『2017−18 大阪エヴェッサ vs 横浜ビー・コルセアーズ Game2』 – 府民共済舞洲SUPERアリーナ

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク

さて、今日は6連勝をかけて、、、横浜戦!

がけっぷちのエヴェッサはもう1つも負けられない。

そんな思いを持ちながら、会場で声をふるった。

今日のブースターさんから、、、結構、アツいブーストをいただいていました。

これはイケる!って思ってました。

第1Qが終わって、同点。

ほんまにいいゲーム展開でした。

しかしながら、オンザコートが違うんです。

なので、第2Qが心配でしたが、日本人選手が頑張ってくれた。

第2Qを終わっても1点リードのまま後半を迎える。

本当にディフェンスが崩れることもなく、攻守ともにいいプレーが続く。

#1 今野選手のディフェンスが光る!

インターセプトやスティールがあり、チームのピンチをチャンスに変える場面がたくさんあった。

やはり、この昨日のゲームの反省をするなら、横浜は第1Qでしっかりと喰らいつくこと!

大阪は第2・3Qで攻めきること、そして守りきること!

言葉に書いてしまうと簡単に聞こえると思いますが、なかなかそう簡単にはいかない。

しかしながら、第3Qもいい流れのまま終了する。

 

まさに昨日の反省を活かせたのは大阪の方だったように思えるほどの展開だった。

しかし、第4Qに横浜の攻撃が牙を剥いた!

攻撃というより、リバウンドを確実に取り始めた!

ここで勝負の差がついてしまったように思える。

あとは、集中力と冷静さ、、、かな。

 

あの場面でのベンチテクニカルは本当にもったいなかった。

ああいう一つのプレーから一気に流れが変わってしまうのが、バスケの怖いところでもあり、、、おもしろいところでもある。

それでも熱く熱くブーストしてくれる大阪ブースターさん。

本当に勝つんだ!という想いが伝わってくる、そんなブーストだった。

まぁはっきり言って、僕の近くにもレフリーに対して、やたらヤジをいう人がいます。

今日はたまたまその隣が女性の方でして、非常に辛そうな顔をしていた。

こういう人ってなんで自分のことしか考えないんだろうと思ってしまう。

 

僕は思うんです、、、おまえレフリーやってみろや!

ほんで、僕があなたに心病むくらいヤジ飛ばしてあげようか?って。

たぶん、あなたより僕の方が超絶性格悪いのでもっと嫌なヤジ飛ばせますよ。

それに耐える自信あるのかな?って。

昨日も書いたけど、青木康平さんのブログを読んで欲しい。

想い - プロバスケットボーラー青木康平
プロバスケットボール選手・青木康平ブログ&最新情報

僕も昔、同じようなことを書きました。

でも僕はプロのプレイヤーじゃないからやっぱり伝わらないんですよね。

それでもいつも思っています、、、誰かが言わないと、やらないと変わらないと!

そう思って、僕は毎回頑張っています。

 

未来のバスケを作るのは、今頑張ってる子供達なんですよ。

そして、その環境を作ってあげれるのが、今観戦してる大人たちなんですよ。

マジであのアホに気付いてもらいたい。

そして、第4Qは両チームの主力である外国籍選手がパーソナルファール4つの選手が多くなる。

ファールができない状況の中、、、こうなってくるといかに日本人選手がキーマンになれるかが勝負のカギとなる!

 

この場面で横浜、#1 川村選手が火を吹いた!

個人的に連続得点を取り、さらに川村選手をおさえに行くとパスされて決められる。

なんと約2分間で11得点をもぎ取られてしまう。

その間、エヴェッサは点数を奪えない展開。。。

このまま一気に流れは横浜に傾き、ゲームセット。

見事すぎるほどの逆転劇だった。

しかしながら、どちらのチームの選手も素晴らしい試合を2日間で見せてくれた。

なんかバスケって面白いなって思えるそんな2試合だった。

ブースターのみなさんありがとうございました。

そして、選手のみなさま、お疲れ様でした。

試合終了後も、たくさんの方熊本地震復興支援募金にご参加いただけました。

感謝です、、、本当に感謝です。

ありがとうございました。