香川の地元民が愛したうどんは打込みうどんだった!

香川編
スポンサーリンク

お昼の記事で書いたんですが、、、

そういえば、香川の人、地元の人たちは、どんな店のどんなうどんを食べてるのだろうかと。

すごく気になりました。

僕らと同じように食べてるのか?

それとも地元の人が愛したうどんがあるのか?

聞いてみた(笑)

地元のことは地元の人に聞けってことで。

すると、彼は「地元の人が食べるうどんは打込みうどんだ!」と。

なんだそれ?

そしたら、夜の時間でも空いてるお店を探してくれた。

そして、わかったのが、、、打込みうどんってのは郷土料理のような感じっぽい。

忠実に書けるかわかりませんが、ニュアンスで感じてくださいね。

 

打込みうどんってのは、昔から家庭で作ってくれていた味らしく、、、

うどんを茹でてから水で締めて、、、って作るのではなく、、、

おなべにそのままうどんを入れて作るらしい。

なので、出汁は白かったり、ちょっと味噌っぽい色をしてるらしい。

この時間に食べられるお店、、、

1軒だけ見つかりました。

そこはうどんやさんでもなく、、、焼肉屋さんでした。

打込みうどん専門店なんてないらしい、、、。

 

ネットでひたすら調べたけど、やっぱり詳細は載っていない。

地元の人からしたら当たり前で、、、そして、専門店もないわけだから、、サイトに情報がでるわけがない。

そうと決まれば、、、行ってみよう!!!!

急遽、タクシーをぶっ飛ばして、、、

焼肉屋さんのなかむらへ。

メニューにありました!

これですね、、、打込みうどん。

キムチバージョンと2種類!

もちろん注文する!

ちなみにほんまに焼肉屋さんでした(笑)

焼肉のタレを見つめながら待つこと、20分。。。

でてきた!

豚汁みたい(笑)

うどんはかなり太いです。

そして、彼が言ってたとおり、お汁が透明じゃなく白っぽいです。

まさにこれだな。

お野菜はごろっごろ入ってます。

でもお鍋でグツグツしてるので、柔らかくて甘みが詰まってます。

お味の方は、特別びっくりするほど美味しい!とかじゃなかった。

うどんはもう間違いなく美味しいんです。

そして、出汁も美味しい。

食べたことない!って感動する味というよりは、なんかわからんけど食べたことがあるんじゃない?って錯覚するような味。

懐かしい味です。

キムチの方はそのまま辛味が追加され、、、

野菜の甘みが引き立ってきます。

麺はうどんなのでよく絡みます。

優しい気持ちにさせてくれるうどんを食べさせてもらった。

郷土料理ってそういうもんやと僕は思ってます。

とびっきり美味しいというより、何か語りかけてくれるような味。

素敵なひとときでした。

さすがにお肉を食べずに帰るのも失礼だなぁ〜と、、、

地元ならではのオリーブ牛を食べることにしました。

するとまた奇跡的に今日から登場する新メニューがありました。

『あっさり赤身の焼きすき』ってやつ。

こういう時は頼んでみる!!!

はい、、、美味しいやつーーーー♪

玉子と食べるやつ、、、はい美味しいやつーーーー。

タレにしっかりとお肉をつけて、、、

そのまま片面3秒ずつ焼く!!!

すぐですよ、、、焼きすぎたらあかんやつ!

それを玉子につけて、、、

はい美味しいやつーーーー♪

とにかく柔らかいです。

全てが甘みでできています。

溶けていくような感覚でお肉の美味しさを堪能できます。

 

はっきり言って、お肉屋さんですから、、、

お肉がメインです。

そして、サブであるのが打込みうどんのようです。

でもこれだってお店の味なわけです。

彼いわく、、、「みんな言うと思うけど、俺のばーちゃんが作る打込みうどんがめっちゃ美味しい」らしいです。

そうだろうなぁ〜♪

 

地元の人が愛するうどんは、、、打込みうどんという名の母の味でした♪