『THE LAST OF US PART2』の相関図があればわかりやすい!と思って作ってみたんだが…

ゲーム
スポンサーリンク

PS4で話題のゲーム『THE LAST OF US PART2』にどっぷりハマっておりまして、、、

少しずつゲームを進めております。

前回までは、エリーの物語として進んでいましたが、、、

ここまでを振り返る『THE LAST OF US PART2』そして、今夜、テレビ局へ潜入!
『THE LAST OF US 2』のゲーム配信やっています。ここまでのストーリーをまとめたものと、今日挑む場面を書いています。ラスアスしている人にはネタバレ含みますが、チャンネル登録して一緒に戦っていただければと思います。よろしくお願いします。

これが急展開して、アビーの目線での物語が始まった、、、いや、始まってしまった。

 

これによって、いろいろな疑問点が明確になってきた。

ただ、ライブ配信を観ていただいている人から、そろそろ相関図が欲しいというリクエストを受けまして、、、

僕がなぜか作ることになりました。

大きく分けると、、、

・エリーがいるジャクソン村部隊!
・アビーが所属するWLF!
・ただただ可哀想な感染者達
・まだ謎だらけスカー?

こういう相関図になる。

前回の続きから軽く説明すると、、、

エリーは感染しないという唯一抗体を持っている女の子、、

世界を救うためにエリーの命と引き換えにワクチンを作ろうとした医者がいた。

エリーの親代わりのジョエルは、その医者を殺し、エリーを助けた。

そんな背景がある。

そのエリーから見れば命の恩人とも言える、、ジョエルが、、、

アビー達によって殺されてしまった。

目の前でジョエルが殺されてしまった、エリーはジョエルの敵討ちを誓い行動に移す!

ジョエルの敵討ちを誓ったのは、エリーだけじゃない!

弟のトミーもまた単身でアビー殺しを誓い動くことになる。

 

エリーはとりあえず、トミーと合流し、仲間となってアビーを殺そうと考えている。

そんなエリーは、、、アビーに復讐の念を抱いて、シアトルまでやってきた。

もちろん、まずはトミーと合流することが目的!

最終目的はアビーを殺すこと?

アビーはWLFに所属し、たくさんの仲間がいる。

実際にジョエルを殺した時も仲間で行動していた。

 

その仲間をエリーは次々と殺していく。

殺しては、次の居場所を聞き出し進んでいく。

ただし、忘れてはいけないのは、、、

敵はWLFだけじゃない!

感染者もまたただただ、誰からも恐れられる敵ということ。

とにかく怖いです。

感染者にも感染度合いや特殊変化によって、異なってくる。

ランナーやストーカーは目が見えるので、敵を発見しては、走ったり奇襲をかけたりして襲ってくる。

 

クリッカーは目は見えない、、、だが聴覚が非常に発達している。

さらに防御力も上がっているにもかかわらず即死攻撃をしかけてくる。

ブローターやシャンブラーに関しては、、、

防御力は高く、とにかく硬い!

火やショットガンを使わないと倒せない!

とにかく強い、、、怖い、、、近づかないで!!

僕はこの2種類は、、基本的にドクドクちゃんって呼んでます。

そんな戦いの中で、車で沈没して死にそうになることもあった、、

さらには、、、謎のスカーまで襲ってきた。

セラファイト、、、これがスカーなのか?

現段階では謎だらけ、、、。

口笛を吹いて、弓を撃ってくる。。。

苦しめられました、、、この弓とピーピーに。。。

 

そして、エリーはアビーの仲間(ノラ)を捕まえて、アビーの居場所を吐かそうとするも、、、

仲間を売ることはできない、、、

目の前で感染していくノラを、エリー自らの手で殺す、、、

殺してあげたのだった。

エリー自身は抗体持っている、、、私の命をあの時、ワクチンのために捧げていたら、、、

この世界は変わってたんじゃないだろうか?

今、私(エリー)が生きていることが本当によかったんだろうか、、、。

 

そう思わせるシーンが感情を巡る。。

それでも親代わりのジョエルを目の前で殺されたエリーの想いは変わらない。

とにかくアビーを求めて、、、トミーと合流すれば何かが変わると信じて、、、

進んだ。

そして、水族館で、マリーとオーウェンを発見する。

アビーの一番誓い仲間に出会えた。

ノラに続き、、、抵抗してきた2人を殺すしかなかった。。。

マリーとオーウェンを殺すも、、、アビーの居場所を聞き出すことができなかった。

この時点で、、、エリーはアビーの大切な仲間達を次々と殺す結果になった。

ただ、アビー目線から見ると、、、どうだろう?

あの時、ジョエルを確かに殺した、、、しかし、エリーのことは殺さなかった。

そんなエリーは私の仲間を皆殺しにした。。。

なんとかトミーと合流したエリーは、、、気持ちを落ち着かせた。

そして、一度、拠点としている劇場まで戻ることになった。

体勢を立て直そう、、、

もしくは、、、ジャクソン村に戻ろう、、、

そう思っていた矢先、、、

何者かが、その劇場に奇襲をしかけた。。。

ここで、エリーの親友であり、ディーナの恋人ジェシーが死ぬことになる。

まさかの急展開!

ジャクソン村のパトロール隊のリーダーであるジェシーがエリーを助け、、、

彼のおかげでトミーと合流することができたというのに、、、

次のシーンでは死んでしまっていた。

 

エリー目線でいくと、、、大切な仲間を目の前でまた殺されてしまったという展開。

アビーは怒っていた。

先ほども書いたが、、、確かにジョエルを殺した、、、

しかし、それ以外の人を殺しはしなかった、、、

あの時、生かしたエリー、、、あなたが、私の仲間を皆殺しにした!

確かにアビーの気持ちはわからなくもない。

アビーがジョエルに対する敵討ちをしたことから、、、

その恨みによって、、、自分の仲間が殺されたことになる。

 

アビーが怒るのも当然だ。

しかし、エリーもこの時点ではよくわかっていない。

なぜ、アビーはジョエルを殺そうとしたのか?

そもそもの原因は私なんじゃないのか?という心の動き、、、

とにかく怒るアビー、、、

ここで、物語はアビー目線に切り替わる、、、

 

この時点で、シアトルで過ごした時間は、3日目となる、、、

アビー目線で繰り返される時間軸は、、、シアトル1日目まで遡る。

そもそも、、、大前提として、、、エリーは抗体を持っている。

この抗体をワクチンにできれば、この世界から感染者がなくなり、元の世界に戻すことができる!

たった1人の命、、、

この命を世界のために使うのか?

 

1つの命と考えるなら、もうすでにたくさんの命が奪われてしまっている。

何が大切なのか?

命の重さを考えることになる。

 

しかし、世界を変えるために、、、たくさんの命を救うために、、、

エリーの命を引き換えにワクチンを作ろうとした、、作る決断をした医者がいた。。

その男こそがジェリーだった。

ジェリーはアビーの父親だということ、、、これでアビーの復讐の理由がわかった。

ただ、ジェリー自身も正解が何かがわからなかった。

医者として、これまで失われていった命を助けるには、これが最後の手段だった。

世界を変えるには、この犠牲は仕方がないものだ!という結論だった。

もちろん、ジョエルは子供同然に育ててきたエリーを差し出すはずもない。

自分が抗体を持ってしまっていると、自分の命の理由を考えるようになるエリー、、、。

それでもジョエルはエリーを助けたことを後悔していないと思う。

それがエリーに対する愛だから。

ラスアス2 相関図

ここで改めて相関図を見ると、、、

エリーの命と引き換えに世界を救おうとしたジェリー!

エリーの命を助けたジョエル、、、助けた代わりにジェリーを殺した。

父親を殺されたアビーは、ジョエルに復讐をする!

 

目の前で、父親代わりのジョエルを殺されてしまったエリーは、アビーに復讐を誓う!

そして、アビーを探すためにアビーの大切な仲間達を次々と殺していく。

アビーは父親だけでなく、仲間まで殺されてしまい、その復讐の念をエリーに向けることになる。

そして、現在、物語は、アビー目線でのシアトル1日目。

このアビー編を進めていけば、もしかしたら、エリーとのニアミスがあったのかもしれない。

いや、、この先の物語はわからないが、、、もしかしたら、アビーの行動によって、仲間を救えていたのかもしれない。

その辺のことは進んでみないとわからない。

 

もしこれを読んでくれた人でながら時間があったら、これまでのプレイ動画を観てもらいたい。

【ラスアス2】#2 The Last of Us Part2 物凄い追いかけられるところからスタート!そしてジョエルが…

本当に映画のような物語、、、

結末はまだわかっていませんが、、、とにかく次回の生配信では、、、

おそらく明日、木曜日が濃厚ですかね、、、

木曜日以降、週末にかけて物語はドンドン展開していくと思います。

ぜひチャンネル登録と通知をオンにして、ご視聴いただければ嬉しいです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

この時点で、感じていることは、、、誰も悪くないのに、殺し合いをしているような気がする。

正義は正義として悪と捉えることもあり、、悪にもまた悪なりの正義がある。

目線を変えれば、どちらにも正義があるということ。

一番幸せなのは、もしかしたら、感染者なのかもしれない。。。

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ! https://linktr.ee/tatsuwo31

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

ゲーム



たつをブログ