iPhoneのバッテリー交換と水没反応と戦う!

DIY
スポンサーリンク

iPhone5修理

友達のiPhone5が動かなくなったと連絡あり、、、

iTunesに接続するも、復元までは行くがしようとするとエラー21で進めない。

要するに、起動はするが、設定ができない為、使えない。

うーん、、、いろいろ調べてみたが、動かなくなった原因は、、、、

 

『水没反応』

 

iPhone5修理

もちろん、水没したこともなければ、、、

なぜそうなったのか本人はわかっていない。

 

そもそもiPhoneの水没反応ってのは??

 

一台一台にそれぞれ水没反応ってのがあって、、、

水に濡れると、、、色が変わる部分が実は隠されてるんです。

イヤホンジャックの奥と、SIMカードを取り出したところです。

ここにあるシールがピンクになってると水没反応です。

※ちなみに、水没反応があると下取りしてくれなくなる可能性があるらしい。

 

水の中に落として無くても、、、

加湿器とか、、ポケットの汗とかで出る場合もあります。

たいていの場合、、、水や湿気で基盤が濡れると、、、

回線がショートを起こしたり、、、

バッテリーが熱を発生して、、、動かなくなる。

 

そんな水没反応がでたiPhoneを修理してみた!

まずはバッテリー交換!

iPhone5修理

ってことは、、、原因は基盤のショートとバッテリーエラー。

どーせ動かないなら、バッテリーを交換してみよう!

※ここからは自己責任で♪

 

バッテリーがヘタって来てる人は、、、

バッテリー交換、非常に簡単なんでやってみたらいいと思います♪

1時間もあればできちゃいます♪

 

しかも、どこそこに持って行くより、格段に安いです!

 

バラで売ってるのもありますが、こういうセットを買ってしまうと、、、

楽勝ですね♪

これでも2000円以内ですから♪

 

iPhone5修理

まずは星型のネジを外していきます。

これは普通のドライバーでは合いません。

星型のドライバーが必要です!

この二つを外したら、、、

iPhone5修理

液晶の方に吸盤を貼り付けて一気に引き上げると、、、

ガボッと外れます。

この瞬間、iPhoneにサイドから入った埃がこんもり出てきます(笑)

これを掃除するだけでも気持ちいですよ♪

 

そして、iPhone5は一気に持ち上げてしまうと配線が切れてしまいます。

iPhone4まではスポッと外してしまえたんですが、iPhone5とこの写真の角度で止めてください。

 

iPhone5修理

ちょっと見えにくいんですが、この液晶のパーツと基盤のパーツが繋がってる黒い部分を外します。

青いテコみたいなやつを使うと簡単に取り外すことができます。

ポチって感じです。

それを取り外したら、写真の中央にあるネジを3つ外します。

 

iPhone5修理

すると液晶部分は外れ、、、

そして、3つネジを外した部分は、鉄のプレートが外れ、、、

こんな感じで基盤が飛び出てきます。

iPhone5修理

で、次は下の方に移動しまして、、、

この写真の真ん中、、、このネジを2つ外します!

そしたら、プレートが外れて、バッテリーと繋がってる基盤が登場します。

それを外します。

 

 

バッテリーと基盤を外したら、、、

半透明のなんちゃらonlyって書いてるところを持ち上げるようにして、、、

両面テープかなんかでくっついてるバッテリーを外します。

ほどよく力がいりますので、ご注意を!!!

 

iPhone5修理

すると、、、、ガボッと外れます。

あとはこれを交換させて、、、逆に手順を進めるだけです!

簡単です!

いや、、、ほんまに簡単です!

ぜひ、お試しあれ!

充電が長く持ちますよ(笑)

 

ここまでがバッテリー交換!

 

ここからは、水没反応に対しての攻略法!

実は水没反応があるiPhoneの場合、このままバッテリーだけを交換しても、、、

基盤が濡れたせいでショートを起こしてるので、、、

バッテリーを交換した瞬間、熱を発して、そのまま放電してさらに壊れます!

 

なので、水没反応がある場合は、まずはこちらをやってから、バッテリーを交換してください。

 

基盤のショートということなので、、、

その基盤をクリーニングしていきます!

 

これ、基盤・クリーニングとかで検索するといっぱい出てくるんですが、、、

基本的に、、、
1.静電気禁止!

2.水分禁止!

3.ほこり禁止!

4.衝撃禁止!

って書かれてます。

もう、嫌になるぐらい禁止って書かれてます。

禁止じゃなくて、どうするか書いて!って思うわけです!

 

これを使います!

iPhone5修理

ウェットティッシュ!

これものすげー基盤に優しいんです!

昔、アンプを分解したことがあって、、、

その時に教えてくれた、電気関係の人が、基盤で困ったらこれを使え!って教えてくれたやつです(笑)

 

まずは、このウェットティッシュを乾かします。

もちろん、自然乾燥です。

iPhone5修理

 

するとこんな感じになります。

これを使って、基盤を拭いていきます。

基盤に刺さってるプラグを抜いては拭く、そして戻す!

これをひたすらに繰り返します!

 

チェックの仕方は、ある程度、拭いたら、、、

バッテリーを取り付けてみるんです!

そこで急激にバッテリーが熱くなるようでしたら、、、

もう一度、バッテリーを外して、いろんなところを拭いてみる!

 

とにかくここ?っていうところまで拭いてください。

すると、、、バッテリーを取り付けても熱くならなくなります。

ここまでくれば一気に組み立てていきましょう♪

 

ただ、これ大前提なんですが、、、基盤が完全に死んでたら起動画面にもならないし、、、

熱くもなりませんので。。。

 

最後まで諦めない!

大切にする心を忘れない!

そして、やる際は必ずバックアップを取っておくこと!

あとは、保証対象外となるので、自己責任で!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとお願いします!