救世主現る!

ボウリング(ストラベ)
スポンサーリンク

急遽、、、お願いした、、、

 

先日のこの記事、、、

ストラベの闇ガチャ企画の大失態、、、

「ニワトリが先か卵が先か」と「イエスマン」
ニワトリが先か卵が先か、、、カプセルがあるから中身を揃えるのか?それとも中身があるからカプセルを揃えたのか?僕はバカだからまた大変な事件を起こしてしまった。果たして間に合うのか、、、次のストラベはもしかしたらカプセルだけかもしれない、、、。

カプセルはあるが、中身がない事件、、、。

 

なんと救世主が現れたのです!

アクリル運動部さん。

アクリル運動部
私たちはファン・チーム・サプライヤーの「三方よし」になるファンサービスを提案・実行する会社を目指しています。

この会社はサイトを見てもらったらわかると思いますが、、、

アクリルでいろんなものを製作して、スポーツに関わる人のサポートをしています。

 

総監督とはエヴェッサのスポンサーをしてくれてることから仲良くさせてもらってまして、、、

実は昔は某サッカークラブのジュニアのコーチをしていたとのこと!

その後、いろいろ仕事を転々とするも、どうしてもスポーツに携わりたかったと。

そして、自分ができることでスポーツとの関わりを見つけた!

 

今回のストラベだってボウリングなので、立派なスポーツです。

そして、僕が困ってるのをみかねて助けてくれることになりました。

 

総監督に時間がないことを伝えると、、、急遽、デザインに取り掛かりたいと!

そこで、僕は、自分の絵の実力を思い出したのです。

 

そうだ、、、僕は動物の絵が得意だったな!

 

僕の動物シリーズのデータを送ったのだが、、、

一即触発な展開となってしまったのである。

「たつをさん、絵のデータ送ってください」

「わかりました!そして送っておきました」

「確認しました、早々に送っていただきありがとうございました。もしこのキャラクター達に名前をつけるならスペースに入れますがどうしますか?」

「ん?キャラクターの名前?動物の名前をいれるってことですか??」

「あっ、、これは動物ですか?失礼しました、あまりにも斬新すぎて」

 

数日後、、、

 

「たつをさんが描いたあの動物の絵、見れば見るほどたまらなくなってきました」

 

本当にプロには描けないタッチと配色。

子供の頃の気持ちを持ち続けないと描けないんですよね。

極めた人にはわかるんですよ、、、この素晴らしさが!

この会社のイラストレーターを扱う人が、、、

「これはすごすぎる!子供の頃に置いてくる感覚をこの作家さんはそのまま今も持ち合わせている。普通はプライドや経験が邪魔をして描けないんですが、、、。いや〜すごすぎます」

と話しておられました。

ちょっと引っかかる表現ですが、わかる人にはわかるんですよね。

本日、カプセルにちゃんと入るのかのチェックを行いました。

あとは、次のストラベまでに出来上がれば、闇ガチャが再び登場します。

その際は、コンプリート目指してください。

 

きっと僕の絵は、見ればみるほど脳みそにある記憶媒体に刺激してきます。

子供の頃に描いたあの気持ちです。

見れば見るほど、噛めば噛むほど、、、言うなればスルメ系アートですね。

 

LINEスタンプ作ろうかな。