『2017−18 大阪エヴェッサ vs 滋賀レイクスターズ』 – 池田五月山体育館

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク

池田五月山体育館にて、滋賀レイクスターズを迎えての一戦!

ほんまに大接戦でした。

ほんまにほんまに両チームのブースト合戦にも僕はテンション上がってました。

そうなんですよ、、、ブーストって本当に大切なんですよ。

ほんまにしんどいとき、ほんまに苦しいとき、、、

ブースターさんのブーストがあと一歩を出させてくれるんですよね。

 

あとはフリースローの時ですね。

あれはヤジじゃない!

プロが精神力と戦う瞬間です。

日頃どれだけこの環境を想像して練習してたかっていう自分との戦いです。

だからこそ、あれはヤジじゃないんです。

 

僕が応援練習を必死に、本気でやるのは、、、このためです。

この時が来た時、絶対にブーストが必要になるからね!

試合の方は、1Qにエヴェッサがリードするも、2Qでレイクスターズが反撃!

前半が終わる頃には、逆転されて終了。

大阪エヴェッサ 28 − 30 滋賀レイクスターズ

嫌な雰囲気が漂う。

 

後半3Qに入ってエヴェッサがリードし始めるも、レイクスターズは喰らい付く!

さすがでした。

逆転逆転を繰り返し、最終第4Qへ突入する。

点差が開き始めた頃、、、やはり、レイクスターズブースターさんのブーストは凄かった。

チームと共に戦う!そんな想いが伝わってくるブースト!

それもそのはず、、、

 

第4Q 残り時間6分前後の攻防、、、

大阪エヴェッサ 52 − 47 滋賀レイクスターズ

少しリードが開いた瞬間があった。

#6 長谷川選手の大爆発!

一瞬にして5点差がなくなってしまう時間帯があった。

これでまたゲームはわからなくなった。

バスケットは流れのスポーツ!

本当におもしろい!

 

ここで1点でも欲しいこの場面で、#14 橋本が渾身の3Pを沈める!

しかしすぐさま、#50 サムハンが決めてリードを広げさせてくれない。

大丈夫!

まだ1点エヴェッサがリードしてる!

と思った瞬間、、、奴が切り込んだ!

#7 並里!

美しいほどのレイアップで、逆転されてしまう。

この場面で#5 ポマーレのフリースロー!

2本決めれば逆転の場面、、、しかし、1本落としてしまう。

1本決めて、これでなんとか同点に追いつく。

しかしながらまだどちらに転んでもおかしくない展開。

#5 ポマーレ、#11 ウェアの2Pが決まり、、、

点差が開き始める!よし、いい流れだと思った瞬間、、、

#6 長谷川が3Pを狙うも、#27 熊谷のチェックがファールとなってしまう。

 

これで#6 長谷川に3ショットが与えられる。

ブースターさんのブーストの力もあり、、、

なんとか1点差を守りきる!

 

このあと#11 ウェアが決め、勝負ありかと思ったら!

#40 フィッシャーがこの場面でバスカンを取る!

しっかりとカウント1スローを決めて、残り25.6で同点。

ボールはエヴェッサボール!

この場面でボールは#17 木下に任される。

観てる誰もが、最後、誰で勝負するんだろう?って思ってた。

インサイドで勝負しようとするも、レイクスターズの鉄壁!

時間がない中、ボールは#5 ポマーレへ!

ショットクロックバイオレーションギリギリの場面でシュートフェークを入れ、シュートを狙った!

#40 フィッシャーのチェックはファールとなる。

 

この場面、チェックせずにシュートを決められてしまっては後悔しかない。

ショットクロックバイオレーションが迫ってただけにフェイクはないと読んだのだろう。

これはバスケがディフェンスが不利なようになってるルールだろうなと。

#5 ポマーレに2ショット!

これは2本確実に決めて欲しいところ。

しかしながら、1本落としてしまう。。。

なんとか1本!

1本でもいいから決めてくれ!!!

よしっ!

会場からは大歓声!

しかし、この場面での1点差は2Pシュート1本で逆転となってしまう。

残り時間は2秒、、、

タイムアウト開けになるので、レイクスターズコートでレイクスボール!

最後の2秒で託されたのは、やはり#7 並里だった。

 

昔、並里が沖縄時代、、、試合終了間際に3連発で決められエヴェッサが負けた試合がある。

だからこそ、強烈に怖かった。。。

会場はBGMも消し、「みんなで一緒にディフェンスしよう!」と叫ぶ!

響きまくる「ディフェーーンス!」の声。

#7 並里がふわっと浮かせたボールはゴールへと向かう。

ほんまにゆっくりなりましたよ。あんなに1球をじっと眺めれることってなかなかないと思う。

そのボールはリングに嫌われた。

これで勝負あり!

大阪エヴェッサ 63 − 62 滋賀レイクスターズ

 

大接戦を制したのは大阪エヴェッサでした。

こういう1点差のゲームを勝ちきれるってことは本当に大切なこと。

帰りに出口でみんなとハイタッチ。

エヴェッサブースターさんはもちろんのころ、レイクスブースターさんからもいろいろ声かけしていただきました。

ジーズンが3分の1とはいえ、まだまだエヴェッサは芳しくない成績。

思い返せば昨シーズンのレイクスターズもそうだったな。

でも後半の巻き返しは凄かったもんな。

やっぱり辛い時期を経験してるチームは強い!

そうなれるようにエヴェッサも頑張らないと!

 

この勝利は大きい。

このまま連勝して流れを掴みたいところ。

しかし、すぐアウェーとスケジュールがかなりハード!

選手が故障しませんようにと祈るばかり。

 

年内最後はエディオンアリーナにて京都ハンナリーズと!

まだまだタフな試合が続くなぁ〜。

みんな頑張りましょうね。

 

今日のブースト、マジで感動しました。

どんなことがあっても、みんなで応援しましょうね!