『登山飯イベント』天気は曇りのち雨、、、諦めない気持ちでいざ山頂へ!

登山
スポンサーリンク

登山飯イベント、、、

僕的には初めてのイベントで、初めてだからこそ大成功させたい!そんな気持ちでした。

しかしながら、前日から雨、、予報も雨、、、

さすがに登山するのに天気が悪いというのは致命的。

いろいろ相談した結果、、、

参加者の人は集まってくれて、、、

そんな想いを胸に、山頂を目指すことになった。

雨雲レーダーを見ながら、12時半と14時にやってくる雨雲をどうやって避けられるかを考えて、いざ出発!

まずはみんなで力を合わせて、頂上を目指す誓いを立てる!

年齢や性別、体力の差が必ず生じるので、そこはみんなで助け合おうと!

そして、必ずや、全員で山頂を目指す決意を!

そして、山を登り始める。

予想していた通り、体力の差もあることから、縦長の列になり、、、

それぞれが一歩一歩足を踏み出していく。

とにかく誰かが登らせてくれるものでもない、、、

自分が踏み出すしかない!

一歩ずつコツコツと。

途中、一瞬、晴れ間はでたが、基本的には小雨状態。

しかしながら、自然の力はすごいんですよね。

その雨は木や葉に遮られ、そこまで濡れなかったという奇跡の登山となる。

そして、1つ目の雨雲が来る前にログハウスに到着!

時間配分バッチリ!

ここで少し雨を避けて、また登り始める。

この後、雨に打たれるタイミングが1度はあったものの、その後、大きな雨に打たれることなく、、、

無事に山頂へ到達することができた。

 

しかしながら、山頂は木がなく、雨が直接、僕たちに降り注ぐ。

このままだと、体温も奪われるし、ピンチだなって思ったが、、、

奇跡的に屋根のある場所を確保することができた。

ちゃんと山小屋の人にも許可を取って、ここで昼食を取りながら、次の雨雲を過ぎるのを待つ。

 

ただ、今回の登山飯の醍醐味は、ここで食べるカップラーメン!

よし、雨を避けたこの場所で調理スタート!

まずはコンロを用意して、、、

みなさんが重く苦しんで運んだリュックの水を、沸騰させる!

うん、このケトルが超絶かわいいことは僕もわかってます。

今回はキャンセルも多いんじゃないかと、急遽、コンロとケトルは2つ体制で実施する。

ちなみにカップラーメンの調査は、、、

ノーマル味4人、、、

シーフード味7人ということで、圧倒的にシーフードの勝利となった。

お湯を注いで3分待つ!

この時間がたまらんです。

あっ、ちなみに、僕はシーフード味です。

カレーとかノーマルにすると思ってたんでしょ?

僕ね、案外、一途なんですよね♪

ってことで、、、ラーメンの準備が整いました。

「いただきまーす!」

いよいよ登山飯がスタートした!

 

それはそれはみなさん、僕と同じ気持ちで美味しかったと思う。

そして、今回参加してくれた、彼、、、小学4年生!

彼は人生で初めてカップラーメンを食べる!ということが発覚!

いや、これってすごいことじゃないですか?

みなさん自分が初めてカップラーメンを食べた日って覚えてますか?

僕は確実に覚えていないです。

 

こんな貴重な瞬間に立ち合えたこともまたミラクルだ。

そもそも、カップラーメンを持ちながら、「これはどうやって食べるの?」って聞いてきたときに、「なんで聞くの?」って感じてたんです。

そういうことやったんですね。

 

それでも1口目食べた時に、「美味しい」よりも先に笑顔になったのが印象的でした。

なんだろうな、忘れてた感情みたいなものが刺激された瞬間でした。

きっと僕もあの頃、初めて食べたあの頃、衝撃的な味だったんだろうな。

みんなのお湯が準備できたので、改めて、僕もラーメンを食します。

うん、相変わらず美味しかった。

登山飯は普段食べてるものがご馳走になる!

これをみなさんと共感したかったんです。

今回はこれだけで本当に満足です。

ただ、もう一つ、僕には伝えたいことがありました。

それは、感覚のズレを修正すること!

これはね、本当に簡単じゃないことはわかってるんですが、なんか頑張ってみたいんです。

 

ということで、株式会社そなえさんにご協力いただくことにしたんです。

防災グッズを取り扱いしている株式会社そなえさんの中の商品、、、

非常時に食べる保存食!

この非常時に食べる保存食の感覚をズラしたかった。

ズレを修正するんじゃなくて、印象を良い意味にズラすってこと。

どういうことかというと、、、

非常食というだけで、防災のために備える、非常の時に食べるものという印象になる。

これって僕は間違ってると思うんです。

防災士の資格を取って、いろんな話をする中で、、

非常食は非常の時に食べるものだ!

賞味期限は5年もあるけど、古いやつは捨てて新しいものを買う!

非常食=おいしくない

こんな感じに扱われてるみたい。

でも今はいろんな種類も出てるし、味だって進化している!

いつまで昔の感覚でしゃべっとんねん!ってイライラしそうになる。

 

例えば、、、キャンプに行く時にわざわざキャンプ飯を買いに行くやん?

それ、非常時用の保存食持って行って、また少なくなったところに新しい保存食追加したらいいやん!って思うわけ。

そしたら食品ロスもなくなるし、一石二鳥だと思うんですよね。

そもそもなんで捨てるんかようわからん!!!

 

なんでキャンプに行く時に、同じようなものを買うんだと?

保存食を備えておけば、それは使い方は非常時以外でも使えるものになる。

ほんまによく味がついてて美味しかった。

みんなにも食べてもらいましたが、びっくりする味だったと思います。

美味しいんですよ!

パスタだけじゃない!パンもあるんです。

昔懐かしい黒糖パン。

これがまた固そうな見た目をしてるんですが、柔らかいんですよ!

ちょっとあっためようと勝手に底をあぶってみたんですが、失敗して、、、

こんな感じになりましたが、とにかく美味しかった。

結構、この味にハマった参加者の人も多かった。

ほんまにそのくらい美味しいんですよ!

一度、食べて見て欲しいくらい。

ただ、このドライカレーだけ熱湯で15分やったんですよね。

パスタ関連が3分だっただけに、15分は長いなぁ〜 忘れた頃に食べることになるやんと。

しかし、このドライカレーが奇跡を起こすことになる!

ある程度、お腹も満たされ、満足感が溢れていたにも関わらず、、、

ドライカレーはめちゃくちゃ美味しかった♪

さっきの彼も「美味しいっ!」と感動!

言いすぎちゃう?って思ってみんな食べましたが、ほんまに美味しかった♪

最近、この保存食もあっさりした味の傾向に走ってるそうですが、やはり定番の味は美味しい。

カレーって僕らはずっと好きですからね。

 

なんか今回、伝えることができたかな?

保存食を備える大切さ、そして、味の進化!

保存食だからって非常の時に食べないといけない理由はない!

この言葉から連想されてしまう、非常時に食べるご飯というイメージ、感覚のズレを修正したかった。

いつでも常備して、お腹が空いたら食べるというものでいい。

そして、食べたら買い足せばいい!

これが備えることだと僕は伝えたかった。

 

なので、ぜひ、みなさんも一度、買ってみて欲しい。

そして、何気なく食べてみて欲しい。

ほんと美味しいからさ♪

この画像をクリックすると株式会社そなえさんのショップに飛びます。

もしよろしければこちらから買っていただけると、会社のみなさんも喜ぶと思いますので。

なんだったら購入する際のコメントに「登山飯イベント参加しました!」とか書いてもらえると僕も伝わったんだなぁ〜って嬉しいです。よろしくお願いします。

さて、食後に僕もコーヒーを持って行っていました。

自分が作ったTAMARIBA COFFEEです。

たぶん、山頂で暑いだろうから、そんな時にHOTはさすがにいらんよなと控えめに持って行ってたんですが、、、

山頂の気温が17度だったことと、雨が降っていたことが重なって山頂は冷えていた。

そのタイミングのHOTってことで、、、

なんとなく美味しく飲んでもらえたんじゃないかなと思っています。

先日、紹介したワンドリップを持って行ってたので、それを使って、ドリップ!

みんなで分けながら飲んだコーヒーの味も格別だった。

やっぱり、このワンドリップポットで入れるだけでドリップバッグの味も格段に上がる!

ぜひ、こちらもチェックしておいて欲しい。

ってことで、、、食べ終わった頃には、雨雲も通り過ぎ、、、

いよいよ下山となる。

その前に、みんなで記念撮影!

 

やっぱりみんな良い笑顔!

達成感に満ち溢れた表情をしている。

苦しんだ先には、必ずこうやって笑顔になれる瞬間がある!

 

もちろん、ヤッホーもしましたよ!

大人たちが率先して、ヤッホーを連発!

そして、最後はあの小学4年生の彼が叫んだ!

「お母さんいつもありがとう!」

これには母、、、号泣、、、。

いつも大変な子育ての中で喧嘩することばっかりみたい、だからこそ嬉しかったんでしょうね。

やっぱり勇気を出して言葉にすることって大切。

あたりまえという感覚のズレも修正できたんじゃないかなって思った。

雨が降ったことで、登山することに迷ったりもした。

しかしながら、この天気だったからこそ、気温的にも登りやすかったのかもしれない。

そして、女性の参加者も多かったので、紫外線問題もかなりクリアできた。

 

そして、なにより、、、山々の自然が雨を受けて、生き生きしていたことも印象的だった。

平地では枯れてしまってるあじさいもこんなに綺麗に咲いていた。

ガスがある登頂もまたいいじゃないか!

さすがに見渡せば地平線!みたいな素敵な景色が見れなかったけど、、、

それ以上にこんなに素敵な笑顔がたくさんあったことも事実!

もちろん、雨のため、やむなくキャンセルした仲間もいる!

その人の分の想いも乗せて、みんなで登りましたから!

下りはさすがに膝にくる。

それでも登りよりみんなが全然、元気だった。

そして、登りの時はよそよそしかった仲間の距離感も縮まり、、、

参加者さん同士が喋りながら楽しんでくれていた。

それもまた嬉しかった。

結局、ゴール目前で、こんな感じでした。

かなり時間はゆっくり、、というか、ご飯食べてる時に止めるの忘れてる瞬間があったので、この数字ですが、、、

それよりも軽やかに動けてたと思います。

みんな本当に最後まで頑張ったなぁ〜って。

最後も下山した瞬間に写真撮りました。

ほんまにいい笑顔だ。

またすぐにでも登りたくなるくらいの笑顔だ。

今度はまた、登山飯やりたいし、テント泊して星空を見るようなこともしてみたい。

あっ、あと、また株式会社そなえさんに協力してもらってもっといろんな保存食も食べたい!

よくよく考えたらこんな挑戦するイベントによく協力しようって思ってもらえたなってこと。

株式会社そなえさん本当にありがとうございました♪

 

次回、また何かこういう企画をした際は、「しんどいから嫌!」っていう選択するんじゃなくて、、、

ちょっとだけ勇気を出して参加してみてください。

あなたの明日が変わるかもしれませんよ♪

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!