マカオ・香港で現地SIMを使ってWi-Fi環境を!

2017年版
スポンサーリンク

前回の旅では、Wi-Fi環境を作らず、フリーWi-Fiで過ごしました。

あらゆるところにネット環境があるんですが、不便っちゃー不便でした。

なので、今回は格安でWi-Fi環境を作ろうと。

別に何か調べ物をするとか、サイトを見まくるというものではなく、SNS系の連絡が取れるレベルでいいというのが条件です。

あとは安いってところかな♪

 

なんにしても、海外で現地SIMを使うには、SIMフリーの端末が必要です。

スマホがSIMフリーってのもいいんですが、、、僕はモバイルルーターがSIMフリーです。

 

ずっとおすすめしてる、海外で現地SIMを動かすためのモバイルルーターのおすすめはこちら!

 

海外に行くには必須です。

すでにSIMフリーのルーターを持ってたら、、、それを使いましょう♪

 

そして、今回使ったSIMがこちら。

もう現地で買うというより、Amazonで買っといて、空港に着いた瞬間刺すってやつです。

APN設定すら日本でやって行ってるので、これで一瞬一撃です!

ちなみに、こちらのSIMのAPNは「3gnet」です。

難しそうに感じると思いますが、すんごい簡単です。

せっかくなので、ちゃんと説明しましょう♪

 

香港・マカオ以外って場合は、、、

 

これならたいていの国はカバーされてるので、安心です。

もっというと、日本でも使えるので、日本で設定すれば、そのまま海外で繋がります。

 

SIMフリーモバイルルーターのAPN設定のやり方

まずは設定の画面から下にスクロールして、、、

このAPN設定というところをタップ!

そして、新規追加をタップ!

手動で設定するので、手動追加をタップ!

続けて、APN(接続先)というところをタップ!

あとは各SIMが指定してる、APNを入力する。

この場合は先ほども言いましたが、「3gnet」です。

このように、APN(接続先)というところに入力されました。

続けて、その上のサービス名をタップ!

これは何かっていうと、この設定のタイトルみたいなことです。

選択する時にこれがどのSIMの設定か分からなくならないようにするためだけのものです。

自分がわかれば、なんでもいいってことです。

今回は、「Hong Kong」と入力しました。

香港で使うAPN設定だよぉ〜と今後見てもわかるようにするためです。

登録をすると、、、サービス名で打ち込んだAPN設定が追加されています。

あとはここをタップして、、、

もちろん、選択をタップ!

丸がついたらこれで完了!

ちなみに、Aterm MR05LNはデュアルSIM(SIMを2枚刺せる)なので、SIMを刺した方にこのAPN設定を割り振ってくださいね。

 

簡単でしょ?

モバイルルーターの設定の画面からAPN設定のところに行って、こんな感じで完了です。

まぁ実際のところ、これしなくても自動で繋がるんですけどね(笑)

ただ、これをやってたら間違いなしです!

これで、SIMを刺せばデータ通信だけは空港に到着した瞬間使えます!

 

ちなみに空港とかでレンタルするならイモトのWi-Fiがいいでしょうね。

こちらから申し込めば割引があります。

電波の安定感と値段が結構素晴らしいイモトのWi-Fiですが、、、

僕からすると、結構な金額になります。

 

特にこの香港・マカオの場合は2カ国周遊プランになります。

なので、1日の使用料金はグッと上がります。

 

現地SIMを使うと、、、

エリアは香港とマカオです。

しかも7日間使ってこの値段です。

 

気になる方は、上記をクリックして値段比較してください。

確実に現地SIMを使う方が格段に安いです。

よく海外に行くなら、絶対にお得ですよ。

 

レンタルルーターに関しては使用料金の他に、金額確定寸前に出てくる保険料もかかります。

結果、まぁまぁな金額になるんです。

試してみてください♪

 

とはいうものの、イモトのWi-Fiはかなり優秀だと思います。

値段に対してのネット環境が良すぎる!

僕もお金に余裕があったら絶対にそっちにしますけどね(笑)