8巻【とりあえず号外】

たつをクロニクル
スポンサーリンク

【とりあえず号外】リフティングをやってみる!動画もあるで!!

たつをクロニクル

スポーツに「境界」はない!というわけで、サッカーとバスケを「融合」させたコスチュームですけど…。

このところすっかりバスケットマンの僕ですが、ウルトラマンにだってキン肉マンにだってなりたい…ちょっと違うな…。
つまり食べ物の好き嫌いもよくないみたいな感じで、スポーツはなんでも“好物”なわけ。音楽と同じようにスポーツにも国境はないし。
他のスポーツから学ぶ事もたくさんあるんです。
そうです!すべては繋がっているのです!
(キマッタか?)

ということで、フットサルというものに挑戦してきました。
2014FIFAワールドカップinブラジルのパブリックビューイングの時に自分で買った日本代表のユニフォームを上半身にまとい、下半身も公式ウェアを着ると思いきや、なんとプロバスケットリーグbjリーグ 大阪エヴェッサのユニフォームで挑戦!

別に、サッカー日本代表のユニフォームを使わないともったいないと思ったわけではない!
はたまた、サッカー用っぽいパンツがなかったわけでは……きっとない……はず(誰か僕にプレゼントしてくださっても、もちろん拒否はしないという状況ではありますが…)。

まぁ見た目はさておき、フットサルに参加した感想は、案外、みんな近いのにおもっきり蹴るので怖い(笑)。
あと想像ですが、思ったところに蹴る事ができたらバスケよりも長いパスができるし、自由度が高いんではないでしょうか。

たつをクロニクル

たつをクロニクル

初心者ですから、足でボールを操作するとパスミスをしたり、ミスキックをしたり、ボールコントロール能力の低さが著明にでるのが悲しいんですが、すぐにそれを誰かがフォローしてくれて、それがミスではなくなる。それが素敵だと思いました。その瞬間的な切り替えの早さには感動しました。

あとは点数の重みですね。バスケに比べて1点入れた時の喜びは、それはそれはすごい。
僕も1点いれさせてもらいましたが、踊りたくなる気持ちがわかります。

なんだかんだと、結果的に楽しかったからいいんですわけで♪

練習が終わってから経験者の方に言われました。

「バスケはボールハンドリングでしょ?サッカーはリフティングです

おぉ!なんだか説得力がある!
そんなわけで、リフティングに挑戦してみました。

なんでこうも、初心者がやると、表情がイィーってなったり、手がピーンってなったりするんでしょうか?(笑)。
みんなこうなりますよね?

よしっ!決めた!誰かサッカー選手に教えてもらって、10回?いや、好きな数字の31回できたら、たつをカップサッカー編をやろう!

なんでもやりたいんや(笑)。
で、もちろん勝ちたいんや!!

たつをクロニクル

最後にサッカーから学んだことは、ミスを前提にプレーできる連鎖のスポーツ、ミスをミスじゃなくしてくれる仲間がたくさんいるスポーツだなと感じました♪

さぁ「たつをがうまくリフティングできるようにしてやろう」というプロのみなさん、プロでなくても指導に自信のあるみなさん、ぜひ、ご指南よろしくお願いします!

リフティング挑戦ドキュメンタリー映像(…というほどのものでもないけど)

 

tatsubb140627

2014.8.13

sfrc140625ecofb