魔法の3分を求めて!あの鐘を鳴らすのはあな〜たぁ〜♪

タイ編
スポンサーリンク

このタイの旅はきっとこうだ!

『あの鐘を鳴らすのはあなた』

これしかない。

この歌詞をもう一度、考えてみよう。

 

あなたにあえてよかった

あなたには希望の匂いがする

 

そうなんですよね、、、この歌詞の通り、現地で旅猿メンバーと合流しました。

旅をしてるお偉い方々です。

お金のない僕はこの国では、おとなしくしておりました。

そうですよ、いつかのブログでも書きましたが、、、

NO MONEY!NO HANEY!です。

 

躓いて傷ついて泣き叫んでも

さわやかな希望の匂いがする

 

僕にはもう希望がない状態だった。

しかし、このメンバーと合流することで希望の兆しが見えた!

 

ところで、タイのBARには禁断の鐘があるのはご存知でしょうか?

一番初めの写真に戻ってもう一度、じっくり店内を見ていただきたい!

あるでしょう?

そこにあるでしょう?

鐘が!!!

 

そうです、、、この鐘こそ、禁断の鐘です。

男なら誰もが一度は鳴らしてみたい禁断の鐘!

これはどういうものかというと、この鐘を鳴らすとお店にいる人みんなにお酒をおごるぜ!っていう合図!

お店によっては2種類の鐘があり、、、

1つの鐘は、お店の女の子全員におごるぜ!

もう1つの鐘は、この店にいるお客さんも含めてみんなにおごるぜ!

 

 

見つけたよな!?

禁断の鐘を!

ここだよ、、、ここっ!!!

ほらあるだろう!

そうですよ、、、まさにその禁断の鐘は、、、

漢気の鐘!

 

僕は忘れもしない、それは最終日の朝のことだった。

10時にお店に入る。

1杯目を頼み、こんなことを話していた。

「最終日だし、もう持ってるバーツ全部使っちゃいたいよね」

「1、2、3、4、軽く1000バーツが10枚以上はあるし、朝のこの時間なら使い切ることもないだろう」

「むしろ、ここの支払いのレシートが追加されてある程度厚みがあった方が払った時に気持ちいいってもんだ!」

いわゆるお金持ちというのは、変わった生き物だ!

使い切ることで終了を感じるようだ!

 

逆に僕はどうだ?

使わなかったタイバーツは持って帰ろう!

そして、また来た時に空港で換金せずに、街で換金できるように移動だけは確保しておこう!

このように僕自身の性癖は極めて変態だが、金銭感覚はいたって正常だ!

 

そして時間は40分を経過した。

11時にはホテルに戻って、その後、空港へ移動しなくてはいけない。

残りは20分!

きっと今の時点で、多く見積もっても2000バーツにも満たないだろう。

ここでこの旅猿の2人の頭の中によぎったのだ、、、

 

街は今、眠りの中、あの鐘を鳴らすのはあなた

 

夜の街で有名なNANAの街、まだこの午前中という時間は眠っている時間、、、

そんな時間に鐘を鳴らすのはあなただと!

 

人はみな悩みの中、あの鐘を鳴らすのはあなた

 

「鳴らそうか?」

「嫌、やばいでしょ?」

この会話が繰り返され、3人は悩んでいた。

もちろん、僕は静止する担当!

しかし、一人が立ち上がりバーカウンターの方へ歩いて行った!

 

ガランガランガラーン♪

お店の中に鐘の音が鳴り響いた、、、

そして、その音に驚き、少し間を置いて悲鳴をあげる女の子たち!!

 

そうです、、、遂に魔法の時間が解放されたのです。

 

忘れもしない!僕はこの瞬間、時計を確認した!

時計の盤面は、、、10:42を刻んでいた。

 

女の子たちがウォッカのショットを持って、自分たちのテーブルに集まってくる!

そして、一斉に発声したのだ!

「カンパーーイ!」

それはそれは盛大な宴になった!

 

おそらくお店の中を数えてみたが、10人くらいいればいいところ、、、

しかしながら、次から次へと、女の子がショットを持ってくる!

お店の明らかにスタッフの方までショットを持ってくる!

厨房のおばちゃんまでショットを持ってくる!

お前誰だ!?って人までショットを持ってくる!

 

合言葉のように繰り返されるのは、「かんぱーい!」という言葉。

次から次へと、鳴らした人へ「ありがとう!カンパーイ」と。

追加注文のレシートもガサッと入れられる。

おまけに今、店に出勤した子までショットを持ってくる!

それはそれはすごかった!

そして、、、あれだけ華やかだった時間は一瞬にして終了し、、、

さっきまでいた女の子たちは一体どこに行ったのか?

水を打ったような静けさ、、、BGMがこんなに大きくなってたのか?と思うほど。

 

そこで僕は再び時計を見た!

盤面には、、、10:45と刻まれていた。。。

デジタルとは恐ろしい、、、

あの鐘からわずかに3分の時間を持って、魔法の時間は解けていった。

 

男とはなんとバカな生き物なんだろう!

たった3分の夢の時間のために鐘をん鳴らすのだ!

 

気になったので『あの鐘をならすのはあなた』の曲の時間を調べてみた。

なんと、3:35だった。

まさに同じくらいの時間だった。

 

そして、恐怖のお会計の時間、、、

紙に書かれた数字は、、、

14800バーツ!

約15000バーツ!

日本円にしたら、約45000円。

タイでこの金額を3分で使った人はなかなかいないんじゃないかな?

これがパタヤの小さな店だったらわかる。

しかし、この大きな店で鳴らすとこういうことになる。

 

たった3分です。

ラーメンができあがるこの3分の時間に魔法がかかることを知った。

 

人はみな孤独の中、あの鐘を鳴らすのはあなた!

 

阿久悠はやはり天才だ!

1972年にリリースされたこの曲、、、

もしタイムマシンがあるなら、この場所に連れてきて、この曲を歌って欲しい。

 

でもね、、、男はバカだから、この3人が集まれば、この話で一生笑えるんです。

毎回飲む旅に同じ話をして、同じように笑うんです。

たった3分ですが、、、その3分は一生の思い出になるんです。

人生において、思い切りというのはいかに大切かと教えてもらった。

 

僕は自分で旅を振り返っていた。

ほとんどお金は使っていない。バカだな。。。

ここでお金をいっぱい使って、また仕事を頑張ればいい。

そんな目標にしたらよかったんだと。。。

 

中途半端なことをしても思い出には残らない。

やるなら思い切ってやりきることだと!

 

よく考えたら、ボクシングとかでも勝負の前にはゴングがなりますもんね!

新しい年の始まりも鐘がなりますし、、結婚式して新しい人生のスタートでも鐘がなる!

いろんなところに鐘が鳴ってるってことですよね。

 

ぜひ、みなさんも悩んだり迷ったりした時は、思い切って今までしたことないくらいやりきってください。

自分の一生を変えるきっかけの鐘を鳴らしましょう!

 

 

次にあの鐘を鳴らすのはあなたかもしれない

 

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

タイ編



たつをブログ