運転免許証更新!(アムロ)行きます!

ブログ
スポンサーリンク

 

「たつを警察署前に立つ!!」

 

(ナレーション風に読んでください)

「運転免許証の更新ハガキが家に届いて、一ヶ月が過ぎようとしていた。僕の周りにもいたが膨大な仕事量を抱えている大先輩は手続きの日が過ぎてしまい、青年の頃から取得し、育てたのだが、その免許証は儚くも死んでいった。架空世紀0031、地球では最も安心であり、ある意味怖い存在である警察は地方公務員を名乗り、地球の平和戦争のために命は張ってくれていた。2ヶ月ある更新期間の一ヶ月あまり、まだ大丈夫!時間はあると総日数の半分を死に至らしめた。たつをはみずからの行為に恐怖した。戦いは誕生日を過ぎ、1週間あまりが過ぎた」

 

 

誕生日が来たということで、、、

僕と警察職員さんとの戦いの日は切って落とされました。

 

そうです!

きっと2年前にも書いたと思うんですが、、運転免許証の更新にやってきました。

覚えてらっしゃる人はいますでしょうか?

 

僕はこの免許更新の際、視力テストは職員さんとの戦いになります。

免許証に眼鏡が必要と書かれたくない!

というより、自分の視力低下という事実を認められたくない!

その想いが溢れております。

いざ、、、免許証更新の場面に経ちました。

書類を提出し、少し待ち、、、呼ばれた!

やるぞ!と立ち上がる。

 

タッチ画面に暗証番号を入れてくださいと。

「暗証番号を入れていただくと、下から紙がでてきますので、それをこちらにお願いします」

うんうん、、、こちらの作業は問題なく完了!

 

そして、、、

「それでは視力検査を行います、こちらからのぞいてください」

 

僕は心の中で思った、、、

「コンピューター管理で操縦ができる。教育型タイプコンピューター。すごい、親父が熱中する訳だ」

 

すると、、、

 

まずは、左目だった、、、

「穴の空いてる方を言ってください」

 

カシャ、、、

 

 

 

c

 

 

 

「見える、、」

「こいつ、、、見えるぞ!」→「右」

 

カシャ!

「同じだ。こいつか!」→「上」

カシャ!

カシャ!カシャ!

「すごい、前回以上のテクニカル プログレスがある」

「やってみるさ」

カシャ!

「これだけか?」

カシャ!

「こいつだ」

 

「それでは反対でお願いします」

カシャ!

「間に合うか?左と、右か」

 

不覚にも右目をつぶってしまっていた僕、、、

すぐに反応できないかもしれない、、、

「うっ、た、立ちあがって」

カシャ!

「きたっ」

カシャ!

「見てろよ、担当の人め」

 

「次は両目でお願いします」

カシャ!

「クッ、た、立ってくれ。…立てよ」

カシャ!

カシャ!カシャ!

「す、すごい」

 

「これで検査は終了です!大丈夫そうですね、ご協力ありがとうございました」

とても親切な対応だった。

「…あれが警察署の素敵な職員さんの力なのか?」

 

ということで、無事に視力検査を終えました。

視力は大丈夫そうです。

よかった。

 

これで絵が浮かんで来たあなたはかなりのガンダムマニアか、、、

僕に勝るとも劣らない妄想族やと思います。

お疲れ様でした。

 

こんな冗談っぽく書いてますが、、、

運転において視力とか判断力って大切ですもんね。

僕も運転は得意じゃないんですが、車の整備とかはもちろんですが、体調管理をしっかりして乗らないとあきませんね。

視力も体調によって変化がありますからね。

年配の方へのお知らせで運転免許返納ってのもありました。

いろんな特典がありますもんね♪

大阪府では、商店街でのお得割引、飲食店の割引、レジャー施設の割引、温泉施設の割引、さらにはタクシーの10%オフとか!

事故する率も増えてるようですから、安心と特典を手に入れるのもいいかもしれませんね。

 

みなさま、運転免許証の更新はのんびりしてるとすぐに期限がきますので、忘れずに更新してください。

そして、日頃から安全運転に心がけましょう♪