アンヘレスのカジノでの注意点!(ドルとペソが優遇され過ぎ)

クラーク(アンヘレス)
スポンサーリンク

アンヘレスでのカジノ!

『PAGCOR Angeles Casino』ってところに行きました。

泊まってるホテルから一番近いカジノです。

えっと、、何回行ったかわからんくらい行きました!

 

その結論、、、スロットはするな!テーブルに行け!

 

これがここのカジノの攻略かなって思いました。

写真が撮れないので、文字に起こしますが、、、入場ゲートをくぐると、、、

持ち物チェックがあり、すぐど真ん中にステージがあります。

そのステージを挟んで両サイドにスロットマシンがあります。

出てるのは、このステージから見える台のみという印象で思っててください。

 

あとはクレジットを見て歩き回ってましたが、、、そこまで大きなクレジットを持ってる人も少なく、、、

払い出しの画面では端数ばっかり、、、

そうとう吸われてるなっていう印象でした。

大きくBETできる人であれば、、、跳ね返りを期待できますが、、、さすがに時間とタイミングが命になるので、かなりハイリスクかなぁ〜と。

 

そして、エスカーレーターで2階に上がれます。

すぐBINGOかな?それを購入できるところがあって、これは間違ってたらごめんなさいね、3000ペソで参加できるのかな?

さすがに買ってないのでなんとも言えない!

この2階は基本的にはテーブルゲームばっかりで、こっちはかなり戦えます。

のんびり賭けるってタイプには向いていない感じはしますが、僕は自分のペースは崩したくないので、バカラで3回落ちてからが勝負!

3回落ちるまではミニマムBETで遊んで、3回落ちたあとの4ゲーム目からは2乗BETします。

これで少しずつ勝ちを積み上げていきます。

ただし、この方法は資金があってこそのやり方。

 

このカジノではそれが非常にやりにくいことがあります。

それが換金問題!!

各国のカジノではたいてい、カジノ内で換金ができるんですが、、、

このカジノ内ではドルのみなんですよね。

日本円に関しては、「Outsied!Bank!」って言われます。

すぐに換金できないので、あらかじめ換金をしておく必要があるんですよね。

こうなると日本円でキープしておくことができなくなるので、心理的にかなりフリになります。

意味わかるかな?

まぁカジノに行ったらわかると思いますが、日本円でキープしてる方が使い込んでしまわないってことです。

 

ということで、、、僕も換金に困ったので、ここに換金所の場所を書いておきますね。

これが昼間のカジノです。

この建物に入る時は、これを見た左手から入っていきます。

それがこちら!入り口です。

ってことは、、、ここから出てきたということで説明しますね。

ここからまっすぐ出てくると、、、目の前に見える景色が、、、

これです。

大通り沿いにカジノがあるってことですよね。これを左に曲がります。

左に向くので、、、先ほどのカジノの看板が左手に見えます。

このまままっすぐに進みましょう。

簡単ですよ、、、ひたすらまっすぐに進むと、、、

こんな感じになります。

見えますか??

Money Changerという看板があるんですよ。

これをみたら、、、左手にあると思います。

入り口はこんな感じです。

ちょっと怖い感じします?

怪しい感じがすると思ってますよね、、、

この中、、、かなり、、、

怪しいんです。

海外の換金はだいたいこんな感じのところが多いですね。

日本円だよって伝えると、レートで説明してくれます。

空港で.4643でしたが、、、

ここでは.4712くらいになります。

少し、街中の方がお得かなってところ。

ここで換金を済ませたら、、、

また戻って、ひたすらカジノです☆

朝も昼も夜も、、、カジノですよぉーーーー!!!

 

夜中にホテルに戻るとか、、、そんな時は気をつけてくださいね。

トライを呼んで帰るのも安全な方法かなぁ〜って思います。

それはおまかせしますが、、、くれぐれも夜道の一人歩きは気をつけてください。

僕はあんまり怖くなくなりましたが、、、。

 

ということで、、、カジノの結果ですが、、、

これでご判断ください!!!

ほほほほっ♪

カジノはやっぱり楽しいなぁーーー!!!

 

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

クラーク(アンヘレス)



たつをブログ