彼がいなくなってから2日、、、

ブログ
スポンサーリンク

レンズキャップ紛失事件!
レンズキャップをなくしてしまい、レンズキャップを買えばいいのに、カメラの本体を買い換えようか迷ってしまった。あぶないあぶない!中古ショップをチェックしまくってます。

事件が起こったのは、、、2018年2月20日。

時間にして、22時。

ただ気付いたのがこの時間というだけで、実際に事件が起こったのはもっと前だろう。

なんの予告もないまま、彼(レンズキャップ)は俺の前から姿を消した。

 

子供の頃から母によく言われていたセリフがある!

「ちゃんと片付けをしなさい!いつか大切なものがなくなるわよ!」

 

そうだ、まさにその時が訪れてしまったのだ!

なんとしても探さなくては、、、探し出さなくては、、、そう誓う40歳独身男子!

彼(レンズキャップ)の声が聞こえる、、、

 

「あのさ・・・俺・・・いなくなったらさびしい?」by グランドフィナーレ

 

思い返せば、彼(レンズキャップ)の姿はとても丸みのあるかわいいやつだった。

主役が活躍する時には適当に別のところにやられ、、、

それでも主役の仕事が終わったら、そっと衝撃やストレスから守る役目。

その本当の価値は、無くして気付くってもんだ。。

 

「どんなにどん底でも、どんなに暗闇の中を生きてても、やり直しのきかない人生はないんだ!!」by秘宝島殺人事件より

 

そうだ!

こいつの代わりなんていない!

確かにすぐに買うことはできるが、僕はこいつがいいんだ!

やり直し、、、代変えなんてきかないんだ!

手がかりとなる場所はほとんど探した。

近いうちに行ったお店や、車の中、、、服の中のポケットなど、、、

可能性のあるところはほとんど探したんだ。

しかし、なんの手がかりも見つからなかった。

ただ、、、

 

「男として・・・・いや人間として、放っとくわけにゃいかねーんだよ!!」by 金田一少年の殺人

 

放っておくわけにはいかない!

なにか手がかりがあるはずだ。

それを探し出さなければ、、、。

 

そう思って、、、ふと机の上をカサっと手が当たった。。。

はっ!!!!

まっ、、、まさか!!!

 

いや、そんなはずはない!

 

あれほど、探して、、、ブログの記事にまでして、、、

そして、twitterでは、たくさんの方がいじってくれた(ほとんどボケられた)。

そんなあっさりと見つかるわけにはいかない!

 

さらには、あっさり見つかったことを報告できるはずもない!

このままでは、、、このままでは、、、

僕もあなたも、、、変な気持ちしか残らない。

「俺だったら考えるなぁ・・・二人とも助かる方法をさ!!」by 悲恋湖伝説殺人事件

 

そうだ、、、考えよう!

2人も助かる方法を!

こうしよう!そしたら、こうしよう!!

 

なぜ、、、彼(レンズキャップ)がこの場所に放置されることになったのか、、、

それを解決することで、この事件はみんな幸せに終わるはずだ!

 

少し不安なことは、、、もうこの時点で、この記事をここまで読んでくれてる人がどれほどいるかってことだ。

タイトルにつられて入ってきた人は必ず、【戻る】もしくは【閉じる】ボタンを押してることだろう。

さらには、金田一少年の事件簿を読んでいない人からしたらピンともきてないはずだ!

やばいぞ、、、このままでは犯人(読者)が逃げてしまう!

 

捜査を続けよう。。。

そもそも僕がこのキーボードに変えたのが、ちょうど1年ほど前。

このiMacを修理した時期だと思う。

iMac 21.5inchi 2010 MidのHDD交換!
iMacが動くようになりまして、、、iMac 21.5inchi 2010 Midの液晶を交換し、、、同じくメモリを増設し、、、マウス・キーボードなどの周辺機器も整え、、、データ共有の味方DROP BOXの容量を無料で16G増やす方法...

これより以前のキーボードの時は、、、

そうだ、、、思い返してみたらこの隙間はなかったはず。

 

それが隙間ができてしまっている。

 

「みんな5年前のままじゃない。やっぱり変わってるんだ・・・そして、これからも・・・・」by 雪影村殺人事件

 

そうか、、、変化を怖がる日本人の悲しき性、、、。

数年前のものではない、、、変わってるんだった。

買い換えたのは、紛れもなく僕だ!

ん?

待てよ、、、

本来なら、キーボードは横向きにおくはずだ、、、。

横向きに置いたキーボードの隙間に彼(レンズキャップ)が入るタイミングがいつあったんだろう?

 

これはもしや、、、犯罪の匂いがする!

他殺か?(他人が入れたのか?)

 

いや、、、その可能性は極めて低い、、、

その理由は、、、

僕の部屋が異常に汚いから!

 

リアル足の踏み場もないこの部屋に入ろうと思う奴はまずいない。

わざわざ、キーボードを浮かせて、、、

その下に、僕が入れたことも考えにくい、、、。

 

あと少し、、、あと少し、、、

必ず証拠があるはずだ、、、。

考えろ、、、

考えろ、、、

 

「ジッチャンの名にかけて・・!!」

 

(ちなみに僕のおじいちゃんは鉄工所で働いてました)

 

そうか、、、これだ!!!

 

「謎はすべて解けた・・・!!」

 

犯人はおまえだ!

犯人は間違いなくたつをだ!

 

証拠か?証拠が聞きたいか?

 

僕は、ボールペンでもなんでも、キーボードの横に置く癖がある。

そこにこのように置いた彼(レンズキャップ)はあるタイミングで右へスライドした。

もしくはキーボードを左へスライドした時に、それはそれは見事にこの隙間に入り込んだんだ。

 

「そ、、そんな、、、僕が、、、」

_| ̄|○ ガクッ

日頃から、物は大切にしないといけない。

置く位置などを決めて置くといいかもしれないな。

とくに彼(レンズキャップ)は失脚(無くしやすい)しやすい。

無くしてから気付いては遅いってことだ。

今回は、たまたま見つかったらいいものの、、、

 

「すっげえもんだな、『母の愛』ってやつは・・・・。」by 飛騨からくり屋敷殺人事件

 

本当に母の言葉をこれからは大切にしようと思う。

もっと整理整頓をして、物を大切にしよう!

無事、見つかった彼(レンズキャップ)はこう言ったであろう。

 

「一緒にいて・・・・もう一周だけ このまま・・」by タロット山荘殺人事件

 

うん、、、一緒にいよう!これからも!

そして、、、

「アンタの人生の舞台の幕はまだ下りちゃぁいない!」by オペラ座館 第三の殺人

まだまだおまえ(レンズキャップ)の人生の幕は下りちゃぁいない!

これからもストレスから守ってくれ。

 

ということで、無事に見つかりました。

こんな無駄な記事を、ここまで読んでくれたあなたのことを本当に大切にしたいと思います。

本当にありがとうございました。

どうぞ、読者登録してこれからもお暇な時に読んでください。

世の中の役に立つことは1つもありませんが、、、。