20巻【GOGO号外】スペランツァ!後半はこれからが本番

たつをクロニクル
スポンサーリンク

【GOGO号外】スペランツァ!後半はこれからが本番

たつをクロニクル

たつをです。自撮りです=5月17日、高槻市立萩谷総合公園サッカー場

バスケットボールのシーズンが終了し、すぐさま始まったのが、サッカーのお仕事。
足で蹴ったら「キックボール」で反則やった競技から、手をつかったらアカン競技への競技へ…。
手から足へバトンタッチしました。

ということで、このシーズンから女子サッカー・プレナスなでしこリーグ1部・スペランツァFC大阪高槻のスタジアムDJを担当することになりました。

このチームは昨シーズン2部リーグから1部に昇格し、準優勝したワールドカップ(W杯)をはさんで後半戦に入りました。
シーズンでいえば、おもしろくなってくるあたりです。
残念ながら、アウェーだった後半第1戦(7月12日)は、伊賀フットボールクラブくノ一に後半5分を切ってから得点を許し0-1で惜敗…。
1勝1分8敗で順位的には…。でもホンマ惜しいゲームも多かったので、後半に期待できます。何があるかわからないのがスポーツですから。
諦めたらそこで試合終了ですから。

たつをクロニクル

前半最終戦(対・浦和レッドダイヤモンズレディース)のスペランツァFC大阪高槻先発メンバーと高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」(写真左端)=5月17日、高槻市立萩谷総合公園サッカー場

たつをクロニクル

17日に行われる次のゲームもアウェー(ノエビアスタジアム神戸)。相手はW杯でもお馴染みのスターが何人もいるINAC神戸レオネッサです。INACにとっては後半戦初ホームゲームで、“阪神ダービー”ですから盛り上がりは必至!

僕はバスケットボールは「スラムダンク」の影響を受けて、高校時代、休み時間にボールは触ったりしてました。それもあってか、ルールもある程度はわかったのでアリーナDJもすんなり入り込めた感覚でした。
サッカーは「キャプテン翼」の影響は受けたものの、僕には足であれほど巧みにボールをコントロールするのは一生無理と思ったので、全くサッカー経験がありません。なので、正直、わからないところがいくつかありました。

その中でもDJ的に不安やったのが、ちゃんと「ゴーーーール!!!!」って叫べるか。
これがね、案外、不安の種でもありました。
オフサイドの時に叫んでしまってもあかんし、的確にプレーを見ながらですもんね。
もっと不安やったのは、相手がゴールを決めた時の僕のテンション。
テンション低めで「ゴール!」と叫ぶのか?
それともなにも言わなくていいのか?
地味ですが、結構、大切なことなんですよね。
なので、今は探り探りの手探り感がすごいです。サッカーなんで足探り感かな…。がすごいです。

もちろんバスケのブースターも熱いですけど、一番の違いは会場です。サッカーの場合、雨が降れば、ずぶ濡れ、晴れの日は直射日光を受けて、看護師の僕としては気温が高いと熱中症が心配になります。
そんな心配ができるのも試合中は…サポーターに任せればいいからです。

たつをクロニクル

アウェーで大迫力の応援を見せる浦和レッドダイヤモンズレディースのサポーター。当然、ホームのスペランツァ・サポーターはもっと熱くなってしまう!=5月17日、高槻市立萩谷総合公園サッカー場

たつをクロニクル

あと、選手のアップに費やす時間がすごすぎる!
どんだけ練習するねん!っていうくらい、試合前から、さらに終わってからも練習してます。
なんか闘志と言いましょうか、絶対に負けたくないって気持ちが選手から伝わってきます。

あとは、キーパーがあんなに声を出して指示してるっていうのを知らなかった。
僕の小学校の印象ですが、キーパーは花形ポジションではなかったんです。
人数余ってるからキーパーとか、体が大きいからキーパーとかそんな印象で。
本当にすいませんなんですよね。
一番、後ろから冷静に選手の位置をみて、的確な指示を飛ばしてます。
最後の砦とはうまく言ったものですよね。

たつをクロニクル

前回のINAC神戸レオッサとのゲームでスペランツァの“最後の砦”としてゴールを守る大野摩耶選手=4月12日、高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場

こんな風に、テレビでは感じることができないシーンや選手の動きを見ることができます。
それが生観戦であると、スタジアムに行くことだと思ってます。
関西には他にもチームがありますが、やっぱりテレビもいいですけど、その空気感を味わいにスタジアムに行って欲しいなって思ってます。

スペランツァは試合前にPK大会というゲームイベントもやってます。選手がキーパー、そして、サポーターがキッカー!
これが面白い!
選手と同じピッチに立てる喜びが半端ないようです!
そして、あんなに広かったと感じたピッチが、選手の試合が始まると狭く感じます。
不思議なもんです。

こんなことも含めて、僕はスタジアム観戦をおすすめします。
緊張感のある試合、サポーターとの一体感、歓喜の声、すべてに迫力を感じると思いますよ。
僕はソワソワしてますけど(笑)。

とにかくスペランツァFC大阪高槻
後半戦は始まったばかり。燃えていきましょう。
僕も頑張ります。

 

tatsubb140627

2014.7.11

sfrc140625ecofb