吉野家の牛丼の新サイズ『超特盛』って?

オススメ商品!
スポンサーリンク

さて問題です!

【 第1問 】

「吉野家」の社名の由来で正しいものはどれでしょうか?

 

A:創業者の「名前(松田栄吉)」からつけた

B:創業者の「出身地名(野田村)」からつけた

C:創業者の「年齢(当時44歳)」からつけた

 

ちょっと簡単すぎました?

答えはのちほど、、、。

 

吉野家の牛丼に超特盛!?

吉野家に新サイズが登場してるやんか!

そのサイズは、、、

『牛丼 特盛』

結構、ガッツリ食べられるんだろうな?

税込780円するんやもんな。

そりゃ〜 ワンコイン以下で食べられる吉野家の売りを覆しての780円だもんな。

 

まぁ僕はダイエットを日々してるので、無縁の話なんですよね。

っていうか、、、

なんでこんなクーポンを見つけてしまうん、、、僕。

ちょうどね、夜遅い時間でさ、、、ちょっと寒かったんよ。

お味噌汁がどうしても飲みたかったんだなぁ〜。

 

実際にね、酵素でファスティングするときも、お味噌汁の汁だけは飲んだりするの。

塩分を摂るためにね。

その時のことを思い出したみたい。

ダイエットもしてるし、朝昼は酵素だしね♪

出てきた!!

丼!!

間違った、、、どーん!!!

結構、ボリュームあるやんか!!

 

まず単純にご飯の量が大!

そして、お肉が大盛りの2倍!

そう言われてもピンとこないあなたのために!ちょっとまとめましょうか?

 

はいっ!ここ試験に出るよ!

 

並盛:ライスが260g お肉が85g となります。

大盛:ライスが320g お肉が110g

特盛:ライスは320g お肉が170g

 

ここで大切なことは、大盛りと特盛に関しては、ライスの量が同じってところね。

ここはアンダーライン引いてて。テストでるよ!

そして、今回の超特盛は、、、大盛りの2倍ってことは?

特盛:ライスが320g お肉が220g

多少誤差はあるんだろうけど、このサイズ感ってことよね?

 

いやいや、、、なかなかのモンスターですね♪

こうやってみると迫力あるなぁ〜。

ちなみに、並盛りの下に小盛ってのも新登場しております。

そちらは単純に並盛りの4分の3のサイズになってるみたい。

 

ここも覚えててくださいね、試験に出ますよ!

吉野家で新サイズが追加されるのは、28年ぶりのことみたいです。

 

超特盛を頼んでからサイズ感を見て、あれやったら小盛も頼んでみようかなって思ったけど、、、

まぁまぁなサイズ感で出てきたので、やめた。

よく考えたら、さすがにこの時間にこの量は食べきれないなと実感。

実際、特盛でも結構、お腹満腹なりますもんね♪

あっ、、、

あっ、、、

あぁーーーーー!!!

 

ここで問題!

【 第2問 】

次の中から正しい組み合わせを選べ!

吉野家から新サイズ「超特盛」の発表があったのは( ① )ぶりのことで、そのサイズ感は、ライスが( ② )でお肉が( ③ )となっている。
その超特盛をダイエット中でもある( ④ )は完食した!

 

A:①28年 ②320g ③220g ④たつを

B:①28年 ②260g ③170g ④たつを

C:①28日 ②320g ③220g ④たつを

 

こちらも簡単でしたか?

どのくらい読み返さずに答えられますか?

結構、記憶力ある人なら、スススっとですよね?

 

ちなみに、、、書きたくないけど、、、書きますね。

小盛
並盛
アタマの大盛
大盛
特盛
超特盛

 

うぅーーーーぉーーぅ!!

明日は絶食決定!!!

 

ただ、「食べ応えあったなぁ〜」、、、(と友達は話していました)。

みなさまも吉野家に行く際は、一度、お腹を空かせて行ってみてください。

この値段であの量はなかなかお得感がありますよ♪

 

 

ということで、、、答え合わせしましょうよ!

まずは、第1問から、、、

正解は、、、Bの「出身地名」からです!

 

「吉野家」の名前の由来は、明治32年(1899年)当時東京・日本橋にあった魚河岸に牛丼を商いする店が誕生した。
当社設立当時、屋号は出身地を用いる慣習があり、創業者の松田栄吉が大阪「吉野」(現:大阪市福島区)から東京に上京していたので、店名に用いた。
また、「家」で食べている様なアットホームな雰囲気の店にしたいという創業者の想いで、吉野家(よしのや)という店名にした。

 

そして、第2問ですが、、、

正解は、、、Aの組み合わせになります!

おなか満腹になってしもた。。。

 

どうでしたか?

正解できましたか?

 

食べたくなってきたでしょ?

今回の僕みたいに、お味噌汁を飲みながら、たまごを入れてグジュグジュにしたちょいダクの牛丼を口にズルズルっと流し込んでください。

そりゃ〜もう美味しいですから♪

 

ライスとお肉の量がわかったと思うので、ぜひ、家でも超特盛作ってみてください。