車を買いました!廃車方法とオススメの車選び方法!

ブログ
スポンサーリンク

我が愛車『HONDA MOBILIO』とさよならしました。

 

車を16年ぶりに買い換えました。

さすがにそんなに時間が流れたらやり方って忘れるんですよね。

廃車に関しては、瞬殺で終わるってことがわかりました。

車検なども踏まえたタイミングによる。

今回はそんな車の乗り換えの手続きに関してまとめたいと思います。

ちなみに、今回は中古車を買ったので、中古車に関して書かせてもらいますね。

 

廃車に関して

まずはお世話になってる車屋さんに行けばいいかと思います。

僕的には次、ここで買おうと思ってるお店でいいかと思います。

準備するもの

・ボールペン

・印鑑登録証明(所有者)

※ 現在の印鑑証明書の住所と車検証の住所が異なる場合は、その住所の繋がりを示す書類(住民票など)が必要になります。

・実印

・車検証

・さよならする気持ち

 

このくらいです。

そして、この時点で言っておきますが、、、

印鑑証明をもらいに行かなければならないのであれば、新しく車を購入する際にも必要になりますので、この時点で2部もらっておきましょう!

これらが揃っていれば、、、あとは車屋さんに行けば、そのまま廃車となります。

ただし、事前に廃車することは伝えておきましょう。

 

あと駐車場に関して、協会に入られてる駐車場に関しては、廃車証明的(登録識別情報等通知書)なものが必要になります。

これは、保管場所使用承諾証明書・駐車場に関する届出事項変更通知書という書類の発行依頼書の際に必要になります。

これに関しては、あとで詳しく書きますね。

 

なんにしてもこの用紙が必要なこともあるので、事前に伝えて置くのがベストかと思います。

個人でやられてる駐車場の場合は、今は必要ないそうですが、、、まぁあって困ることはないので、依頼しておくのがいいかと思います。

 

急に難しいこと書かれた気がしますが、、、

上記、必要物品持って、廃車することを伝えてから訪ね、「廃車証明書」的なものをいただきたいと伝えて、廃車手続きすればいいということです。

これで廃車は完了です。

 

おまけ

自動車税は月ごとに処理されてるので、排気量・年式、さらには残りの月数によって数千円〜数万円ほどお金が戻ってくることがあるそうです。

これも車屋さんに行って尋ねるとすぐに教えてくれると思います。

 

新しい相棒探しのコツ!

もうね、やっぱりこれしかないですね。

いい人に出会うこと!

これに限ります。

 

車を選ぶ条件っていろいろあると思いますが、、、

一番多い条件で、一番危ない条件が、、、

安い車が欲しい!

これです。

 

この条件を伝えた時、、、

不親切な車屋さんはきっとこう答えると思います。

「うちは安い車たくさん取り扱ってるのでおまかせください!」

なぜ、安い車が揃ってるか、、、そこを考えましょう♪

ちなみに、素敵なお店は、、、

「安い車はなんだかんだと問題があるので、予算を決めて、それで最良の車を一緒に探しましょう」

もう意味わかりますよね?

 

なので、本気で一緒に探してくれる人と出会えれば、いい相棒が見つかると思います。

 

おまけ

いい車を買うということは、手放す時にもいい値段がつきます。

これは意識していた方がいいと思います。

買う時から手放すことを考えるのも変な話ですが、頭の片隅にでも置いておいてください。

 

車は人の命を預かるもの、いわゆる鉄の塊ですから!

ケチらずに本当にいろんな意味でいい車を探してください。

その数万円・数十万円ケチったことで、一生を無駄にするかもしれませんよ?

 

クルマ選びのコツ!

・予算!

・何色がいいか?

・どんな形がいいか?

・荷物や人がたくさん乗る?

・遠くまで走る?もしくは街乗りが多い?

・ハイブリッドカーにする必要は?

 

これくらいの項目が決まっていれば、かなり厳選して選べるそうです。

 

いい人に出会って、素敵な相棒を探してもらいましょう。

ここからが大切なこと!

素敵な相棒に出会えるために、、、

その車屋さんの担当者(=いわゆるプロ)を本気にさせましょう。

担当者も仕事ですから、適当に探そうと思えば探せますが、満足度は変わってきます。

実際のところ、満足度の高い仕事をしたいとおもいながら業務的な仕事をしています。

その担当者を本気にさせれるかが、あなたの手腕です!

 

なので、上記の項目は自分で調べて、しっかりと提示する方がスムーズです。

あなたが思ってる以上に車の種類はたくさんあるんです。

 

車が決まったら!

買う車が決まったら、やらないといけないことは諸々あります。

準備しておくもの

・ボールペン

・印鑑登録証明書

・実印

・認印

車屋さんに提出してと言われるもの

・委任状(印鑑証明と実印が必要になります)

・自動車保管場所証明申請書(必要事項を書き込み認印を押します)

・印鑑登録証明書

・保管場所使用承諾証明書 or 自認書

※僕の場合はこれが必要でした、、、

・駐車場使用賃貸借契約書(駐車場によって違いますので管理人にお尋ねください)

 

駐車場使用賃貸借契約書に関してですが、、、

今現在、ほとんどこのケースは少ないそうですが、、、

僕の場合は借りてる駐車場さんが協会に加入されてたので、必要になりました。

これは?ってなりましたが、、、とても簡単でした。

必要事項を記入して、その担当の自家用自動車協会に持っていくだけですぐに発行してくれました。

ただし、古い車と新しい車の登録番号(車両)(車台番号)が必要になります。

ですので、新旧共に、車検証のコピーをもらっておくのがいいでしょう!

 

以上のものを用意して、車屋さんに郵送します。

すると、諸々、処理をしてくれて、そこから約14日ほどで納車となります。

そのタイムラグがあるので、早く車が欲しいなどの理由がある場合は前倒しで作業しておきましょう。

 

保険に関して

保険に関しては、担当の人に、廃車になった、、、もしくは、新しい車に乗り換えたことを伝えましょう。

車検証が出来上がれば、車屋さんに対して、保険会社さんに車検証をFAXしてもらうように依頼することもできます。

あとは手続きを進めてもらいましょう。

くれぐれも単純に継続してもらうのではなく、その車にあった保険内容であるか確認してもらいましょう。

 

新しい車探しに難航した場合は、保険会社さんに伝えましょう。

半年間など、車を乗らないという状況になるようなら、等級などもそのまま凍結させて、新しい車を手に入れた時に再開するという流れになります。

詳しくは、保険会社さんに聞けばすぐに対応してくれると思います。

そんなことで、みなさんそれぞれに車屋さんいてはるとは思いますが、、、

僕はずっとTAX泉北さんにお世話になっています。

ほんまにええ車を、その時の僕に合わせて本気で探してくれます。

そして、今回も「また仕事とかの状況変わったり、ええの入ってきたら乗り換えよう!」と話してくれていました。

今回、年式は古い車ですが、、、とてもいい状態の車を探してくれました。

車を納車する際は、中古車の場合はちゃんと検査してから納車してくれます。

いい状態にして出してくれるので、安心が手に入るということですよね。

先ほども言いましたが、いい車は綺麗に乗っていれば、下取りの値段も上がるわけですから!

大切に乗らせてもらいます♪

 

買い換えるばかりのお話をしましたが、、、

この車が大好きやねん!この車に乗るのが夢やってん!っていう場合は別ですよね♪

お店の人も、場合によっては数十万円かかっても部品交換して乗り続ける人もいるそうですから。

 

もし、車をどこで買おうか悩んでて、いいお店を紹介して欲しいって人がいましたら、、、

わたくしめに、ご一報ください。

損はさせませんので♪

おまかせください☆