チェンマイの移動はレンタサイクルがオススメ!ただしここだけは注意して!

チェンマイ
スポンサーリンク

チェンマイの交通機関はまだまだ未発達で、、、

やはりメインはソンテウかタクシーになるのかなって。

観光も含めて、オススメの移動方法をまとめておきます。

チェンマイの移動はレンタサイクルがオススメ!

チェンマイは、旧市街を中心に観光、その周りにダウンタウンが広がっている。

そこまでエリアが広くないので、自転車があれば十分!

 

なお、レンタルバイクに比べて、免許証問題、一方通行問題、渋滞問題などなど総合的にみてもレンタサイクルがオススメ。

レンタサイクルがあれば、気の向くままあっちへこっちへ走ってみるのもいいと思います。

ただ、自転車のレベル(綺麗さ・整備度)はお店によって違ってて、、、

整備されてるものもあれば、そうじゃないのもあるので、しっかり自転車をチェックして借りるようにしましょう

レンタサイクルはどこで借りれる?

レンタサイクルは、どこか場所を指定したり、オススメのお店を書いたりするまでもなく、、

旧市街の中であれば、もうあっちこっちで借りることができます。

お店の軒先に自転車がたくさん並んでいたら、、、おそらく借りることができます。

自転車が置いてあるところに、こんな貼り紙がしてあったら確定です。

お店に入っていって、借りたいことを伝えたら貸してくれると思います。

レンタサイクルの料金と借り方

レンタルは24時間で約50バーツ。

ただし、デポジットで1000バーツが必要になります。

デポジットは返却時に返ってきますが、現金が必要になりますので用意しておきましょう。

諸々、手続きが終わったら鍵をもらえます。

ちなみに、この鍵を失くしてしまうと、100バーツの罰金になりますので、、、

必ず、使用後は失くさないように保管しておきましょう。

街中では面倒ですが、鍵かけましょうね♪

これが予約表です。

これは絶対に失くさないようにしてください。

最悪、デポジットが返ってこない可能性も出てくるので!

ってことで、簡単に自転車を借りることができました。

自転車があるだけで行動範囲は一気に広がります。

 

自転車に乗って行ったところ、、、

こちらは街中を目的なしに走った記事

またお時間あれば合わせて読んでみてください。

返却方法は?

時間内にお店に持っていけば、すぐに返却手続きをしてくれます。

予約表を持って行くのを忘れないようにしてくださいね。

返却が完了したら、デポジットの1000バーツが戻ってきます。

レンタルから返却までの流れはこんな感じです。

まとめ

チェンマイに関していえば、レンタサイクルがおそらく最強クラスじゃないかと思います。

ちょっと遠出したい場合のみ、僕はレンタルバイクにしましたが、、、

配車アプリのGrabなどを利用するのもありかも!

 

旧市街や周辺のナイトバザールや市場に行くことに関しては、レンタサイクルがあればほぼ網羅できます。

ホテルがレンタサイクルを持っているところもあるので、そこを狙うのもアリかと!

2月は気候もよかったし、異国で自転車の街ブラなんてなかなかいいと思いますよ♪

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

チェンマイ



たつをブログ