『八尾河内音頭祭り』

J:COM『J:COM park』
スポンサーリンク

八尾河内音頭祭り

八尾河内音頭祭りの生中継MCをするべく、、、

朝、久宝寺緑地に到着しました。

八尾河内音頭祭り

 

すんげー規模の大きいイベントで、、、

スタッフも朝からてんてこ舞い!

八尾河内音頭祭り

浴衣を着てMCさんなんですが、、、

いやいや、動き回れないやん!なんて思いながら、、、

結局、連に紛れて踊ったりしてました。

八尾河内音頭祭り

しかしながら、、、僕の役割はなんだったんだろうか(笑)

ちゃんとMCできてたんだろうか?

すべてが謎のまま終わりましたが、、、

会場にはJ:COM parkを見てくれてる人をはじめ、たくさんの人に声を掛けてもらいました。

ありがたいです。

 

八尾河内音頭祭り

そして、八尾河内音頭祭りのことならおまかせの松井さんも、いろいろ話してくれました。

知らないことばっかりで、聞いていて楽しかった。

同時に、歴史あるものだからこそ、語り継いで、伝承していかないといけないもんなんだなって感じました。

 

僕も河内音頭、下手くそながら、見様見真似で踊らせてもらいましたが、なんか楽しかった。

下手でも踊れなくても、あの列に加わってやってるうちに体も動くし、それでいいんじゃない?って思いました。

なんでも完成が素晴らしいことじゃなくて、やりたいって思えることが大切なんだなって。

 

途中でウロチョロしていると、、、

「たつをくん、さっき上手に踊ってたやん!?」

「京都から来たんよぉー!テレビ見ててなんか踊りたくなって」

「守口から来たよ!たつをくん踊れてたよ!って言いに」

などなど、、テレビを見て駆けつけてくれた人も沢山いて嬉しかった。

八尾河内音頭祭り

準備の時の櫓はこんな感じで、ガラガラでしたが、本番ではここに人が集まってみんなで踊ってました。

さすがに中継してたので、写真がないんですが、、、。

大人から子供まで、そして海外の方まで、河内音頭からヒップホップまで、いろんなボーダーを越えて楽しんでました。

 

ドンドンドンってなると、、、なんだろうな、体に染み付いた音頭と、盆踊りの記憶。

一気にテンションが上がるんですよね♪

また来年も参加したいなって思いました。

八尾河内音頭祭り

はじめて生中継というのを経験させてもらいました。

しかも、7時間弱。。。

どうなることかと思ってましたが、、、評価もできないまま終わりました。

 

ある方が言ってました。

 

MCというのは、一番最後に来て、一番最初に帰るもんだ。だからこそその責任と努力を怠ってはならない。みんなの想いを発信しないといけない。

 

なんとなく意味が分かりました。

今までリポーターの立場では見えないものがたくさん見えました。

スタッフへの感謝の重さもこれまで以上に増えました。

まだまだだなって思うことばっかりで、、、。

 

でもでも、本当に良い経験をさせてもらいました。

そして、ここにいる仲間に助けてもらいました。

 

本当にいろいろありがとうございました♪