男の格上げ・数字上げに必須の戦闘服!オーダースーツのおすすめは?その理由は「熟練のフィッター」と「Bespoken」

オススメ商品!
スポンサーリンク

この仕事をしていて、いろんな社長さんとお知り合いにならせていただく機会が多く、、、

いろいろ調査してみた結果、、、

商談の際など、営業マンの身なりはかなり見ているようです。

 

見た目で判断するとかそういうことではなく、本物志向なのか?こだわりをもっているのか?などを見抜いていると話す人が多いです。

上司に期待されている言葉はこれ!

 

「いいスーツは1着は持っておけ!」

 

この言葉を上司から言われたことありますか?

この言葉を言われたあなたは、上司に期待されてるということですよ。

覚えていてください。

 

よく言いますよね?スーツは戦闘服だ!

名刺は、相手の名刺をもらうための武器だ!とね。

 

ただ、僕もスーツは1着しか持っておらず、、、戦闘服がない状態。

いろいろ仕事をする上で、戦える戦闘服が欲しいってことでスーツを作ることにしました。

 

スーツを作る上での僕的な条件をまとめてみた

僕的なスーツ選びの条件

・フルオーダースーツであること

・生地にこだわってること

・ビジネスにもオシャレにも使えること

・予算は3〜5万円くらい

・色気があること

 

こんな感じです。

この条件をクリアしてくれたのが、、、まさかのブランドONWARDだったんです。

KASHIYAMA the Smart Tailorって知ってました?

2017年からテーラーの専門ブランドを立ち上げ、注目度が非常に高い。

オンワード樫山は今やいろんな雑誌にも取り上げられていますが、そもそも有名なブランドですよね?

そんな高いのは買えないって思ってたんですが、、、なんと3万円〜オーダースーツが作れるらしい!

そして、それが約1週間で完成する!

 

おっ、、、これならいける!と思ってお願いしてみた!

 

KASHIYAMA the Smart Tailorがおすすめな理由

僕的にここがおすすめな理由は大きく分けて3つ!

「熟練のフィッター」と「Bespoken」そして、「生地」だと感じました。

では説明していきますね

 

「熟練のフィッター」が出張採寸してくれる!

これが僕は一番の驚きでした。

オーダースーツはお店に行って採寸するんだと常識的に思ってたんですが、、、

なんと自宅やオフィスなど、希望する場所にもともとオンワードで鍛え上げられた熟年フィッターが採寸に来てくれます。

これすごくないですか?

普通、出張してくれるタイプのやつは単純に10万円クラスだという印象でした。

 

そして、そのデータは管理してもらえ、2着目からはスマホですぐに購入することができる!

素晴らしすぎる!

その技法に驚き!「Bespoken(ビスポーク)」とやら?

実際、僕もオーダースーツなんて作ったことがないので、どこにどうこだわればいいのかわからなかったんですよ。

しかしながら、この「Bespoken(ビスポーク)」という哲学、、、会話の中で悩みや要望、などを理解し解決してくれます。

僕の場合は、空手をやってたので、普通の体型よりも太ももが太いとか、、、

持って来てくれてたサンプルのパンツで調整させてもらいました。

ちなみにフィッティングルームも持って来られますよ♪

 

あとは極度の猫背とか、、、そんなこともすべてね。

あとボタンなどに関しては、「こんな方がいいと思いますよ」とかおすすめもしてくれます。

いろいろサンプルから選ぶだけです。

こういう細かいところのこだわりって大切ですよね?

 

一番、心に残ってるのが、、、「お話してると女性にモテたいって思ってますよね?だから色気のある要素をスーツに入れませんか?」って。

ど真ん中ぶち抜かれたような気分になりました。

それがこちらの裏地を選ぶ上での判定基準になりました。

まったく迷いなし!

 

単純にオーダースーツって体に合うものをってことだと思ってましたが、違うんですね。

体に合うのはもちろんのこと、自分に合ったものを作ることが大切なんですね。

最後はもちろん生地!

実際のところ、この生地をいいものにすると、3万円予算のところが、値段があがってきます。当然ですよね。

僕は3万円の提案をされましたが、ちょっといい生地にしたかったので、5万円くらいのものにしてもらいました。

オンワードっていう時点で、生地がいい、製法がいいっていうのはわかってるんですが、、、

大切に長く着たかったので、こちらに!

生地の質感って安いやつは、、、ちょっとね、、、ってなりますよね?

「それほんまにオーダー?」ってなるのってだいたい生地が問題ですもんね。

 

ということで、採寸自体は1時間もあれば十分に完了します。

あとは、自宅で待つだけです。

届いて驚いた!梱包と密封!!??

届いて驚いたのは、、、めっちゃ小さく梱包されてるやんか!

これ大丈夫?スーツ入ってんの?

箱を開けてみると、、、そうかそういうことだったのか?

できる限り値段を下げるためにできるだけ小さくして送料を減らしているってことですよね、きっと。

でもこういうこだわり、、、僕は大好きです。

だって安いにこしたことはない。

お手紙も入ってました♪

嬉しい♪

そして、これがスーツです。

え?ってなるでしょ?

ほんまにリアルにこの状態です。

密封されてるんですよ。

ちょっとびっくりしましたが、、、

ほんとによくできてるなぁ〜って思います。

しかも、この箱も無駄にならないんですよね。

ここに書いてある通りに折っていくと、、、

ハンガーに早変わり、、、

そして、、、

開封後、必ず行うこと!

箱から出したら、まずハンガーにかけて半日ほど、放置した方がいいみたい。

理由は、放置すると自然とエアー感と程よい湿度を吸い込んで、形が仕上がってくるみたい。

驚いたのは、シワがどうなるのかと思ってたんですが、数日したら綺麗になっていました。

これがいい生地の力ですね。

しかし、この開ける瞬間は気持ちがいいです。

空気がふわっと入っていく瞬間、、、

パンツをかけて、、、

スーツもかけて、、、

このまま1日もすればしわが伸びていました。

本当によくできてるなぁ〜と。

試着したイメージを写真で見てくださいね

着た感想は「ストーンとはまる感覚」でした。

これがオーダースーツの力なんですね。

もちろんすべてが僕のサイズに調整されてるので当然なんですが、腕を通して、スーツを肩に回した瞬間にストーンと体に吸い付くようなイメージ!

無駄な動きもなく、装着するという感覚になります。

 

あとは無駄な動きにも確実にフィットする。

本当に気持ちがいい!

これがプロの仕事なんですね。

 

説明するより写真を見てもらった方が想像できると思うので、、、

まずはビジネス風に着用してみた!

 

 

 

 

続いては、カジュアル風に着用してみた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダースーツを着用してみて、一番感じたこと!

オーダースーツを作って、着用するようになって一番感じたことですが、、、

 

自分の着姿に自信が持てるようになった

 

これはかなりの収穫だと思います。

スーツは似合わないって実は少し思ってたんですが、これを着て過ごしたいと思うようになった。

なんやったら商談に行きたいってちょっと思います。

いい戦闘服を手に入れるとこうも内面の変化が起こるんだと実感しました。

 

よくセミナーなどでも、いいスーツとオシャレな名刺にはお金をかけなさい!という人の意味がやっとわかった。

 

このポテンシャルとコスパは本当に素晴らし過ぎる!

注文が殺到してて、現在、1週間で納品できてないという理由も納得できる。

安っぽいオアーダースーツではなく、質のいい本物のオーダースーツだった。

2着目以降がとにかく楽チン!

もう僕の採寸データはあるので、2着目以降はネットからそのまま自分の好きなものを選んでオーダーすることができる。

3万円でオーダースーツが作れてしまうなら、ちょっと遊びのある柄とか色のスーツを作るのもいいかもしれませんよね?

KASHIYAMA the Smart Tailor (オンワード樫山)
最高の着心地を、よりお求めやすく、本格オーダースーツの新ブランド、「KASHIYAMA the Smart Tailor」誕生。熟練のフィッターが採寸、2着目以降はオンラインでもオーダースーツが購入可能な新しいサービスの誕生です。しかも価格は3万円(税抜)から、納期は最短1週間で、ご希望の場所までお届けします。

ぜひ、一度、サイトの方も覗いてみてください。

まとめ

「いいスーツは1着は持っておけ」この言葉をもらったらすぐにオーダースーツを作りに行くことをおすすめします。

それがその人への期待に応えるまず第一歩だと思います。

戦闘服を手にしたらきっと男の格上げになりますし、営業の成績も上がる気がします。

やはり自分に合ったオーダースーツは、自分に自信をもらえますしね。

さらにサイズ感がいいので、ビジネスにもカジュアルにも着こなせるのがいいところ。

 

これ思ったんですが、男性だけでなく女性のスーツもありますし、、、スーツのプレゼントとかしても素敵ですよね?

オーダースーツのプレゼントとか超絶オシャレやと思いません?