iMac 21.5 Mid2010の液晶交換は自分でできる!

家電・パソコン・電子関連
スポンサーリンク

iMac 21.5インチというマシンです。

Mac的に表記すると、iMac 21.5 Mid2010 ってやつです。

そして、モニターは型番はLCD Display 【LM215WF3-SDA1】

ここまでは調べたらすぐにでてきます。

まずはガラスから剥がしていこう!

画面の右端から剥がしていきますよ♪

ピックを差し込んだ!

実はここって吸盤を使え!とか言われてますが、そんなんいりません。

だってね、、、

強力な磁石でくっついてるだけですから♪

ちょっと隙間ができたら、指を入れてグイッとやったら簡単に開きます。

そして、液晶を外すには、周りについてる8個のネジを外すんですが、、、

またまた登場、特殊ドライバーがいるんです。

持ってるけどね(笑)

DT−08という特殊ネジ用のドライバーです。

これだけあれば、簡単にあけれますよ。

さてネジは外れました。

いよいよあけていきましょう♪

この瞬間、ドキドキします♪

液晶を外そうとしてみるとわかると思うんですが、、、

ケーブルが4つだけ繋がってます。

細かい作業ですが、ケーブルを引っ張らないようにして、根元から爪で引っ掛けて取る。

その作業を慎重に4ヶ所やっちゃいます。

すべて違うコネクターなんで間違わないように☆

さぁ〜てあけました。

実は、1日目はここで再度結線して、電源を入れてみたんですが、、、

パチンと一瞬光るんですが、、、それからの応答はなし。

もしかしたら、電源をつけるパチンってところが故障してるのかな?

きっとプロからしたら簡単に修理するんだろうな。。。

とりあえず、、、埃がほとんどなく、状態はいい!

電源は起動してたし、ファンも回ってたからね。

とりあえず、液晶を注文することにした。

なので、型番を間違わないように、、、

チェックしておく!

これですね♪

LM215WF3-SDA1ですね。

これで間違いないことが判明!

 

ってことで、この型番の液晶を注文しました。

待つこと1日、、、すぐ到着しました。

完璧な梱包です☆

ありがとうです。

ケーブルもついてるみたいです。

では改めて、、、組み立てに入ります。

再度、、、埃の除去とかを済ませて、、、新しい液晶を取り付けます。

結線は4ヶ所です。

必ず、4つのケーブルを繋げてください。

それが終わったら液晶を閉じて、、、

ネジ止めとかする前に、、、電源ボタンを押してみます。

緊張の瞬間です。

つかなかったらマジでつらいもんな。。。

いざっ!!!

 

電源ボタンをオン!!!

 

ボォーン♪

おっ、、、音は鳴った!

その瞬間、、、

しっかり液晶がついて復活いたしました。

応援ありがとうございました♪

この後、ネジを止めて、ガラス板を取り付ければ完成です。

 

結構、簡単なので、もし同じような症状がいましたら、やってみてください。

ほんまに簡単なんで♪

 

ってことで、、、

今回使った’液晶パネル

液晶を取り外すための特殊ドライバー

ってなことで、iMacの液晶は復活しました。

ただ、、、このスペックでメモリが4Gはちょっとパフォーマンス不足。

メモリの増設しようかなぁ〜って思ってます。

 

それよりも、キーボードとマウスを揃えないと!

 

 

すべてがうまく動くようになれば、MacBook AirとiMacを同期させて使おうかと思ってます。

完成はまだまだ先ですが、、、

とりあえず、願望はそんな感じです☆

 

 

<iMac修理作業まとめ>

iMac 21.5inchi 2010 Midの液晶を交換

iMac 21.5 Mid2010の液晶交換は自分でできる!
iMac 21.5インチというマシンです。 Mac的に表記すると、iMac 21.5 ...

iMac 21.5inchi 2010 Midのメモリを増設

iMac 21.5 Mid2010のメモリ増設はいとも簡単!
先日の記事、、、 故障したiMacをいただき、必死のパッチで修理して、動くよう...

Mac用マウス・キーボードなどのおすすめ周辺機器

Macのキーボードとマウスのオススメ!
さてさて、、、 iMac 21.5inchi 2010 Midの液晶を交換し、、、 ...

データ共有の味方DROP BOXの容量を無料で16G増やす方法

DROP BOXの容量を無料で16G増やす方法
iMacが動くようになりまして、、、 iMac 21.5inchi 2010 ...