アンヘレスのレンタルバイクの借り方ともしもの時の対処法!

クラーク(アンヘレス)
スポンサーリンク

アンヘレスでバイクを借りてみよう!

レンタルバイクを借りて、街中を走ってみよう!

フィールズアベニュー沿いにある、『2Mj』というお店。

インターネットカフェらしいですが、バイクのレンタルもやっております。

 

値段を聞くと、1日300ペソだと話す。

この用紙に必要な情報を書いてくれと、ぶっきらぼうに渡される。

そして、パスポートと、僕の場合は国際免許を提示する。

すると、、、今の時代ですね、、、

スマホで写真を撮って登録を済ませる。

あとは借りた時間が13時だったとしたら、、、翌日の13時にバイクを返却すればいいだけ。

デポジットを言われるので、必要な金額だけ入れておくといいでしょう。

ヘルメットは必要なだけ店内から借りれます。

まぁとにかく店員さんのやる気がないのが気になりますが、、、

それはそれで、、、よしとしましょう。

バイクを借りました。

SUZUKIのバイクです。

スクータータイプにしました。

バイクを手に入れるといろいろなところに行くことができます。

いろんなショッピングはもちろんのことながら、、、どこにでも。

この国の文化に触れてるようで非常に楽しいです。

 

ただ、車はあらゆる方向から出てきますので、そこだけは気をつけてくださいね。

あとクラクションは鳴らしまくってください。

「ここにいるよぉ〜」って合図ですから!

鳴らすの慣れてないと思いますけど、しっかり鳴らしてください。

 

そして、右側通行ですので!

しかしながら、、、ここは海外ですから!

楽しいことばっかりじゃありません、、、だからこそ海外なんです!

事故には気をつけてください。

 

そして、事故以外に怖いのが、、、

故障です。。。

僕もこれに当たってしましました。。。

エンジンがかからなくなるというやつですね。

セルが全く作動しなくなるってのは案外想像はできてたんですが、、、

キックでもエンジンがかからなくなると思ってなかったので、マジで焦りました。。。

 

スーパーに行った時にも一度、エンジンがかからなくなったんですが、、、

車体を揺すって、、、動かしてから、キックしたらかかったんですよね。

これで難を逃れたんですが、、、悲劇は繰り返されるんです。

 

いよいよキックしてもエンジンがかからなくなったんですよね。。。

これは困った。。。

どうしようもないんです。。。

だって、連絡しようにも電話できるものもない、、、あと言葉も喋れない。。。

あなたならどうしますか??

 

そうです、、、僕なら全力で誰かに頼ります。。。

近くにあったホテルまで押して行って、、、

「レンタルバイクが故障した、、、こちらに借りてるんだが、連絡してもらえませんか?」とお願いすると、快く助けてくれた。

そして、「あと少し待ってて!ここに迎えにくるから」と僕に伝えてくれた。

これは助かったと思って、受付前で待たせてもらった。

30分…

1時間…

1時間は…

まったく担当の人は来てくれない。

もう受付のお姉さんとお話するネタもない。

こうなったらと、、、チョークを全開に開けて、、、

まずバッテリーはウインカーが点滅するので、問題なし!

こんなことを書いてますが、僕はエンジンについてまったくのど素人ですし、、、

自分がバイクに乗ってた時の経験だけで話をしていますが、、、

そうです、、、自分なりの必殺技を試すだけです。

 

まずバッテリーのチェック!

バッテリーはウインカーがちゃんとついてるので良しとしよう!

 

ってことで、、プラグは僕にはどうもできないのでスルー!

あとは、車体を揺らしまくり、動かしまくり、、、でキャブレターでしたっけ?

なんか綺麗にしないといけないやつ!

とにかく揺らしまくる!

 

んでから、まずはひたすらキック!!!

キックしまくったらね、なんか引っかかるところが出てくるんです。

なんでかは知りませんけど、、、なんかカクっとなる部分があるんですよ。

そこがわかったらまず、そこまで軽く踏み込んで、そこから一気に下までガンっと蹴る!

しかも、その時にセルのボタンを押しっ放しにした状態で蹴る!

 

そしたらさ、、、そしたらさ、、、

ブルーーン!!!

かかったんですよ!!!

この方法でいけるんやったらもっと早くやったらよかったと、、、

その代わり、この灼熱の太陽の下、、、もうほんまに倒れるかと思いました。

 

でも、もし、僕と同じようなことになった人がいたら、、、やってみてください。

この方法で僕は回避できましたから。。。

 

そして、お店に戻って、、、こんなことを言いました、、、

「さっき連絡したら、すぐ来るって言うてたのになにしてんねん?」って。

そしたら、「11時にボスが行くって言ってたよ!」って。

 

「なんで3時間後やねん!」

 

言葉は通じませんが、気持ちは汲み取ってくれました。

でも「これからはちゃんと整備しておくよ!」って話していました。

整備してないんかいっ!って突っ込みそうになったけど、やめといた。

今回思ったことは、、、

海外で何かをレンタルする時は、それに関してちょっとだけ知識を持ってる方がいいなってこと。

さすがに無知で挑むと、結構な時間を取られるし、対応がのんびりしてる。

いや、日本が素晴らし過ぎるだけか。

こっちに日本の常識を当てはめてしまった自分が悪いと反省。

整備してないのもきっとこっちでは普通のことだと思う。

それをまた上手く乗りこなすのも、日本にはないテクニックなんだということも学んだ。

 

便利でよかったこと、、、

便利すぎて気付かないこと、、、

 

海外に来ると、そんなことが痛いほど感じれる。

無駄な時間を使ったように思ったけど、僕の人生にとってきっと大切な時間だと。

日本は便利だし、いろんなものが揃ってるし、綺麗だしね、、、

だからこそ、どこの国よりもクレーマーが悲惨なほどに多い国だということも知っていてほしい。

僕もそのうちの一人だと思われてしまったなぁ〜と。。。

結論、、、次来た時も、このお店でバイクを借りようと思った。

そんなバイク体験でした。

 

やっぱり海外はいいな♪