『2020ミスジャパン兵庫大会』美女たちの裏側から感じた美しさの本性…

イベントMC
スポンサーリンク

女性の中の女性を決めるコンテスト、、、

『2020ミスジャパン』

その予選が各都道府県で行われ、、、

予選を勝ち抜いた14名が、県代表を賭けて、、その一席を奪い合う戦い。

 

その司会をさせてもらって、リハーサルから本番、終了後までを見させてもらって、、、

感じたことを綴らさせていただきます。

このファイナリストに至るまで、書類選考からたくさんの試練があったと思います。

それを勝ち抜いた14名が今日この日、この場所に集いました。

 

コロナの影響もあり、もともと予定していた会場とは違い、、、

しかも無観客での実施。

オンラインという説もありましたが、なんとかライブで開催できたようです。

スタッフさんとのミーティングも終え、会場へ向かいました。

実際、ギスギスしてるのかなぁ〜とか思いながら会場に到着したら、、、

想像していたのとは全く逆で、楽しそうにという表現とは違いますが、和やかに、、それぞれがしっかりとリハーサルをしている感じでした。

こんな雰囲気なんだぁ〜って思いながら、自分もマイクチェック。

ファイナリスト達は、ランウェイを何度も何度も歩く。

階段から降りてくる動きとかも含めて、何度も繰り返していました。

 

見ていておもしろかったのは、この時点で、想像のドレス姿で動きまわるような、本番を想定している子と、、、

きっちりとリハーサルをしている子と。

スパッと分かれた印象でした。

 

そうだな、、、自己PRみたいな審査があるんですが、そのマイクを使う練習をしていて、、

自分の声をマイクに乗せようとしている人もいれば、、、

自分の声はマイクが勝手に拾ってくれるって人もいました。

さすがにこれは、僕もマイクを持つものとして、感じます。

想いの詰まっていない声はマイクにものらないですから。

そうこう言ってる間に、本番がスタートしました。

リハーサルを見ているだけに、、、みんなとにかく全力出し切って、、、頑張って、、って思いながら進行していました。

 

みんな、、、全員、、、優勝して欲しい。

ただ、1人だけですからね、ここからスタートしたんだと実感しました。

まず1つ目の審査は、『浴衣・舞踊審査』でした。

和服の着こなしや、所作なども含めての部分が評価されていくわけです。

 

ファイナリストの方々には、、、この無観客というのは、辛かったと思うなぁ〜。

どうしても、この1つ目の審査は緊張感がすごかった。

なんとかならないものかと、、、

僕自身もいろんなことをお話しして、場を作っていくようにする。

 

そうしないとさ、、、ほんとに出しきれないからさ。

ただ、1つ目の審査に関しては、ショーのような感じで、もっと続けて欲しいなぁ〜って思うほどでした。

浴衣を着て、踊って、、、最後に「エントリーナンバー◯◯番 ◯◯◯◯(名前)」を言って舞台を降ります。

言葉としてはたった一言、、、あとはその立ち振る舞いで評価をしてもらう。

 

2つ目の審査は、『私服審査』でした。

自分の好きな服を着て、自分の好きなようにアピールできる。

さらに、ここに数分のスピーチが含まれます。

14名のファイナリストがどんな想いを伝えたいのか、、、自己PRなのか?

それとも、将来の目標的なものなのか?

 

4ヶ国語話す子がいたり、、、

ダイエットのなどの苦労するエピソードがあったり、、、

能をもっと広めたい、、などなど、ほんとにいろいろなスピーチがあった。

 

へぇ〜この子は保育士なんだとか、、、看護師なんだ、、とか思いながらお話を聞いていました。

やっぱり話をすると印象がガラッと変わりますもんね。

そして、最後はドレス審査。

美しいドレスに包まれて、ウォーキングなどを行います。

そして、最後は審査員との質疑応答。

 

これがなかなかの曲者というか、どの審査員に当たってって結構重要だと思う。

そして、どんな質問が飛んでくるのか、、、ほんまにドキドキだと思う。

 

いろいろそのやりとりを見ていましたが、やっぱり質問に対して的確に答えれてる子もいれば、

そうでない子もいる。

そりゃ〜そうなるよね。

フリートークより、難しい気がする。

このミスジャパンというやつ、、、なかなかハードルが高いなぁ〜と改めて感じました。

この後、審査員は別室にて審査をする。

その間の時間、2019年のグランプリ萩山沙貴さんにインタビュータイムがありました。

進行表はあったものの、、、それ通りにはいかなかった。

やっぱり、今、、、審査を待ってるこの瞬間はどんなこと思ってたの?とか聞きたいじゃないですか?

 

ちなみに、それぞれの審査の間は着替えがあるので、まったく時間がないそうです。

この瞬間だけは時間はあるけど、司会者に私の名前を呼べと念を送り続けていたらしいです。

それを聞いて思ったけど、やっぱりメンタル強いですよね。

気持ちで負けてないもんね。

 

あとは、やっぱりこういう自分に点数をつけられることを自ら志願してやる女子って変態だと思うと話しておられました。

まぁ確かに誰もが嫌なことですもんね。ちょっと変かもしれない。

でもそれ以上に目標とかやりたいことがあれば、ここで得られるものは全て将来の糧になる。

そのリスクに飛び込んだからこそ、感じられるものはそれ以上のものなんだと感じました。

 

最後に保護者の方に、沙貴さんから一言、、、

結果がどうであれ、頑張ったファイナリストを終わったら褒めてあげてください。

このコメントは素敵でした。

本当にそうですよね。

僕の謎の質問だらけのインタビューをきっちりとこの一言でまとめてくれました。

さすが、ミスジャパン兵庫大会のグランプリを取った人だと!

僕にだけ、結果が届きました。

審査員も最終の結果は知らない。

もちろん、会場の保護者の人も、ファイナリストも誰も知らない。

 

あっ、、、あの子がグランプリか、、、。

確かに、相当な苦労をしたのに、それをすべて変化という言葉でまとめていたしな。

 

ただ、それ以外にもいっぱい頑張ってた子がいたし、、、

みんながグランプリ!って言うてあげたかったけど、、、そうもいかない。

読みあげるのも僕の仕事なわけですから。頑張りますよ。

そして、ファイナリストは再びステージに戻ってきた。

どんな気持ちだったんだろう。

きっと限界って言葉しかない状態なんだろうな。

 

グランプリ発表、、、会場は暗くなり、、、ドラムロールと共に照明が揺れる。

エントリーナンバー12番!塩本真実!!

このコールと共に、客席から歓声と拍手が送られた。

 

グランプリのティアラやマントが送られ、最後のスピーチでも、感謝の言葉を持ってして、想いを伝えた。

ちょっと感動したなぁ〜。

グランプリ、コンテスト、大会、、、全ての賞レースと呼ばれるものには順位がつけられる。

勝つ人は大抵1人で、それ以外の人は負けることになる。

 

そして、勝った人は泣き、、、負けた人は笑う。

本当はみんなで泣きたくて、みんなで笑えたらいいんですけどね。

すごい瞬間に立ち会わせてもらったなぁ〜と感じる。

 

このあと、負けた13人は笑顔で振舞っていたものの、、、

たまたまエレベーターホールで会った時に、「悔しいよね、でもみんなよく頑張りました」って伝えたら、みんな一気に泣き出してしまった。

あぁ、、、なんか僕、言葉のチョイスミスったのかなって思ったけど。

泣いたらさ、、、またリスタートできる時もあるからね。

あとはご家族の皆様がフォローしてくれると思う。

 

そして、今以上に美しくなって、素敵な女性になっていくんだと思う。

ビューティーキャンプ賞に2名、、、

エントリーナンバー6番:重久雛乃さん

エントリーナンバー11番:藤田美咲さん

 

準グランプリが1名、、、

エントリーナンバー13番:水上友香梨さん

 

本当におめでとうございました。

そして、改めて、2020ミスジャパン兵庫グランプリは、、、

エントリナンバー12番:塩本真実さん

 

本当に一気に気が抜けたと思いますが、お疲れ様でした。

そして、おめでとうございました。

すごく努力をしている人を見ると、なんだかエネルギーがもらえます。

自分に数字が割り振られ、、、

自分に点数という数字がつけられ、、、

順位という数字で落ち着く。

 

これに打ち勝つって相当なメンタルが必要だと思う。

そして、今日この日まで努力してきた人にしか分からないと思うし、、、

その努力はいつか華を咲かせると思う。

本当に美しい女性って、女性に限らず男性もそうかもしれませんが、、、

外見だけじゃなくて、中身だけでもなくて、、、

日々の努力とか頑張りがオーラになって溢れ出てくるんだと思った。

 

本当にこのファイナリスト14人が放つオーラはすごかったな。

目標は努力の礎となり、努力は自信をくれる、その自信がオーラになって魅力になる。

わかってるけどさ、、そううまくできないものよね。

改めてもっと頑張らないとなって思った瞬間でした。

来年はもっとたくさんのお客さんにその姿を見てもらいたいですよね。

見た人もきっとエネルギーをもらえると思う。

そのくらい素敵なイベントだったと感じました。

 

綺麗なお姉さんいっぱいおるんだろうなぁ〜みたいな気持ちで会場まで行ってた自分を殴ってやりたい。

まるで女性版の格闘技のような魅力が溢れまくっている場所でした。

年齢を重ねても魅力のある人はそういう理由なんでしょうね。

僕もまだまだこれから!

あなたもまだまだこれから!

一緒に素敵なオーラを放てるように、磨き続けましょう♪

 

改めて、ファイナリストのみなさま、本当にお疲れ様でした。

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31

 

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

イベントMC



たつをブログ