2024年度のラテベースのまとめ買いスタートしました♪今年の特典はキャニスター☆

『てこわんグランプリ』が開催されMCしてきました!グランプリ賞金が100万円、印税最低補償額が500万円!特別ゲストは南野陽子さん!全てが凄すぎるやん!

イベントMC
スポンサーリンク
たつを
たつを

やっぱり賞レースって独特の雰囲気でしたよ
テレビでも放送されていたみたいで♪
MCしてました、たつをです

 

M-1グランプリや、R-1グランプリなど、、、

そのほかにもいろんな賞レースってたくさんありますよね。

優勝賞金も1000万円とか!!

とんでもないですよね?

 

ただ、やっぱりそういうのって、突出した能力というか、、そういうのが必要じゃない?って感じません?

漫才なんかやれっていわれても、あんなん絶対に無理やん!!

 

そう考えると、賞レースでグランプリを取るってそう簡単なことじゃないわけですよ。

 

 

そんな中、、そんな時代に、とんでもないグランプリが復活した!

お好み焼きの『ゆかり』が企画した、『てこわんグランプリ』なんです。

曽根崎に本店のある、あの『ゆかり』さんが、お好み焼きの新レシピを賭けた戦い!

 

今回、グランプリを獲得した人のレシピが実際にメニューとして、5年間販売されるんです。

それだけでも嬉しいのに、、、

これ印税契約するんですよ。

すなわち、売れたら売れるだけ、印税が入ってくるってやつ!!!

すごいやんか!!

 

 

さすがにファイナルですよね!

審査委員の面々もとんでもないラインナップになってますよね。

ゆかりの社長はもちろんのこと、コナモン協会の会長に、辻調の先生、インフルエンサー!

さらに特別審査員として、、

 

 

南野陽子さんがキターーーー!!!

僕、なかなかゲストさんにお写真撮って欲しいってお願いしないようにしているんですが、、

さすがに今回は、撮らせてもらいましたよ!!

そりゃ〜そうですよね?

僕、間違ってないですよね?

 

 

会場は2会場用意されていて、、

実食などは『ゆかり』の店内で行われ、その後、発表会場へ移動!

審査員だけ残り、そこからファイナル審査に入り、、、

結果が、発表会場に届くというもの。

 

 

全国から、1231通の応募があり、、、

一次審査、、二次審査を通過して、ファイナリストに選ばれたのがこの5人!

ほとんどが主婦の方で、3番の札をかけている人が、いわゆるお好み焼き屋さんを経営している人。

しかもこの人、熊本から応募し、来られています。

 

もうこの5人に残るだけで、どのくらい?

0.4%くらい?

計算間違ってたらすいませんけど、、、こんな確率ですよ!

 

さらに、この5人のうちから1人が選ばれるってことは、20%ですよね。

ってことは、1231人の中から1人選ばれるのは、、0.1%ですか?

いやいやいやいや、、とんでもない確率やんか!

 

 

スタートの合図とともに、お好み焼きが焼かれていきます。

実際、参加者が準備するのは、レシピのみ!

焼くのは、抽選で決定した、『ゆかり』の各店の店長さんが直々に焼いてくれます。

これによって、焼くというテクニックで左右されなくなります。

レシピでの対決になるわけですよ!

 

 

実際の会場の雰囲気はこんな感じ。

メディアの方々もたくさん入られていますし、審査員も焼き上がる時間や、、、

見た目やネーミングでも判断されます。

 

 

エントリーナンバー1番!

美味しそガーリック焼!

 

しそか!!お好み焼きにしそね!!

 

 

エントリーナンバー2番!

海鮮風味の和のパビリオン焼!

 

万博も近いですからね。

しらすを人に見立てて、集まってるような雰囲気にしたみたい。

 

 

エントリーナンバー3番!

極-KIWAMI-!

 

熊本からやって来られました。

ピリ辛にガーリックだもんな、リピート率高そう!

 

 

エントリーナンバー4番!

浪花濃いっ!しぐれ!

 

ネーミングのこだわりもいいですよね♪

 

 

エントリーナンバー5番!

なにわ背徳やき!

 

人生、分かっていても背徳感が欲しい時ってあるんですよね!

 

 

必ず、2枚焼きます。

1枚は審査員の試食用、もう一枚は、見た目をチェックする用。

 

まぁ店長が焼くので、焼きミスなどはありません。

さすがですよね。

 

 

見た目のチェックが終わったら、カットされ、審査員の試食へと。

これ、審査員のみなさん、審査するの難しかったと思うなぁ〜。

もちろん、僕も食べてないですけど、、

どんな審査だったんだろう?

 

実際、僕、ファイナル審査の時は、発表会場の方へ移動していましたからね。

 

 

緊張感の高まる、待ち時間でした。

発表は、特別審査員の南野陽子さんから!

結果の書いた封筒が渡され、、、リアルにそこでカットして、中身を確認します。

そして、ドラムロールが流れ、、、南野さんから、、、

 

グランプリは『なにわ背徳やき』です!

 

会場からは大きな歓声と拍手が送られました。

そして、ステージの上では、賞金100万円が送られます。

驚いたのが、そのステージで、印税契約のサインが行われました。

その印税契約の最低補償額の500万円が送られました。

すでにこの時点で、600万円を手に入れたことになります。

 

さらに、ここから5年間、売れた分の5%が印税収入として、送られます。

仮に、『ゆかり』の1番の人気メニューくらい売れるようなことになれば、、、

3000万円を超える計算になるそうです。

とんでもねぇ〜な。。

 

大興奮のまま、『てこわんグランプリ』は終了しました。

台本もないまま、突然、声をかけてもらって決まった仕事のレベルじゃないくらいの現場でした。

 

このイベントのプロデューサーいわく、、、

応募総数やメディアの盛り上がりもあって、、

「たつをや!たつをを呼べ!このイベントは盛り上げが必要やねん!たつをを呼べ!」

この一言で、僕、、決まったんですけどね。

 

 

それにしても、南野陽子さんとご一緒できたのも奇跡的に嬉しかったですし、、、

このお好み焼きTシャツをこの日のためにAmazonで買いました。

翌日に届くという素晴らしいAmazon様に助けられました。

 

さらには、『ゆかり』で働く者にしか袖に手を通すことが許されない、ハッピを着ることができたという喜び!

もうハッピーしかなかったです。

 

 

そのまま『ゆかり』で打ち上げではないですけど、、

お疲れ様会をやりました。

なんかグランプリをとった人の話で持ちきりでした。

 

人生変わりますよね?

 

 

グランプリを取ったあと、すぐに生放送に出演する!

ほんまにM-1みたいですよね。

 

その番組内でも賞金の使い道のお話をされていましたが、、、

「大谷翔平くんが好きなので、LAに応援に行きたい!」って。

もうぜひ、レシピ持っていって、グランプリのお好み焼きを食べてもらって欲しいくらいです。

 

 

ところで、その背徳やきってやつ!

どんなもんなの?って思いません?

実際にメニューとして並んで食べられるのは、7月からでしたっけ?

もう少し先になるんですが、、、

 

 

せっかくなので、1口だけ食べさせてもらいました。

食べた瞬間、口の中に広がるのは、食感なんですよ。

天かすでカリッと焼き上げてるので、カリッとして、そして、中はお餅とクリームチーズでふわっとモチっと。

最後まで残るのはお餅なんですけど、そのお餅が甘味をしっかりと閉じ込めて、その後解放する。

 

あとは、このたまごですよね!

もうね、ネーミング通り、、、背徳感が凄いです。

でも、、美味しいよね!!

これは食べたくなりますよね♪

 

ぜひ、発売されたら食べに行ってください。

そして、「背徳ください!」と欲を解放してください♪

 

 

僕はレインボーアイスで〆ました。

 

なんかね、今回のこともそうなんですが、盛り上げのイベントMCにたつをを呼べって言うてくれる!

これは本当に嬉しいです。

もちろん、こんなすごい現場でやらせてもらうことは嬉しいんですけど、、、

プロデューサーのイベントへの愛情を感じますよね?

絶対に盛り上がったいいイベントにしたい!って。

僕もこの起用のされかたすると、期待に応えたいって思いますし。

 

次回、開催されるのは、早くても5年後ってことですよね?

今度はMCではなく、レシピを作って応募しようと思いました。

みなさんもぜひ、その日、X DAYに備えて、レシピ考えておいてくださいね♪

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31