1日3試合、2日で6試合、さすがに体力はほどほどに喉が限界でした。どうも手が抜けない体質なんですよね。

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク
たつを
たつを

いや、マジでさ、、1滴も、、、
1mmも声が出ません!
大阪エヴェッサMCのたつをです。

遂にこの日が来てしまった。。。

実際にスケジュールを聞いた時、ほんまに恐ろしかった。。

1日に3試合、、、2日で6試合、、、エヴェッサは1MCの体制なので、、、

アシスタントもいてないので、ガチンコの1人で頑張らないといけない。

 

しかも、もろもろ読まなくてはならない原稿も、録音してくれてるものは1つもありません!

すべて現場でのライブ原稿です。

 

もう正直、1週間前から体調の調整はスタートした感じでした。

 

 

以前、このブログでもご紹介しました、、、『藤井組カップ』って覚えていますか?

こんな大会はどこにもない!MCやるのも命がけ!精神的ダメージのデカい大会、それが藤井組カップ!
高校のインターハイ予選で1回戦負け、もしくは、2回戦負けのチームからエントリーしてもらったチームを集めて行うカップ戦!株式会社藤井組さんが開催してくれました。僕は大会MCを務めています!

はっきり言って、いろんなものを背負った大会です。

 

インターハイの大阪予選の1回戦、もしくは2回戦で負けたチームが集まって試合を行う大会。

だから決して上手いわけではないんですよね。

ただ、あの子たちは、本当にエネルギーに満ち溢れているし、、、

余裕で限界突破してくるんですよ。

 

そんな大会のMCをするわけですから、本気にならないわけがない!

 

 

最初に言っておきますが、2日目が終わって、ほんまに全く声が出ない状態になっています。

この2日間で、ほんまに燃え尽きましたって感じです。

手を抜けば、3試合って余裕なんですけどね、、僕はそれができないみたいなんです。。

 

今年の高校バスケの大会は、コロナ禍に行われたこともあって、、、

保護者の方は、息子・娘の試合を生で見ることができなかったんです。

唯一、有観客になったのは、ウインターカップ大阪予選の3位決定戦と決勝戦のみ。

 

そして、もう1つがこの藤井組カップでした。

 

自慢の子供が高校3年間バスケに打ち込んだ姿を、最後の試合を見れなかった保護者の方は本当に辛かったと思います。

だから、この2日が終わって、保護者の方々からたくさん感謝のDMをいただきました。

 

それもこれも藤井組さんのおかげなんですけどね。

 

 

ただ、僕がMCとして、やることは、、、選手のエネルギーを燃やすことだけ!

基本的なことをマイクで話していました。

負けそうになったり、諦めそうになった時に、、、

 ・ディフェンスでしんどい時こそ手を上げること!
 ・コートの中でコミュニケーションをとること!
 ・そしたとにかく走ること!

ただ、ただ、このことを選手の方々に届けました。

すると嘘みたいにディフェンスが成功して、その流れで得点が生まれる。

 

中立の立場でいないといけない、MCという立ち位置、、、

それはわかっていますが、、、

ここは藤井組カップです!

最後まで全力で戦ってもらうための場所ですからね!

 

 

もちろん、試合前には両監督にそのことを話しに行っています。

もしかしたら嫌な気持ちになるかもしれませんが、、、と。

 

するとどの監督も、、、

「大会の趣旨は分かっています!そんなことよりも、この場で試合をさせてもらえることがありがたいです」

そう返事してくれます。

 

 

監督同士も師弟関係があったりして、いろんな背景があります。

ただ、本当にどの監督も、この趣旨に賛同してくれて、、、

それだけじゃなく、会場にいるお客様もその意図を理解して応援してくれました。

 

 

きっと、あの子たちのプレーを見て、、感動したと思います。

すごくテクニカルなプレーがあったわけじゃないんです。

いや、もちろん、場面場面でありましたよ、、、BIGプレー!

 

でもね、基本的には、ただただ、バスケットに夢中になっていたんですよね。

ひたすらボールを追いかける!

そして、ひたすらゴールに向かって走る!

 

 

今、、目の前のことに全力で立ち向かう姿、、、

 

そんなシンプルで熱のあるものを見せられた感じでしたよね?

試合の結果はもうどうでもいいシーンも何度もありました。

ただ、それぞれに目標を持って、必死に頑張っている姿に、会場からは大きな拍手が送られました。

 

 

僕自身も何度も何度も選手のところに言って、声をかけました。

「まだ足残ってるか?」

「君が声を出して出して出し続けてたら、その熱意は周りに伝わって、きっと周りは声を出してくれるようになるよ!絶対に諦めたらダメ!声を出し続けような!」

 

そんな言葉に1mmの嘘はなく、、、本当にやり続けた選手たち!

気がつけば、みんなで声を出すようになっていて、、、本当に感動した。

 

 

10点以上開いてた点差がどんどん縮まり、、、

最後は、なんと1点差でひっくり返してしまうんだから!

そんな試合見せられた、、、もうね。。。

 

 

両チームの監督ももう必死でしたよ!

最後まで選手を信じ続ける!

 

 

そして気がついたら、誰よりも熱くなっている!

 

選手自身も、、、そして、指導者はそれ以上に想いがあったのかもしれない。

高校3年間のすべてを出し切る!

その想いがいろんな場面に散りばめられていました。

 

 

ドラマみたいな結末でしたね。

 

 

最後の最後まで諦めたらあかん!

 

そんな当たり前のことを目の前で、、、叩きつけられた感じでした。

大人になったみなさん、、ここまで本気でやってるかな?

最後の最後まで、、、可能性がある限り、、全力で挑めていますか?

 

 

3位決定戦は相乗以上の接戦でしたが、、、

決勝戦は点差が開いたものの、、、白熱したゲームでした。

 

 

女子の大会も男子の大会も、、、僕は必ず選手に声を届けに行っていました。

なんとなく試合をしてほしくなかったんですよね。

 

だからこそ、、、男子も女子も最後まで必死に戦ってくれた。

 

 

特に大阪エヴェッサU-18は最後まで一切手を抜くことなく!

相手の心をへし折るくらいの勢いで攻めまくった。

 

 

その猛攻に、恐れることなく、立ち向かった西野田工科高等学校!

試合が終わって、選手は涙を流していた。

 

本気でここまで練習してきて、本気でぶつかって、、、負けたんだろうな。

男子も女子もこの舞台に立った選手はみんな本当ん素晴らしい選手だった。

 

大人になって、このうちのどれだけの人がバスケを続けてくれるんだろう?

あと、大人になってもこの熱は忘れないで欲しい、、、

そして、部活の友達は一生の友達だと僕は思っています。

だから、一緒に戦った仲間を一生大切にしてほしい。

 

こんな素敵な大会を開いてくれた、株式会社藤井組のみなさま、本当にありがとうございました!

また来年も感動を届けましょうね!

 

女子の写真は使いませんでしたが、、、本当に男女頑張ってくれた選手の皆様、、、

お疲れまでした、、ありがとうございました!

 

 

藤井組カップを2試合やったあとは、、、

大阪エヴェッサの試合です。

 

『B-league 2021-22season 大阪エヴェッサ vs 信州ブレイブウォリアーズ』

 

 

今日のゲームでは、これまた藤井組さんが、応援練習の時に、、、

アンダーアーマーのレプリカユニフォームを無料で200名様に配布するってことになって、、、

 

会場は大盛り上がりになっていました。

 

 

応援練習の時に、頑張って応援してくれた人に、、、BTからプレゼント!

会場、走り回って、プレゼントしてくれました。

 

 

またこんな感じで、会場に来るときは、着てくれたら嬉しいです。

やっぱり会場を赤く染めたいですからね。

みなさま、どうぞよろしくお願いします!

 

 

さぁそして、BTのサポートMC制度も復活したみたいです。

僕、少し前まで知らなかったので、焦りましたが、、、

とにかく一緒に盛り上げてもらいました。

 

それにしても、もっとBTのこと教えて欲しい。

パーソナルな意味ではなくて、BTに対して、どんなことを目標にしているのか?とか。

チアスピリッツみたいな部分を感じさせて欲しい、、。

そんなことをひたすらに思っています。

 

 

ちなみに、この人、、、今日、僕の中で、完全に応援団長でした。

体が大きいだけじゃなくて、、、

迷いがない!

そして、思った以上にキレがいい!

もう満点です!

 

これからレギュラーでずっと来て欲しいくらいです♪

素敵な応援ありがとうございました♪

 

 

そして、喉も限界に近い中、、、

選手を呼び込みました。

 

 

やっぱりエヴェッサの選手には炎がよく似合う!

燃える感じがして、すごく好きです。

 

そんな2日間のゲームですが、、、あえて、サササッと振り返ることにしますね。

 

 

ジョージとマクヘンリー!

このマッチアップはなかなか痺れましたね!

 

 

そして、ニュービルの3P!

相変わらずですが、頼りになります。

 

 

しかし、信州、、、この2日間、、、ものすごくいいオフェンスでしたね。

 

 

マクヘンリーの2日目は前半はシュート成功確率100%でスコアリーダーでした。

後半も外も中もやりたい放題でしたね。

 

 

とにかく、中と外のバランスが非常にいい!

実際、結構、守り切れている部分はあるのに、最終的にはタフショットを入れられる。

 

あとは、同点で流れが欲しいタイミングから連続で3Pを叩き込まれる!

ほんとに、勝負強いチームでした。

 

 

今回、空いてる時間が少ししかなくて、ブースターの方々とお話できたのは少しだけでした。

1日目終わり、、、それはそれは美味しいお酒を飲めたみたいです。

くっそーーーーー!って感じでしたよ。。

 

 

ほんとにお話に行っても仲良くしてくれて嬉しかったです。

特急やバスを使って、5時間以上かけて来てくれたり、、、

泊まる場所もわからずにとにかく大阪遠征を考えてくれたり、、、

 

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

何にしてもアウェーの方々あってのゲームですからね!

本当に遠い中での遠征、、、ありがとうございました。

 

いやいや、借りは必ず返しますので!

僕たちは絶対に忘れませんので!

 

覚えててくださいよ!!

 

 

とはいえ、大阪的には、この2連敗は痛い。。。

非常に悔しい敗戦になりました。

 

ただ、誰か1人が活躍して勝った負けた、、みたいな試合はしてほしく無いかな、、、

あくまで個人的な意見ですが、、、

やっぱりそれぞれの選手がそれぞれのポジションと役割で活躍して、、、

彩のある攻撃をして、ただ、勝つんじゃなくて、、、

みんなで勝ち取るようなバスケが観たい、、、僕はただただそんなことを感じています。

 

 

その1番のキーマンは彼だろうな。。。

キャプテン、、、

ただただ、期待しています。

ゲームメイクはもちろんのこと、チームメイクもしてもらわないと!!!

 

そんなことを考えていると、この先、各選手が怪我から復帰して、もっともっと進化すると思う!

その日はもうちょっと先かもしれないけど、、、

とにかく僕たちはその日を信じて、ブーストを送りまくりましょうね!

 

最後の最後まで諦めない!

シンプルな熱を燃やしていきましょうね!

 

皆様、、アウェーを挟んで、次のホーム、、、11月の茨城戦でまたお会いできますように!

 

この2日間、たくさんのブースト、ありがとうございました♪

 

動く広告塔プロジェクト!


たつを

Bリーグ大阪エヴェッサのアリーナMCを務める彼のTシャツに企業様のロゴを掲載しようという試みを実施!
動き回るMCとして有名なので、まさに動く広告塔だ!

こんな変なプロジェクトに賛同してくれた企業さまの勇気に頭が上がりません。
本当にありがとうございます。

 

◆フロント

株式会社ENT
→ホームゲームでもラッキーシュートチャレンジも企画してるアイデア豊富な人材派遣会社!

株式会社マザーフーズ
→言わずと知れた手羽トロ唐揚げを扱う鳥のスペシャリスト!

アサイクリニック
→大阪なんば・心斎橋にある内科・皮膚科から美容・脱毛など幅広い総合診療クリニック!

◆バック

丸菱スプリング工業株式会社
→名前の通り、様々なバネの設計・製造を行っている!バネのことならこちらに!

おおきに商店
→合言葉はいつもこころにおおきにを!大阪で、コーヒー販売・ホテル・会議室・工務店・行政書士事務所を営む会社!なんでも相談してください!

炭火焼き鳥愛之助
→店主の人柄の良さが隠し味!なんばにある美味しい焼き鳥やさん

引越革命
→引越しするならココ!その名の通り革命を起こしまくってて業界初◯◯も多数!

BAR LAST
→このお店のルールはこれだけ!「お好きなお酒をお好きなだけ!」オススメです♪

◆両肩

葉山コーヒー株式会社
→「最愛の人」と一緒に過ごしたい「最愛のカフェ」で!こだわり抜いたコーヒーをどうぞ!

SEAVAC株式会社
→「協働前進」を掲げ、全ての人々と共に前を向いて前進する!その技術力は世界規模!

 

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31