『第7回 生きていくこと 呼吸すること』 – 三田市総合福祉保健センター

イベントMC
スポンサーリンク

第7回 生きていくこと 呼吸すること

筋ジストロフィーを患ってるお友達、蔭山武史、、たけちゃん♪

ご指名があり、司会をさせていただきました。

 

わずかに動くその指先でマウスを自分で操作し、、、

企画・運営・出演交渉まですべてを自らやってるたけちゃん。

ほんまにその凄さに驚かされます。

 

なにより、自分の伝えたいことをしっかりと伝えてる。

いろんな葛藤はあるものの、それはたけちゃんにしか経験できないことで、

それのいいところと悪いところをしっかりと伝えていくことが役目なのかもしれない。

生きていくことってそういうことなんじゃないのかなって学ばせてもらってます。

 

僕たちが当たり前のように、、、

意識もしないぐらいの感じで行われてる呼吸、、、

無意識こそ、命なのかもしれませんね。

第7回 生きていくこと 呼吸すること

シンポジウムの司会もさせてもらいました。

いろいろ自分なりに考えて意見もさせてもらいました。

 

どちらにも正義があって、、、

NPPV(鼻マスク)がいい!

気管切開したほうがいい!

これは他人が決めれません。

第7回 生きていくこと 呼吸すること

こちらは國光良さん♪

NPPVを装着して、いろんなところで講演や体験談を話されてます。

 

こんな風にいろんな意見を聞いて、、、

そして、みんなが同じ情報をもって、、、

その情報を提供して、、、

最後は本人が選択できる。

そんな当たり前のことができてないのが現実かもしれません。

 

情報がなければ、選択肢を失う。

そのなかで、僕たちは、情報は誰かが与えてくれるとなぜか思ってる。

普段から考えておかないとね。

自分から情報を探しにいかないと、、、情報をキャッチするアンテナを広げておかないと!

 

選択肢はあるほど迷うものです。

でも迷えるほど、幸せなことはない時もあるんですよね。

 

なんだかすごく考えさせられました。

第7回 生きていくこと 呼吸すること

こちらはちめいどのお二人。

写真遠くてすいません(笑)

 

さて、シンポジウムが終わったら、2部はライブステージでした。

たくさんの人が音楽を通して一つになってました。

やっぱり音楽っていいですね♪

 

メッセージがあって、、、

その音楽や歌詞から自分なりの世界が広がる瞬間、

それはアーティストが届けたいものとは違うかもしれない、、、

でも違っててもいいと思うんですよね。

その曲を自分のものにできた瞬間、幸せになる感覚、、、

これ伝わってます?(笑)

木村ハルヨ

こちらは二胡奏者の木村ハルヨさん。

これは歌詞がなくても同じだと思ってます。

 

今回も呼んでいただいて嬉しかった。

リアルに書きますが、たけちゃんが元気でほんとによかった。

この疾患はそこまで延命は期待されないのが実態で、、、

だからこそ、当たり前にそこにいてることが嬉しかった。

 

たけちゃん自身もそのことに気付いてると思うし、、、

理解はしてると思う。

だからこそ、伝えたいことがあって、それを形にしてるんだと思う。

 

生きていくことは、簡単なことじゃない。

そして、当たり前のことじゃない。

呼吸することは、簡単なことじゃない。

彼にとっては、当たり前のことじゃない。

たけちゃん

僕は思ってます。

NPPVだろうが、気管切開だろうが、、、

たけちゃんが生きてくれてることが全てだと思ってます。

 

それは声を失ったかもしれない。

でも、もしかしたら、そのおかげで命があるのかもしれない。

 

そして、今があるからたけちゃんはメッセージができたのかもしれない。

あくまで結果論で、家族や周りの方の苦労も理解してるわけではないけど、、、

僕はそう思ってます。

 

ほんとに元気でいてくれてありがとう!

またなんでも呼んでね!