5年目の3月11日 岩手県大槌町にて

東日本大震災
スポンサーリンク

大槌町高台

昨年に引き続き、今年も大槌町の高台で14:46を迎えます。

なんだかここに立って眺めてると、寂しくなります。

そして、泣けてきます。

未来はどんな風になってるのかな?

そんなことまで考えてしまいます。

大槌町高台

お墓参りのかたもたくさんおられました。

それでもちゃんと見つかって、遺骨などが入ってる人は少ないわけで。

それでもお墓なんですよね。

大槌町高台

街は変わってしました。

あくまで僕目線ですが、もう街とは呼べません。

この嵩上げ正解だったのかな?って思ったりもします。

 

 

いろんなことを考えながら、14:46

手を合わせました。

一緒に手を合わせてくれたあなた、本当にありがとう。

あのサイレンの音はズシンときます。

胸の奥の方をえぐられたような音がなります。

 

そして、記憶がよみがえります。

大槌町高台

ちょっと時間があったので、この高台を歩いてみた。

津波が来た時、この高台の崖を高校生の子たちは登ったんです。

ドンとゆれてからすぐじゃなかったのが怖いですよね。

大槌町高台

一人、お墓の前で泣き崩れてました。

大槌町高台

もう枯れてしまってる花もありました。

 

大槌町高台

空にはカラスが飛んでます。

大槌町高台

本当に大きなお墓です。

津波が来ても大丈夫なようにこの場所だったのかな?

大槌町高台

あれからずっと海を眺めてくれています。

 

そのあとは、旧大槌町役場へ

岩手県大槌町

昨年同様に、バリケードがあり、中が見えにくくなっています。

僕はいい意味で何も感じなくなってました。

慣れたのか、、それとも、僕たちにはわからないことなのか?

岩手県大槌町

大槌町の人とお話しをさせてもらいましたが、これをみたら思い出してしまうから見たくない。

そういう人もいれば、置いておくべきだと話す人もいる。

いろんな想いが交差しています。

岩手県大槌町

みなさん手を合わせていきます。

岩手県大槌町

たくさんの想いが届けられています。

岩手県大槌町

作った頃より犠牲者の数は増えています。

岩手県大槌町

お花もたくさん届けられます。

岩手県大槌町

メッセージもたくさん届きます。

岩手県大槌町

あの頃と変わらずに、時が止まったようです。

建物の中は残骸だらけです。

旧大槌町役場前

裏側に回ってみました。

旧大槌町役場前

やっぱりひどいですね。

旧大槌町役場前

どうなるのかな?

大槌町旧役場。

嵩上げ対象の場所ですからね。

旧大槌町役場前

今日も報道の方がたくさん来られてました。

このお母さんと娘さんは、すごく離れた場所から手を合わせてました。

ちょっと声を掛けさせてもらったんですが、、、

近くに行って手を合わせたいけど、テレビがいるのでとのこと。

 

テレビはきっとそのありのままを伝えたいと思って、この場所を選んでるわけです。

それはそれで、伝えようとしてるんですよね。

別にわざとしてることじゃない。

でも少しだけ配慮いただけたら嬉しい。

 

伝えるというのは本当に難しい。

だからこそ、まず思いやりを持つべきなんじゃないかなって思う。

大槌町高台

なにより今年も訪れることができてよかった。

なにもなくなったこの場所で、たくさんのことを感じることができます。

 

「生きていくこと」

「大切なものを大切にすること」

そして、、、

「日常」

 

当たり前のことが、とても強いんですよね。

来年もまた必ず、この場所に来たいです。

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

東日本大震災



たつをブログ