東北バスツアー1月いっぱいで締め切りますね

東日本大震災
スポンサーリンク

たつを 大槌町

東北のバスツアー、、、

申し込みを頂いてるみなさま、本当にありがとうです。

締め切りしましたら、諸々、経費なども計算して、連絡するようにしますので、もう暫くお待ち下さい!

 

そして、迷われてる方、、、締め切りは1月末となってます。

いろいろ考えてみてくださいね。

もちろん、強制はしませんので。

 

今回は、大槌町の方が僕たちの活動に興味を持ってくれて、、、

もしかしたら、取材してもらえるかもしれません。

あと、ライブはできそうです。

そして、大槌町の方から、時間があるならボランティア活動を手伝って欲しいとお願いもありました。

 

なんだかね、、、僕は嬉しいんです。

 

震災があってすぐ、看護師として現地入りして、、、

僕はなんとかしたいっていろいろ活動しましたが、その時は、「◯◯して欲しい」って言われた記憶がないくらい、僕らの行動に感謝してくれました。

そういうのもあって、僕たちが行った時に、「◯◯を手伝って欲しい」って言われることがこんなに嬉しいとは思わなかった。

なんか5年目にして、僕たちのことを信頼してくれてるのかな?って感じてます。

 

復興も正直、少しずつだと感じてます。

そして、距離を縮める、信頼を深めていくのも少しずつなんだなとも感じてます。

 

現地に行って、一方的に何かをする!

正直、これしかできないと思ってたので、一緒に何かができる!って思うと本当に嬉しいです。

 

僕が被災地で活動してた頃、帰り際に被災した高校生に作った曲がある。

 

”たとえ離れてもどこにいても ひとりぼっちなんかじゃない”

 

必死に歌った記憶もある。

あの高校生ももう成人式を迎えて、社会人になってる子がほとんど。

みんなに会えたらいいな。

バスツアーで行く、みんなにも紹介したいな♪

いつかね、、、いつかそんなことが叶えばいいなって思ってます。

 

あっ、、話が大きくそれましたね、、すいません。

申し込みは、こちらのサイトに飛んでいただいて、申し込みフォームにご記入ください。

よろしくお願いします。

 

ツアー詳細の記事はこちら。

 

バスツアー申し込みはこちらから!

 

なんだかね、、、いろいろ思い出したくて、、、読んでみた。

当時、やってたアメブロにはこんな風に綴ってた。

コピペしときます。

おヒマな時にどうぞ。

 

タイトル『絆』

大槌町被災地にて

ここに来て、、、ホントによかった!

この避難所では、、被災された方もボランティアとして参加してます。

ここでの主力は、、、高校生です。

いつも僕らに元気よく接してくれてる、、、高校生がいます。

荷物を運んだり、掃除をしたり、、、

おばあちゃんの話し相手になったり、、、

子供ちゃんと遊んでくれたり、、

ほんとに頑張ってくれてます。

 

さっきその子達に、、、「こっちに立って」と言われ、、、

立つと、上着を脱ぎ出しました。

するとね、、、Tシャツにメッセージが!!

大槌町被災地にて

もう、、、泣くのこらえるのに必死でした。

脱いでからその子たちの背中にTシャツをあてて写真撮りました。

大槌町被災地にて

裏にもぎっしり書いてくれてました。

これにはさすがに、、、部屋に帰ってから、、、泣きました。

これは反則でしょ!!

何をしていいかわからず、、

何もしてあげれてないと思ってたのに、、、

こんなにたくさんのメッセージをもらって、、、

元気届けにいってるのに、、、

逆に元気もらって、、、。。

ほんまに嬉しかった。

この子達の10年後、、、どうなってるんだろう、、。

想像すると、、、なんだかにやけます。

きっと強く、強く、輝いてると思います。

 

なんか、、、ね、、、言葉になりません。

いつもこの子たちが話すんです。

「毎日、さようならがあるのが辛い」って。

親族や友達を亡くしてることも含めて、、、

ボランティアで入るスタッフもどんどん入れ替わります。

仲良くなったらすぐに入れ替わるんです。

そのたびに、、、悲しい気持ちになる。

 

僕は、、この子たちと接する距離っていうのがとても難しかった。

仲良くしすぎても、、かえってお別れのときに悲しいんじゃないかなって。

最終日に近づくにつれて考えてました。

 

でもこれをもらった瞬間、悩みは吹き飛びました。

僕は、、、ここに来て、、、ほんとによかったと思ってます。

 

正直、、、カップラーメンにも飽きましたし、、

お風呂に入りたかったし、、

岩手県に来たこともなかったし、、、。

でも、想いを一つにした仲間と、、、あたたかい人たち、、、離れてても力をくれるみんな。

僕は、最後にこの子供たちに歌を贈ることにしました!!

『絆』

という曲です。

 

前にライブで歌ったことがあったんですが、、

ここで感じたことを踏まえて、歌詞を書き換えました。

そして、必死になって歌いました。

 

普段歌はうたわないので、、、下手くそなボーカルで頑張りました。

必死に歌って、顔をあげたら、、、

みんな泣いてて、、、。

「ありがとう」って言ってくれました。

また、いつか、ここに戻ってきて、、、

みんなと会いたいな。

本当にお世話になりました。

みなさんありがとう!!!

この先、、、今、以上に、、、苦しいことが待ってますが、、、いつか必ず、、、光が見えます!!

そして、歌詞に書いたように、、、

『たとえ離れても どこに居ても一人ぼっちなんかじゃない』

ってね、、みんながついてます!!!

大丈夫です!!!

だから、、これからも一緒に頑張りましょう!!!

何度も言いますが、、、

本当にありがとうございました!!!

大槌町被災地にて

この子たち、たぶん一日5回は泣いてます!

でもね、、それ以上に、笑顔なんです。

とても強さと優しさを持ってます。

仲良くなった証拠にこんな写真も撮ってみた!!

大槌町被災地にて

高校生もええ顔してます!!

そして、僕もええ顔してます。

右下はまさかの助産師!!

そしてその上は、、僕が一番お世話になった小児科医!!

まさかのダークホースばりの変顔披露です!!

幸せな時間でした。

 

ここからは、完全におまけですが、、、

あまり避難所ではカメラを向けたくなかったので、、携帯で撮った数枚を。

 

まずは僕のお部屋。

化学実験室の机の間です。

大槌町被災地にて

ここに寝袋を置いて寝るわけです。

大槌町被災地にて

寒冷地用のやつやったので、、、朝方以外は耐えれました!

こちらは朝の校舎の様子。

みなさん、起きたら、布団を干してます!!

大槌町被災地にて

初日は何が起こったんかと思いましたが、、、

今では素敵な光景でした♪

そして、こちらはなんでしょう?

大槌町被災地にて

これは寒さ対策が施された、、、お話部屋です(笑)

夜はここで、寝れない子たちと会話してました♪

まぁ正確には、さみしがり屋な僕の相手してもらってました(笑)

ときには、、こんな風にいたずらまでしかけてきます(笑)

大槌町被災地にて

単純やけど、、、意外とびっくりします(笑)

そして、これが僕らの主食です!!!

間違いなくうまかった!!!

大槌町被災地にて

連日はきつかった(笑)

大槌町被災地にて

ただ、塩やきそばを間にはさんだら、、、結構、いけた(笑)

ここで感じたことがすべて僕の人生になりました。

ここで出会った人たちの人生に僕を刻んでくれた人は何人いるんだろう。

きっと、今、必要なものは、、、

『日常』

だと思います。

 

人それぞれの日常、これがどんなに大切なことか思い知らされました。

今、自分たちが置かれている日常は何一つ欠かすことのできない、、

幸せなことです。

僕はさ、貧乏暮らしだけど、夢があって、帰る家があって、そして、日常がある!

これがどんなに幸せなことか気付かされました。

今を大切に、、、

日常に感謝して、、

少しずつ積み重ねたいと。

たぶん、今、何かしてあげたいけど何をしたら?

ってあると思いますが、、

普通の日常を!

僕がしたことは、

会話です。

誰かがいるから会話になるんだと思います。

そんな当たり前のことでいいと思います。

いつか、あなたの力が必要な時がきます!

その時こそお願いします!

そしてその時の為に今の日常を精一杯生きて、

力を蓄えててくださいね!

僕はまだやり残したことがあるから…ね。。。