『おはよう朝日です』 − 話題のレシピ『どん二郎』

朝日放送『おはよう朝日です』
スポンサーリンク

これね、、、今、ネットでバズってるやつ!

ナウい言葉を使ってみました。

バズってます!

 

今まであるものをちょいと進化させてまた別のものを作るってやつ。

野島さんの話す、、、

「カップ麺って美味しいけど料理としての完成形じゃない気がしませんか?」

確かにそれは感じますよね!

それを完成形にしたのが、この本ですよね。

まぁいろいろ読んでましたが、楽しかったなぁ〜。

ずっとレシピを見ては、「えぇ〜!」「えぇぇぇーーー!」って言うてました。

ほんまにそんなレシピばっかりなんですもん!

料理というか、なんだろうか、、まぁ料理なんでしょうけど、、、

僕は料理ができないので、これくらいの方が助かりますけどね。

材料が過去の料理コーナーと違って、、、なんだか、、寂しい。

簡単に美味しくが基本ですからね。

でもこれがね、、、どれも面白いくらい美味しかったんです。

なんでしょうね、、、勝手にイメージしてしまうんですよね。

それを想像以上に越えてくるので、うまいっ!って思ってしまうんですよね。

これが不思議なところです。

特にあの茶碗蒸しなんて、、、

きっと、何も知らされずに、料亭とかで当たり前のように出されたら、気付くかな。

そんなレベルやと思います。

意識とは怖いもんで、、、なかなかに雰囲気で惑わされることってあると思います。

 

まぁそれに匹敵する味を叩きだしてきてるんですけどね。

ほんまに、恐れ入りました。

本当にね、ライターさんっていつもこんなことを考えてるそうです。

毎日毎日、新しいネタになることを、毎日毎日考えてるそうです。

ほんまに大変な仕事ですよね。

 

僕も毎日、ブログは書いてるものの、、、自分の身の回りで起こったことですからね。

ライターさんになる、、というか人生のうちで自分の本を1冊作る、、、そんな夢が叶ったらいいなぁ〜とも思うわけです。

そんな野島さんの夢の書籍化1作目がこの子だということですよね。

 

番組でご紹介したのは、ほんの一部です。

なかなか豪快なレシピがたくさんあったので、ぜひ、そちらもチェックしてみてほしい

なんだろうな、もうネタみたいな感覚で楽しんで料理ができる本だと思います。

僕的には、例えば、BBQの現場でこのアイデアを活かしたり、ちょっとしたおやつにネタ的に登場させたりすると楽しいかもしれません。

美味しいはもちろん大切ですが、それに楽しいが乗っかってる本です。

ぜひ、お安いので、一冊お買い求めになってください♪

 

朝から番組を観ていただきまして、ありがとうございました。

太った僕も愛してください。