久しぶりにYouTube更新しました。旅好きなあなた!JGCって知ってますか?

時間的に結構ギリギリ!18時返却に向けてとにかく走る!しまなみ海道サイクリングツアー続き。

広島編
スポンサーリンク
たつを
たつを

因島と向島はなかなか広いぞ!
レンタサイクルの返却時間に間に合うのか!?
サイクリストたつをです

 

広島旅の記事としては、3つ目ですが、、、

しまなみ海道の記事としては、後半になりますね。

前半の記事はこちらから、、、

いざ、尾道到着!フェリーを使ってしまなみ海道へサイクリストの旅!
しまなみ海道に初めて行く人には読んで欲しいです。本気のサイクリストじゃない場合は、フェリーを使った片道サイクリングがおすすめです。この記事では、瀬戸田港から大三島へ入り大漁でランチ!大山祇神社を参拝しました。

心が折れかけた、、、再び瀬戸田港周辺からのスタートです。

 

 

すっかりと体力が削られている状態ですが、、、

とにかく走らないと尾道には辿り着けないので、、、頑張りますよ。

 

現在場所は、生口島にいます。

生口島の南側のロードではなく、瀬戸田港へ向かう北側のロードを走ります。

なかなかに広いです。

 

そのまま、因島へ、、、

 

 

これが生口島と因島を繋ぐ、生口橋です。

橋自体は短いですが、、景色は抜群です。

 

いよいよ因島に入るかぁ〜って感じですね。

そもそも因島って有名人もここ出身の人も多いことから、名前は聞いたことありますよね?

ほら、ポルノグラフィティとかさ、、、。

 

だからね、時間があったら、『ポルノグラフィティ聖地巡り』とかしてもいいかなぁ〜って思ったりはしたんですが、、、

時間がないんだ!

とにかくレンタサイクルを18時までに返却しないといけないんでね。

なので、通り道で楽しめる、、、『ポルノグラフィティ聖地プチ巡り』でお届けします。

 

 

まずはこちらのトンネル!

青影トンネルというトンネルですが、、まぁなかなか狭いトンネルです。

自転車に注意!って看板があるくらいですから、走ってもいいはず!と走りましたが、、

調べると走ってもいいそうです。

 

そして、このトンネルですが、ポルノグラフィティの3rdアルバム『雲をも摑む民』に収録されている『Aokage』という曲に登場する青影トンネル、、、おそらくここなんじゃないか?

ぜひ、BGMとして歌いながら、自転車で走ってみてください。

 

そして、このまま317号線を進むと、、、

 

 

ものすごいわかりやすく、、、出てきます!

こちらが、『プラザオカノ』さん。

ポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁さんの叔父さんが営業されている写真館だそうです。

 

ここからは激烈なポルノファンの方に聞いた情報ですが、、、

まず、館内には、壁一面にポルノのポスターが貼られており、ここでしか見られないような貴重なものもあるそうです。

また、ここでしか購入できないグッズもあるとかないとか、、、。

ちなみに、この館内の写真は、非公開となっているそうで、行った人のお楽しみだそうです。

 

あとファンの方が訪れると、店主はとても愛想がよく、話が弾みすぎて2時間くらいあっという間に過ぎてしまうそうです。

おそらく、昔話などに花が咲くんだと思います。

普通に考えたらそうなりますよね!

僕たちがここに立ち寄ってたら、確実にレンタサイクルの返却時間に間に合わなかったと思われます。

 

これ以外にも、たくさん聖地があるそうなので、各々に調べて行ってみてください。

 

 

そんな僕たちが立ち寄ったのは、、、

因島水軍城 

 

こちらは、昭和58年に築城された全国でもめずらしい城型資料館です。

南北朝時代から室町時代にかけて活躍した村上水軍の武具、遺品、古文書などの歴史資料が展示されています。

 

 

僕の知識だと、、村上水軍は、、、海賊!という知識くらいだったんですが、、、

資料館の中で、15分くらいの映像を観ることができます。

でも、あの映像みたらものすごく興味が湧くと思います。

 

 

僕自身も、今治市の村上海賊ミュージアムにも行ってみたいなぁ〜ってなりましたもんね。

車で観光する人は、びゅーんとどっちも行けるかもですね。

自転車ではなかなかハードですな。

 

 

一応、詳細もまとめておきますね。

 

【因島水軍城】

所在地:〒722-2211 広島県尾道市因島中庄町3228-2
電話番号:0845-24-0936
業務時間:9時30分から17時(但し、1月2日~3日は10時から15時)
休日 木曜(祝日を除く)・12月29日から翌年1月1日
観覧料
大人:330円(団体30人以上220円)
小人:160円(団体30人以上110円)(小・中学生)
障がい者とその介護者各1名は無料です。
入館の際に障がい者手帳等(スマートフォンアプリ「ミライロID」も利用可能です)をご提示ください。
駐車場:無料(50台)

 

ちょっと余談なんですが、、、

サイクリング散策なんですが、僕ね、お尻がどうも痛くなってさ、、、

お尻が4つに割れるんじゃないか?って思うくらい痛かったです。

 

なのでね、ここで、30分くらい休憩できたのは、本当にお尻の癒しにもなりました。

資料室はクーラーも効いてるので、ちょっとした休憩にいいと思いますよ。

 

 

その後は、、、ファンの方から教えてもらったお店、、、

『菓子処 中島』さんのカフェオレ大福!

 

これはね、はっきり言って、食べた方がいい!

遠回りになっても立ち寄るべきです。

驚くほど、カフェオレ味の大福です。

甘みも重くなくて、クリーミーなカフェオレ味です。

 

 

ほんと美味しゅうございました!

 

【菓子処 中島】

所在地:尾道市因島重井町2260-18
電話番号:0845-25-0107
業務時間:9:30~17:30
定休日:日曜日・不定休
アクセス:因島北インター入口バス停より徒歩約3分
駐車場:無料(6台)

◆オススメ◆
中島のカフェオレ大福 ¥200(税込)
因島名物はっさく大福 ¥200(税込)

 

僕が行った時は、時期的なところもあるんでしょうか?

はっさく大福は売り切れていました。

 

 

ここからまたひたすらに因島を走ります。

あれだぜ、、、広いぜ、、、景色を楽しみながら走ろうぞ!

 

頑張れば、、、因島大橋に到着します。

緩めの坂を登って、、、さらに橋の高さまで登ります。

体力も削られてるので、頑張りましょう!

 

 

驚いたのが、、、因島大橋は、車道の下を走る感じになるみたいです。

ちょっと景色が見えなくなりますけども、、、

日差しは避けられます。。

 

あぁーーーなんかせっかくの景色残念だったなぁ〜って感じるかもしれません。

しかし、この気持ちをしっかりと向島はリカバリーしてくれますよ。

 

向島ってね、尾道水道と言われておりまして、、、

尾道と向島に挟まれた東西に長い幅約200から300メートルの狭隘部の呼称とのこと。

実際にどこまでがこの尾道水道なのか?ってことは僕にはわかりませんが、、、

 

ちょうど、、、向島と岩子島の間くらいの景色でしょうか?

 

 

写真の80倍くらい綺麗だったんです。

突然、目の前に現れた景色に、思わず「わぁーーー」っと声がでました。

 

因島大橋で景色が見れなかっただけに、、大逆転な感じでした。

ここをすぎるといわゆる街中を走る感じになります。

 

そして、、ついに、、、、

そしてそして、、遂に、、、、

 

 

最後も橋を渡るのかと勝手に思っていたんですが、、、

福本渡船に辿り着きました。

 

尾道までシュッとこれで渡るみたいです。

へぇーーー!!!

 

 

ちなみに料金ですが、、、

大人が60円!

自転車が10円!

合計70円!!!

 

ひゃーーーーー!

船文化で育ってない僕からしたら、やすーーー!ってなりますけども、、、

この辺に住んでる方々は、フェリーが当たり前、、

生活の中で普通に使う移動手段なので、この値段なんでしょうね。

 

 

短い距離なんですが、実際は流れが早いらしく、、、

えらい方向に向かって進んで行くんですよ!

それやのに、最終は、目的地に到着します。

 

目的地に向かって斜めに走っていくので、なかなか不思議な気持ちになりますよ。

その辺気にしながら乗ってみてくださいね。

 

そんなこんなで、、18時ちょうどくらいにレンタサイクルの返却完了。

ギリギリ間に合ったって感じですかね。

 

 

その後は、疲れた体で、ホテルに戻りました。

 

ちなみに、今回宿泊したのが、『ホテルアルファーワン尾道』なんですが、尾道駅からも近くて安いです。

尾道駅に近い、、すなわち、尾道港にも近い!

レンタサイクルの場所も近いです。

楽天トラベル: ホテルアルファーワン尾道 宿泊予約
ホテルアルファーワン尾道、全室インターネット接続無料(※1)・ウォシュレット・ズボンプレッサー・静音型冷蔵庫完備、JR尾道駅「南口」より徒歩約5分/尾道ICより車で約15分/福山西ICより車で約15分、駐車場:無料:平面85台 ※詳しくは「駐車場」のご案内をご覧下さい。

しまなみ海道を目指そうって人には、オススメですよ♪

 

 

晩御飯は、ホテルから一番違い居酒屋さん。

金太

ほんとにホテルから目と鼻の先です。

 

 

地元の人も通うお店っぽいですね。

この日は、おかみさんが料理を作ってくれたんですが、、、

これがね、、美味しいんですよ!

 

 

ちょっと名前を忘れたんですけども、、、

尾道名物っぽい食べ物いっぱい食べました。

 

もう自転車で体力削られまくってて写真も撮れてません。。。

 

 

普段なら絶対にメニュー表を撮るんですが、、、

もう脳みそが稼働していない状況でして、、、

記録できておりません。

 

お許しを。

 

ただ、店内のメニュー表に関西の人なら、、「これなに?」って名前のメニューがあります。

なんか魚のすり身をフライにしたような、、もの。。。

「がんす」やったかな?(間違ってたらすいません)

なんかそんな名前のやつを食べました。

 

これも美味しかったなぁ〜♪

 

 

馬肉も食べましたよ。

なんせ、美味しくいただきました。

 

その後は、ホテルに帰って、、、死んだように眠りました。。

 

翌日、、、「千光寺に行こうか」なんて話していましたが、、、

すぐに尾道を離れました。

千光寺もまたの機会に行こう!

これはね、、、もう今回の旅の流れをツアーにできるんじゃないかと思うほどのクオリティーだったので。

 

もうちょっと涼しくなったら、、、さすがに8月とかは、、、

暑過ぎて無理。。。

 

10月とか11月になったら最高だと思うんだ!

◆プラン①◆
金曜日出発岡山散策→土曜日しまなみ海道→日曜日千光寺参拝して帰る2泊ゆったりプラン!

◆プラン②◆
土曜日出発、朝尾道到着すぐしまなみ海道→日曜日千光寺参拝して帰る1泊プラン!

◆プラン③◆
土曜日出発、朝尾道到着すぐしまなみ海道→泊まらず帰る日帰りどうでしょうプラン!

 

ぜひ、一緒に行きましょう!

 

 

最近、高速道路のPAに入ったら、ハイウェイ記念スタンプを集めてしまいます。

なんかこういうのって集め始めると、集めてしまいません?

ちなみに、こちらの吉備スタンプは日本一って書いてるし、桃太郎ちゃんにもほんのり躍動感があっていいですよ♪

 

ぜひ、またいつか、一緒に行きましょうね♪

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31