柳生新陰流 斬釘截鉄

Coffee
スポンサーリンク

 

なんか昨日は寝つきが悪く、、、

しかも、朝、いつもより早く目が覚め、コーヒーを淹れて飲みたい衝動に刈られ、、、早速準備!

昨日の夜からずっと、どうやったら味を統一できるかと、、、そればっかり考えてます。

 

そこで登場させた、秘密兵器!!

スケール!

コーヒー淹れる人は当たり前のアイテムらしいですけど(笑)

僕には衝撃的なアイテムでした。

確かに、数回に分けてお湯を注ぐわけで、その蒸らしから完成までの間にお湯が豆を通るスピードを調節できるわけですもんね!

 

1杯150mlという戦、、、今、どんな戦術で挑むのか!

 

いざっ!

 

まずは、、

蒸らしに50ml

※30秒ほど

注ぎに50ml

ゆっくりと30ml

仕上げに20ml

これで合計150mlとなるわけです。

 

そして、これはどちらの意見もあるんですが、、、

ドリップしたあと、、、最後の一滴まで落とすか落とさないか問題!

いろんな人に聞くといろんな答えが返ってきます。

大抵の場合は、、、

 

「コーヒーは、最初の一滴が一番美味しく、後になればなるほど、雑味の元ととなる苦味の成分や不純物が増える!なので最後の一滴が入らないようにする」

 

こういう意見もあるんですよ♪

 

「ドリップの最後にコーヒーのアロマと呼ばれる抽出したコーヒー液の香りが入る!だからこそ、スペシャルティーコーヒーを扱うなら最後の一滴まで豆の香りと共に味わう」

 

ほほぉーぅ!

僕は、苦味と雑味が苦手なんです。。。

だからコーヒーが飲めなかったのです。

 

ただ、性格上、そう言われると、その味を飲んでみたくなるのです(笑)

ってことで、たつをドリップリスト1は最後の一滴まで入れるパターンにしました。

 

味は、、、その通り!

一口目の口当たりにまず濃い目の香りと味が強めに入ってきます。

ただ、後味はすっきりしてる。これはたつをブレンドを注文するときに、後味がスッキリするようにオーダーを出した結果だとおもいます。いわゆる豆の力ですね♪

思ってたより、雑味とかは感じないけど、入れなかったらもっと変わるのかな?

 

うーん、、、でもこの味、、、僕は嫌いじゃない。

 

いわゆるマニュアル通りなお湯の注ぎ方、ドリップの仕方なんやけど、ラストに「最後の一滴まで淹れるの!?」と言わせる。太刀を半身でかわし小手を切る!まさにカウンターの剣術!

柳生新陰流から技の名前を頂戴して、、、

 

『斬釘截鉄(ざんていせってつ)』

 

と名付けよう(笑)

(なんかこういうところ、あぁ〜、、、僕ってアホやなって思う…)

 

とまぁ、なんで剣術から引っ張ってきたのかわからんけど、、、

たぶん理由はかっこよかったからとかそんなことだと思う。

最後は洗い物をしっかりとして、、、

本日の朝のコーヒー修行は幕を閉じました。

 

こんな僕の相手をしてくれてありがとうございました♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援してくれると励みになります!ポチっ!

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

Coffee
シェアする



たつをブログ