あれから7年

東日本大震災
スポンサーリンク

あれから7年か、、、

今年はバスケの仕事と、ラジオの仕事がかぶったので行けなかった。

というより、昨年いろいろ考えることもあった。

 

過去6年間、岩手県は大槌町に訪れて、毎年、感じるものはあった。

実際のところ、それを関西で発信できてないんじゃないかと思うことも多々あった。

自分にできることはなんなんだろうかと。

今年は、石原チームが大槌町に足を運んでくれている。

想いをもって動いてること、、、。

 

この高台からの景色は変わったのかな?

たくさん建物ができてるのかな?

僕が昔に見たあの絶望的な景色は、、、

7年経ってどう変わったんだろうか、、、

AMDAでお世話になってた高校生のみんなも成人して、、、

元気に仕事をしてるんだろうな、、、

一緒に頑張った医療班のみんなはどうしてるんだろう?

元気にしてるのかな?

Facebookで頑張ってる様子をシェアしてるくらい。。。

久しぶりに会って、お話してみたいって感じる時もある。

小川旅館はどうだろう?

相変わらず美味しいご飯作ってくれてるのかな?

お父さん、お母さんは元気でやってるかなぁ〜?

いろいろ気になります。

津波に負けなかったギターも、、、

一度はもう大破してしまって、ダメかと思ったけど、、、

ドルフィンギターズの想いが力になって、、、

見事なまでの復活を遂げた。

大槌町にあるもう一本の津波に負けなかったギターも、、、

きっと今も大切に弾いてもらってて、、、

いい音を奏でてると思う。

こんな素敵な人がいるってことで安心です。

伝承館のみんなはどうだろう?

元気にしてるかな?

僕が出会った頃とは環境が違って、結婚して子供ができたって報告があったり、、、

嬉しい報告もたくさんもらって、また会いたかったんですが、、、。

僕は行けなかったけど、、、

これまでにたくさんのご縁をいただきました。

 

いつも冬に行く大槌町、、、

いつか夏の大槌町にも行ってみたいなって思っています。

 

震災があって、飛び込んだ地でたくさんの出会いがありました。

そして、そのご縁は今でも大切に繋がっています。

これで終わりじゃない、、、これからもずっと続いていきます。

 

14:46に手を合わせながらそう思ってました。

 

手を合わせてくれたあなた、、、

本当にありがとうございました。