

やっぱり動けるPHOENIXがリードしていく展開でした。

でもうまえもん&YURIは、そんな中でも楽しんでたね。

やっぱりそうでなくっちゃ♪

 

両チームのみなさまがた、お疲れ様でした!!!

結果はこんな感じでした。

じゃじゃーんと。

こちらがミニバスの部です。

こっちは順位では無く、素敵な賞でございました。

そして、閉会式では、、、抽選会が行われます。

優勝したっていいことがないんですよ、、、ほんとに。

だからこそ、この抽選会でプレゼントをゲットしていくのは、負けたチームとか頑張ったチームが次々と商品をゲットしていきます。

大人も本気で抽選会に参加してます♪

なんだか島根大会、、、素敵な縁をいただけた大会になりました。

本当にありがとうございました♪

本当に島根という場所に素敵な居場所ができました。

参加してくれたみなさん、そして、お手伝いしてくれたみなさま、本当にありがとうございました♪

そして島根スサノオマジックのみなさんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さらに協賛してくれた企業のみなさんも、、、みなさんの協力なしでは達成できなかったなと。

 

何と言っても、今更ですが、島根で開催できると正直思っていませんでした。

むしろ、ほんまにやるの?って感じやったんです。

できるんかな?の状態から、やってよかったになったんです。

これは本当にみなさんのおかげです。

 

今回、本当に感じたのは、すごくシンプルなことで、スポーツの素晴らしさでした。

全然、知らない人同士がスポーツを通して繋がっていく。

一緒に汗を流した仲間って本当に一生の仲間になると思ってます。

 

今回参加してくれたチーム同士がまた一緒にバスケしたり、励ましあったり、こうやって縁が繋がっていく。

結局、こういうことなんだなって感じました。

みんな同じでバスケ仲間を探してるんです。

バスケする場所を探してるんですよね。

 

島根はバスケが熱い!

だからこそ、逆にリタイヤした人もいっぱいいるってことなんですよね。

このヴァンキーカップはそんなあなたのための大会だと改めて認識しました。

 

協賛してくれた企業の方が、わざわざ会場に足を運んでくれて、大会を見て、こう話してくれました。

「こんな素敵な大会は、絶対に1回で終わらせないで欲しい!続けてくれないと、、、次開催することも踏まえて今回の協賛だからな!お疲れ様。」

もうね、、、なんてかっこええんやと!

 

勇気出して、開催すると決めてよかった。

そして、その1発目が島根大会で本当によかった。

あったかい人がたくさんいた。

必ず、第2回・3回と続けて行こうと思ってますので、楽しみにしててください。

ただ、島根大会は、雪の影響もあるので、夏周期とかにできればって思ってます(笑)

ノーマルタイヤなんで(笑)

 

島根のみなさま、必ず、開催するので、その時はチーム集めも含めて、どうぞよろしくお願いします。

本当にありがとうございました♪

 

最後に、、、、

今回、急遽、サプライズでプロポーズ大作戦をやりました。

 

予想もしてなかったと思うし、こんなたくさんの人の前でプロポーズするとは思ってなかったと思う。

でも素敵なプロポーズでした。

女性の方が「はい」って言った瞬間、、、会場からは大きな拍手が贈られた。

ほんまに素敵でした。

 

チームから急遽用意してくれたのは、、、

お揃いのバスケウェアー♪

なんだかスポーツっていいな♪

同じ趣味を持ってこれからも二人で幸せな日々を過ごして欲しいです。

ここに集まってくれてたみんなは間違いなく幸せの立会人になったわけですからね♪

ほんまにびっくりしたと思いますが、、、

 

幸せになってくださいね。

 

そして、ヴァンキーカップには幸せが詰まってることを証明していただければと思ってます。

本当におめでとうございました♪