『おはよう朝日です』 – 飲食人大学とは?

朝日放送『おはよう朝日です』
スポンサーリンク

飲食人大学

みなさまおはようございます☆

朝からおは朝、、、見てくれて、本当にありがとうです。

 

さて、今日はトレンドエキスプレスのコーナーで出演させてもらいました。

ありがたやぁ〜♪

 

世の中にはたくさんのお寿司屋さんがありますが、、、

実際に、握れるようになるまで、かなりの修行が必要だそうです。

そりゃ〜 お寿司と言ったら、僕らからしたら、ご馳走なわけですから!

そう簡単に握られても、、、ねぇ〜♪

 

飲食人大学

お寿司に限らず、、同じですよね?

僕も飲食店でバイトしてた頃がありましたが、、、

お皿を洗う担当だけで、結構な日数でしたよ。

 

それから、ホールに昇りつめるまでの日々はなかなか努力しました。

 

ずーっと頑張ってたら、厨房なんて夢もあったんでしょうか?

あの頃に厨房とかしてたら、料理とかもできたんだろうな(笑)

 

飲食人大学

この両店舗、、、どちらも福島のお店です。

調べていただければ、すぐに出てくると思います☆

うん♪

 

ぜひ食べに行って欲しいです。

 

ただ、この両店舗、、、厨房に立ってる人は、暦でいうとそこまで長くないんですよ!

実は、、、

飲食人大学

今日の取材先、、、いきなり入ったら料理教室と言いますか、、、

広い厨房でした(笑)

ここに生徒がたくさん集まって、、、授業?実習が行われてました。

飲食人大学

飲食人大学、、、

3ヶ月でお寿司を握れるようにする!

 

これは技術的な部分の話をしてるのではなく、、、

握れるのはもちろん、、現場に立てるようにするってことです。

 

現場に立つというのは、アドリブの嵐です。

 

お客さんとお話しすることも、大切なスキルの一つです。

もっというと、立ち振る舞い、言葉遣い、姿勢、、、すべて、お客さんには見られてます。

 

実際、僕も見てますもんね(笑)

飲食人大学

先生は非常に厳しい!

もちろん、テクニカルなことで厳しいのは当然だと思う。

だって3ヶ月で料理できるようになるんだからね。

それは当たり前として、、、。

 

返事してないことや、会話、さらには、お客さんの気持ちになって考えること、、

料理人、板前として立つ、心構えと責任を、、、コツコツを教えていきます。

もちろん、甘やかせません、、、はっきり言って、厳しいです。

 

でもこれを厳しいと捉えるか、当たり前のことだと捉えるかは、人それぞれ違うと思います。

 

僕は比較的、大好きです♪

飲食人大学

生徒のみなさんには、突然、この素材で、誰とも被らない料理を作って!と言われます。

これ、お寿司屋さんあるあるですよね?

 

「旬のもので何か作って」っていいますもんね(笑)

 

「料理人はその素材で季節を届けるものだ!」

「レパートリーが浮かばなかったやつは、毎晩寝るときにレシピをみる癖をつけろ!」

「時間厳守!」

「いつもお客さんのことを想像しろ!」

 

もう名言が飛び交ってました。

人生を刺戟するロケに参加させてもらってうれしかったです。

 

飲食人大学

これはその時、お題として完成させたもの。

急に言われて、短い時間の中で、、、料理未経験の人が作れるもんなんですね。

いやいや、、、びっくりでした。

 

一つ心残りなのは、、、これ食べてみたかった(笑)

どんな味するんだろうって。

 

ほんとうに素敵なロケでした。

なにがってね、、、やっぱり頑張ってる人、夢を持ってる人は、、、

厳しいさを求めてる。

そして、その厳しさがいつか糧になることを知ってる。

どの世界でも一緒、、、人のせいにしたり、言い訳する人が多すぎる。

僕もまだまだこの部類なんですけど(笑)

だからこそ、頑張らないとって思えました。

プロセスが大事って言いますが、結果も大切です。

もちろん、プロセスからくる失敗という結果も大切。

 

僕も飲食人大学行こうかな(笑)

僕ほど、料理、興味なくてもいいんかな?

面接の段階で落とされる気がするけど(笑)

 

朝から見てくれたみなさま、、、ありがとうございました♪