今朝の『おはよう朝日です』では「ガンゲノム医療」について。ちょっと難しかったかな?

朝日放送『おはよう朝日です』
スポンサーリンク

おはようございます。

本日も朝からテレビを観てくれたみなさま、ありがとうございました♪

週のスタートで『おはよう朝日です』に出させていただける、、これって幸せでございます。

今週も頑張るぞ!ってなりますよね。

しかも、月曜日はスタジオの雰囲気が他の曜日とは少し違う!

野々村さんのマジックのおかげかもしれないですよね?

もう10年以上この番組に関わらせてもらっていますが、月曜日のあの雰囲気は本当に独特で、楽しいです。

各曜日で色があるのもまたこの番組の面白さなんじゃないかなって思ったりもします。

ということで、今回は、クローズアップのコーナーに出させてもらったんですが、、、

どうですか?ネタが難しかったですかね?

 

今回のテーマは『保険適用で注目が集まる ガンゲノム医療って何?』というもので。

この一文を読んでだけでガンの新しい治療ということは伝わったと思いますが、、、

そもそもゲノムってなに?ってところですよね。

 

これ、遺伝子の事です。

(ゲノム=遺伝子)

 

実際、ガンって細胞が悪い状態になっていると思われがちですが、、、

これが実は違ってて?違う事はないねんけど、その元になる部分があるんですね。

ガンは加齢や生活習慣などが原因で細胞の中の遺伝子に傷が蓄積していくことで細胞が悪性化する、いわゆる遺伝子の病気なんです。

その結果がガン細胞ってことなんですよね。

 

この遺伝子のレベルで治療につなげる事ができないのか?と始まったのがこの「ガンゲノム医療」なんですよね。

この遺伝子の研究はもう10年も前から行われていたみたいですが、、、

実際に、今年の6月から保険適用になりました。

値段は3割負担で168000円ということで、まだまだ高額医療ってことですよね。

 

しかも現段階での課題はまだまだたくさんあります。

まずこの治療が受けられるのは、手術や放射線治療などの標準治療を終えた人にしか受けられないこと。

さらには、これをやってもなんの異常も見つからないケースが50%以上の確率であること。

もっというと、異常が見つかっても、海外で使われてる治療薬の場合は保険適用外になって高額な医療となったり、、、

本当に課題は山積みです。

 

ただ、命を救うという意味では、これで命を救うことができたら、それはもう金額の話じゃないですからね。

先生もおっしゃっていましたが、「もうこれ以上の治療法がない」と患者様に伝えることほど、悲しいことはない。

だからこそ次の手段を提案できるということは本当に素晴らしいことなんです。

治療効果がまだはっきりと出ていないとはいえ、まだ始まったばかり、、、これからですよ。

 

この遺伝子の治療が普通になるような時代が近い未来に来るんじゃないか?と先生も話していました。

それも遠くないはずとまで話していました。

ガン=死ぬ病気という呪縛から解放される日は近いのかもしれませんね。

今もガン医療は進んだとはいえ、、、まだまだ予防に役立てることはできていませんからね。

もしかしたら、薬で根治する時代がくるかもってことですよ。

 

少し難しいテーマで、しかもあの短い時間の中で説明したことはすごいよね。

「おは朝」ってチャレンジしてるなぁ〜って正直思いました。

なんにしても、僕も看護師の資格を持ってるものとして、、、

最後まで希望を捨てたくないって思う人がたくさんいます。

医療の進歩は本当に大きな意味を持っています。

 

できれば最後まで笑って過ごしたいものですよね。

 

今日も観てくれて、そして、このブログも最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました♪

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!