ヴァンキーカップの新天地を求めて打ち合わせ!求めてくれる人がいるという幸せ。

ヴァンキーカップ
スポンサーリンク

本日、お会いしてきました。

実はラブコールがありまして、、、。

「ヴァンキーカップをうちの地域でも開催して欲しい」と。

こんな嬉しいこと言われることありますか?

やっぱりああいうコンセプトの大会がないらしい。

しかも、いろんなお話を聞いてると、、、

とある大きなバスケット雑誌の編集長が、ヴァンキーカップを知ってる、僕のことを知ってるらしい。

どこまで大きくなるのか試されてるのかなって思ってしまう。

そこがコラボしたい!って言うてくれるまで大きくしたいなって思ったりもする。

今回のお話は、、、やはりコンテンツの協力ってところ。

「参加チームはあるです、、、スポンサーさんもあります、、、でもコンテンツがないんです!」

僕からしたらこの状況が羨ましいですが、、、

でも本当にこういうお話は結構、いろんな地域からいただいてまして、、、

実際、関東まで機材運べないしって断ったりもあるんですよね。

 

ただ、今回、打ち合わせをして、感じたことは、、、

いきなり持ってきてくれた事業計画が素晴らしく、、、ボロボロだったこと。

細かい部分はかなり計算されてて、完成度が高いのに、わからない部分は空白に近い!

事業計画を一緒に作りましょうという相談、、、。

これはパートナーとして、やっぱり嬉しい。

そして、できる男は、iPad Proを使いこなしていた。

こういうところよね♪

 

ある人に言われたな、、、「持ってるアイテム、着ている服装、そして所作で、ある程度その人のスペックは予測できる」と。

まさにそんな感じだった。

 

そして、僕はと言うと、、、

手書き一筋!

結果、こうなんですよ、、僕って。

時間をお金に変えられない性格なんでしょうね。

もっと作業時間を減らして、効率よく物事を考えられる環境も大切だなって思ったな。

 

でもね、僕は、メモに関しては、手書きに勝るものはないと思っている、、、古い人間である、、、。

そしたら、そのデキる男は、、、タッチペンを使って画面に書き始めた。

おいおいおいおい、、、ノートもデジタルかいっ!

俺の立場がないやないかいっ!

 

でもやはり、持ってきてくれた企画が非常にワクワクする!

最終地点が違ってても方向は同じってほんまに嬉しい。

早いうちに、一度、プレマッチを開催して、地元に根付いた大会にしていけたらと思う。

 

今回はありがとうございました。

ヴァンキーカップはまだまだ新天地を求めて、スポーツ初心者に光を当て続けます。

どうぞ、みなさま応援していただければ幸いです。

この話がうまく実現できますように☆

 

っていうか、マジでスポーツMC育てたい、、、

あなたの周りで素質のありそうな子いたら紹介してください。