『大阪エヴェッサ vs 琉球ゴールデンキングス Game2』 – 府民共済舞洲SUPERアリーナ

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク

琉球ゴールデンキングスとのゲーム2!

昨日の負けの流れを絶対に断ち切らないといけない!

そして、このまま2連敗はありえない!

そんな想いがみんなの中でしっかりあったゲームでした。

僕も外からみなさんと確認しあいました!

勝つよね?

今日は勝つよね?ってね。

みんなちゃんと切り替えてくれてる!

それがまた嬉しかった。

うん、、絶対に勝とう!

やっぱりオープンの時の挨拶ってほんとに大切だなって感じる。

みんなありがとう!

さて、今日はゲストとして、佐々木クリスさんが来てくれていました。

熱意のある人でした。

短い時間でしたが、初心者の人にも、経験者の人にもわかりやすく説明してくれていました。

そして、オンザコートからも1Qがいかに大切かを物語っている。

クリスさんもその辺についてお話してくれていました。

流れを作る、そして、流れを引き寄せる!

いかにして、ペイントエリアにアタックできるか!

ゴール下の確率の高いゾーンで勝負できるか!

またその場所まで入り込めるか!

最後少しお話させてもらったんです。

「時間がない中でちゃんとお話する時間を作れなくてすいませんでした」

「いやいや、楽しかったよ。進行していく難しさもわかってるから」

なんと心優しい。

本当にお世話になりました。

その助言通り、、、第1Qからフルブーストをお願いしました。

ブースターのみなさんには会場を真っ赤に染めて欲しいとお願いした。

少しずつ、、、少しずつ、、、真っ赤になってくる。

なんだか嬉しいです。

ご協力ありがとうです!

 

さて、試合です。

まずゲームが始まってすぐ、、、#1 ショータのプレッシャーにエナジーを感じました。

ディフェンスもフルコートでぶつかってた。

このままいったら後半体力大丈夫?って思うくらい激しいプレッシャーだった。

でもやはりそういう部分から流れってできるもんですよね!

#32 ギブソンが大爆発!

オフェンスリバウンドを叩き込む!

相手チームのタイムアウトを誘う一撃!

正真正銘、スタートダッシュが成功した流れになった。

しかし、さすが、琉球、こんなことで黙っていない。

特にブースターのみなさんが大きな声を出し始めた!

こうなってくると、ライブターンオーバーなんかがあると一気に流れは傾く。

 

マイクで言いたかったが、グッと我慢して、みんなを信じてみた。

するとエヴェッサブースターのブーストにも力が入る!

両チームのブーストが会場に響き渡る!

 

ルーズボール1つとっても必死に取りに行く姿が胸を打つ!

少し荒れるシーンもあって残念だったが、、、うーん、、こればっかりはね。。。

昨日とは明らかに違う部分!

守りに行くどころか、、、アタックしまくる!

特に#14 タクヤ!

ボールをもらってからはもちろんですが、とにかくボールを持っていない時間帯も走りまくる。

彼の動きでフリーの選手がたくさんできたくらいだった。

そして、#2 ナオもよかった。

ペネトレイトペネトレイト!

ディフェンスが一瞬前にチェックにきたそのスペースに自分で走りこむ!

ディフェンスが来なければ、パスという選択肢もある。

なにより、タフなシーンでもゴールを決めきったことがよかった。

琉球のシュート成功率がもう少し高かったら、あそこまで点差が開いてなかったと思う。

琉球のバスケは確実に崩すバスケ!

基本的なことを巧みにやることがこれほど破壊力のある攻撃になる部分、これは本当に観ていて楽しいくらい。

特に日本人の活躍が素晴らしく、攻撃の起点になったり、アウトサイドでしっかり仕事をしたり。

役割も整理されてて、流れにのると本当に怖いチーム!

そうなるとやはり、重要なのは、昨日何度も打ち込まれたスクリーンプレー!

僕的にはあれをどう攻略してくるか、桶谷采配の見所だったと思う。

見事なまでの攻略、そして、チームディフェンスの良さが出た試合だった。

 

ゲームメイクの#20 レイがしっかりと活躍する!

そして、コートの外でも大切な役割をしている!

これが司令塔という仕事!

そして、流れを作るのはもちろん、流れを相手に譲らないプレーをしてくれるのが、#17 木下選手!

残り時間や、ライブターンオーバー時、そのほか、ゲームを1Q単位でも考え、そして、全体を通してゲームメイクする能力!

本当に素晴らしい。

 

点差に頼ってディフェンスが甘くなる瞬間も、残り時間も考えてゲームを作る!

同じくコートの外でも司令塔!

なんだかほんとにいいチームだ!

 

見事に昨日の負けを力に変え、また一つ、エヴェッサの新しい部分が観れた、そんなゲームになった。

ヘッドコーチからそんな言葉が聞けたことに、グッとチャンピオンシップを掴み取った気になった。

ディフェンスバスケの楽しさを桶谷さんは教えてくれる。

同時に負ることの大切さも語ってくれる、そして、しっかりとその負けを次の力に変えてくる!

あとアウェー4試合、、、ホームが1試合!

全部勝って西地区2位を勝ち取りたい!

いや、勝ち取れる!そう信じた瞬間でした。

ただ、クリスさんも話してたように、琉球も強い!

そして、その他のチームもそう簡単に諦めるわけではない!

相手の勝敗がどうこうよりも、自分たちが勝ちきることが大切!

できる限り確率の高い場所で勝負できるかにこだわってプレーする!

 

本当に残り試合から目が話せませんね!

ぜひともアウェーも含めて応援していただけたらと思っています。

何をおいても、ホームは5月3日の試合がラストゲーム!

絶対に勝って終わりたい!

最後のエナジーを会場まで観に来て欲しいです。

 

そして、一緒に応援して欲しい。

そして、一緒に喜びたい!

 

この日は、試合終了後に『OSAKA EVESSA Thanks Festival』も開催されます。

バスケで楽しみまくりましょう!

会場でお待ちしてますので♪

 

本日もたくさんのブーストありがとうございました♪

そして琉球ブースターのみなさん、遠い中、アウェーまで足を運んでもらいありがとうございました♪

最後まで共に戦いましょう!