『大阪エヴェッサ vs 京都ハンナリーズ Game2』 – 守口市民体育館

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク

エヴェッサ

今日勝てば、8連勝!

京都ハンナリーズに2連勝なるか!?

プレイオフ出場は決まったけど、アナウンスしなかった。

だって目指してるところはそこじゃないもんな!

エヴェッサ

ボール取りゲーム、、、

京都ブースターさんはちゃんとわかってた(笑)

ほんとに、、、おそらくあの会場にいたみんなが彼と同じことを叫んだだろう、、、

「(大人が)取るんかぁ〜い!!!」って(笑)

でもなかなか面白かったです♪

エヴェッサ

さて、、今日も僕はこの京都の大応援団!

このブースターさんと戦うことになるわけです。

いやいや、、、試合開始直前のブーストを聞いて、やべっ、、、ってなりました。

さすがに昨年、僕らのカンファレンス1位通過したチームのブースターだ。

”俺たちが一番だ”

そんな風に聞こえてくる。

 

僕の背番号2012、、、2012年から積み上げてきたもの。

ここで勝負する時だ!って覚悟を決めました。

エヴェッサ

試合は1Qスタートダッシュを見事に決めた京都!

2Qで得点を詰めるも、なかなか縮まらない7点。

そして、イージーに見えるシュートも決まらなかった。

ディフェンスがいいチームにとっては、きっとイージーに見えて、そうじゃないんだと思う。

エヴェッサ

一方で、京都はインサイドのパスもあれば、アウトサイドも決めて来る。

印象としては、それぞれがしっかりと自分の仕事をして相手を崩すチーム。

なので、勢いに乗ると止められない。

しかも、貫禄がある。

エヴェッサ

その中でも、、、#18 相馬の負傷はきつかった。

アウトサイドの仕事人だけじゃなく、彼は頭もいい。

そこが抜けるとなると、フォーメーションもふまえて大きく変わってくる。

エヴェッサ

しかし、その穴をしっかりと埋めたのは、、、#9 綿貫!!!

アウトサイドはもちろん、アタックのあるディフェンスを見せた!

エヴェッサ

最後の『Man of the Match』では悔しさを言葉にした。

もっと聞きたかったけど、、、「いろいろ悔しい…」と語った彼には、古巣、京都の記憶がよぎったんだと思う。

なんだろうな、それ以上、聞くのをやめました。

 

試合終了の挨拶と同時に、ブースター同士、エール交換が始まった。

なんだか泣きそうになった。

正直、今日の試合はものすごくきわどいシーンが多かった。

荒れそうになった瞬間もたくさんあった。

その時、みんなからでたのは、ヤジではなく、ブーストだった!

エヴェッサ

ぶつけ合ったほうが、盛り上がるということも間違いじゃない。

でも僕は、いつもこう考えてます。

 

熱くなったもんが勝ち!

熱くなり過ぎた方が負け!

 

はっきり言いますが、これは選手も同じです。

だからこそ、会場に足を運んで、その雰囲気の中にいないとわからないことがあるんです。

結果だけみて、あーだこーだ言うなってーの!!!

 

この2日間は間違いなく素晴らしい試合で、そして、素晴らしい会場の雰囲気だった。

集まってくれたブースターのみなさん本当にありがとう!

エヴェッサ

大阪エヴェッサ 64-75 京都ハンナリーズ

1Q 大阪 9-20 京都
2Q 大阪 16-12 京都
3Q 大阪 16-18 京都
4Q 大阪 23-25 京都

ローレンス・ブラックレッジ 14Pts/4Rbd/2Ast
並里成 13Pts/5Rbd/2Ast
綿貫瞬 12Pts/5Rbd

エヴェッサ

「たつをのおかげで気持ち良く応援できてるよ、ありがとう!」

「大阪とはプレイオフであたりたくない!」

「あの頃が嘘のように成長したな!」

いろいろお言葉をいただきました。

 

うーん、僕は運営陣の言うこときかないし、決まったことをするの苦手だし、、、

チームからしたらややこしい人やと思うんですよね(笑)

でも、こんな僕のわがままを聞いてくれるスタッフに感謝してます。

 

そして、今日、僕の恩師に言われた。

「成長したな!」

これが一番嬉しかった。

何かを教えてもらったわけじゃないし、一緒に仕事をしたこともない。

でも、僕は恩師の一言でこのアリーナDJの芯だけはブレずにやってこれてます。

 

今日はボロボロなったけど、、、感極まる1日になりました。

まだまだ頑張れるな!

 

今日もたくさん応援してくれたみなさん、本当にありがとう!

絶対!てっぺん行こうな!

 

次のホーム戦もみんなよろしくね♪

 

両ブースターのみなさん、、、お酒の飲み過ぎも注意ですよ(笑)

ふふふっ♪