【空き缶BBQ】空き缶を2つ使ってアルコールストーブを作ってみるが、、Part2

空き缶アルコールストーブ
スポンサーリンク

空き缶 アルコールストーブ

前回の記事、、、

作る工程は良かったはずなのに、最後で火がつかなかった。

うーん、、、、

空気の抜け道がないのかな?

 

ってことで、、、

 

6、高さを低くしてみる

 

空き缶 アルコールストーブ

アルコールから着火できる位置までが距離があるのが原因ではないか?

そう仮説を立てて、、、

高さを低くしてみることにした。

空き缶 アルコールストーブ

一度、外して、、、ハサミで低く切ってみた。

上下の部分とも短くし、、、

空き缶 アルコールストーブ

1cmくらいにしてみた。

空き缶 アルコールストーブ

はめるとこんな感じ。

なんだかかわいくなったなぁ〜♪

 

このまま着火してみようとしたが、、、火はつかず。。。

またしてもボッと一瞬燃えただけ。。。

 

状況は変わらず、、、か。

うーん、、、それならば、、、空気孔を作ってみよう!

 

7、空気孔を増やしてみる

空き缶 アルコールストーブ

いろいろ調べてみたけど、ど真ん中をくり抜いてるものも多い。

ってことで、、、ど真ん中に空気孔を作ってみた。

空き缶 アルコールストーブ

ここに穴を開けたことで、、、

アルコールが入れやすくなった。

空き缶 アルコールストーブ

アルコールが入っていくと同時に賞味期限の印刷が綺麗に取れた。

 

空気孔を増やしてみて、またもや試験点火してみた。

同じく、ボッと燃えて終わるだけ。。。

うーん、、、

もうちょっと調べてみます。。。

 

この惨敗感、、、すげーっす。。。

すげー悔しさに包まれてます。。。