『Bleague EARLY CUP 2019 KANSAI』激闘の3日間が終わって…

OSAKA EVESSA
スポンサーリンク

『Bleague EARLY CUP 2019 KANSAI』がおおきにアリーナ舞洲で開催されました。

今年は3日間通して、MCをさせてもらいました。

まぁ正直、、、エキシビジョンとマスコット合わせて、全部で8試合、、、

体力だけでいうとなかなかな3日間でしたが、、、

なんか生でバスケが観られるってことでいえば、大満足な3日間でした。

3日間とも晴天で、バスケ日和?

というより、室内やから、全然、僕は天気を感じませんでしたが、、、

初日から、会場の外にはたくさんの人が並んでくれていて、、、

バスケ観戦を今か今かと待ち望んでおられたように思います。

それは僕も同じで、、、僕的には、、、ここで喋りながら、、、

バスケが観戦できる!

めっちゃ特等席だなぁ〜って思ったりします。

 

ただ、このEARLY CUPに関しては、6チームの選手をコールしているので、なかなか神経すり減らしますけどね。

初戦は大阪エヴェッサと西宮ストークス!

天日HCのバスケが観られる楽しみもあれば、、、元西宮ストークスのHCってこともあって、、、

ある意味、変なところで采配が楽しみだった部分もあります。

試合を観ていて、、、本当によく走ってると思う。

あれだけ走れば、4Qではバテバテになってもおかしくないのに、、、本当によく走っていました。

それについてきてる西宮もすごかったですが、、、

結果、100点ゲームで、大阪エヴェッサの勝利!

見応えのあるゲームでした。

僕はまだまだ元気です。

まだまだこれから!って感じでしょうか?

1回戦第2試合は、滋賀レイクスターズとバンビシャス奈良の試合、、、

これがまた面白いゲームになった。

僕的にも、リーグ的にも滋賀の補強も含め、結構、評価が高いという噂なんです。

その滋賀が、、、まさかの敗退するとは予想もしない展開になった。

これが一発勝負の面白さであり、難しさなんだなと痛感した。

 

しかし、奈良は司令塔2枚、インサイドにビッグマンがいる!

これはかなり彩りのあるチームだなぁ〜という印象。

しかも、100点ゲームで制したという、、、

しかしながら、奈良のトーマスHCが最高にいい雰囲気を出していた。

選手のこと、すきなんだろうなぁ〜って。

インタビューしていて、感じました。

これからもっと強くなるんだろうな、楽しみですよね。

 

そして、2日目、、、この日もまだまだ激闘が続く、、、

昨日、勝ち上がった奈良の勢いに押されるもしっかりと勝利をもぎ取ったのは、、、

琉球ゴールデンキングス!

安定のバスケットを展開し、見事な勝利!

これまでEARLY CUPで2連覇を成し遂げている琉球!

佐々HCはなんだろうな、人を魅了する力がある。

しっかりとコメントもしてくれて、それでいて、本当にブースターさんの力を信じている!

自分の戦術の中に、ブースターの力っていうのが入ってるんだと感じさせてくれる人。

当たり前のようにそれができる人ってなかなかいないと僕は思っています。

この人とバスケがしたい!と集まってくる選手が多いのもわかる気がする。

さて、試合間では、マスコット3X3が開催されました。

こんな面白いこと誰が考えてん!ってなりましたけど、、、

いやいや、、、しっかりと僕も大人の事情も含めてご説明させていただきました。

 

そうですよ、、、彼らは可愛いんですが、体力はそこまでないので、、、いろんな事故が…じゃなくて、たまに休憩させてあげないとダメなんですよね♪

いろんな心配をしながら、、、開催したが、、、

とにかく動くと可愛いんですよ。

どうしたらいいんだろう、、、動けない感じも可愛いんですよ。

 

そして、ハーフタイムが死ぬほどかわいかったんですよ。

これがみんなの休みかた。。。

グダッとしていました。

これは僕、にやけました。

前半3分、、、インターバル1分、、、そして、後半3分、、、

あのウルトラマンでさえ3分が限界というなか、、、この子たちは、約7分、、、

選手紹介から含めると、、、15分くらいは、頑張ったんです。

そこをぜひとも褒めてあげて欲しい。

そして、後半はちゃんとバスケしてましたからね。

シュートは決まらなかったのものの、、、

惜しいと思うシュートはたくさんありました。

 

その中でもやっぱりストーキーは鳥だもんな、、、たぶん空を飛べるんだもんな、、、

バスケットに関しては、一番活躍していました。

まいどくんはいっぱい練習してきたのに、シュート外しまくるし、、、

にゃりんとマグニーのやる気もすごかった。

やる気という意味では、ゴーディーは途中ほんまにこけた時、会場は笑ってたけど僕はめっちゃ焦ってました!

シカッチェはとにかく可愛いからそれでいいんです。

最後に、えがおんからMVPが発表されて、、、

結果、ストーキーがMVPになりました。

もう全員にあげたかったですけどね。

とにかく僕的には癒しの時間でした。

さて、、、それでは、、、2回戦第2試合、、

大阪エヴェッサと京都ハンナリーズ!

大阪エヴェッサは初日に100点ゲームをして、勢いに乗っている、、、

京都ハンナリーズはこのシリーズには初参戦!

やっぱり燃えるよね、、、京都のバスケってコミュニケーションバスケだから燃えるよね♪

主力が欠ける部分が気になりますが、、、

それでも京都の底力はすごかった。

第1Qでは、、大阪が大きくリードする、、、

しかし、第2Qで巻き返す京都、、、

そして、その点差は第4Qでひっくり返されてしまう、、、

残り1秒から放った3Pシュートが決まれば、逆転勝利だったが、、、

リングに嫌われ、、、そのまま1点差で大阪が破れるという結果。

 

うーん、、、大阪的には相手チームチームファールが溜まってたから、積極的にインサイド勝負でもよかったんじゃないかな?って僕的には思ったんですが、、、

徹底的にインサイドを固めてた京都に軍配が上がった。

燃える男、、、浜口HCも軽快に話をしてくれた。

1Qでの大差から2Qに向けて、ミスマッチが多く点を取られてしまった部分を改善したと、、、

非常に冷静だった部分に僕は闘将の静けさを感じるほどだった。

局面でいかに冷静に考え指示が出せるか!確かに第2Qでのチャージはすごかった。

自分たちのバスケをひたすらに貫く!と決勝に向けての意気込みを語ってくれました。

そして、いよいよ最終日!

まずは3位決定戦から、、、大阪エヴェッサとバンビシャス奈良の試合。

激戦続きの両チーム、、、

選手だけでなく、、ブースターさんも疲労がすごかったと思います。

連日、、、舞洲まで足を運んでくれたこと、、、

そして、必死に応援してくれたこと、、、

そんな姿を見てると、僕もやる気満載です!

このゲームも見所はたくさんあるそんなゲームになりました。

結果からいくと大阪エヴェッサの勝利!

でも決して圧勝ではなくて、奈良もセットオフェンスからしっかりと得点できていたこと。

やっぱり面白いチームだなぁ〜って思った。

エヴェッサはとにかく攻めたなぁ〜って感じでしたね。

今年はアウトサイド勝負じゃなくて、じっくりパスを回して、インサイドを崩していくバスケが見たい。

そんな希望を託してしまいたくなる試合だったな。

あっ、そうそう、、、このEARLY CUPでもラッキーシュートチャレンジがあったんですが、、、

奈良のブースターさんがお見事のシュートでした。

それにしても綺麗なシュートでしたね。

さすが、バスケ経験者、、、SGだけある!

お見事、5万円分の商品券をお持ち帰りになりました。

しかし、今年のエヴェッサの走るバスケは、、、面白い。。

これがもっともっとコミュニケーションが取れてくると、、、実に面白い、、、

初日は選手、全員得点をマークし、、、そのうち2桁得点の選手も多く、、、

とにかく全ての選手が点を取れるチームになってきた。

その辺に関しても、天日HCは語ってくれました。

これでもまだまだ目標とする走るバスケットには到達していないと話すHC.

トランジションで迷う場面もあったり、、、とにかくシーズンまでにはもっともっと仕上げてくるんだろうと感じさせてくれるコメントだった。

さて、、、EARLY CUP 2019 KANSAIもいよいよ決勝戦、、、

京都ハンナリーズと琉球ゴールデンキングスの試合。

3連覇を賭けた琉球ゴールデンキングス!

初参加で初優勝を飾ることができるのか?京都ハンナリーズ!

ブースターの団結力もすごい!

京都と琉球、、、僕は大阪のMCなので、両チーム特有の盛り上げかたはわかりませんが、、、

とにかく楽しんでもらいたい一心でマイクを握りました。

そしたら、もうそれはそれは、すごいブーストが両チームから飛んできた!

ここはどのチームのホームアリーナだ?ってわからなくなるほどでした。

とにかくいい雰囲気の中、、、

両チームがバスケットをしていた。

どちらが優れているとかそんなレベルではない戦いだった。

これ、、、まだシーズン前ですよね?って何度もスタッフと話していました。

 

負けず嫌いな大人たちが、本気で戦っている、、、

本当にただそれだけなんです、、、。ただただ本気でバスケしてるんです、あの人たち。

それが本当に格好よかった。

とにかくどちらのチームもインサイドのディフェンスがよく、リバウンドも激しかった。

そして、ゾーンディフェンスに入った琉球に、、、外から射抜いた男がいた、、、

京都#16 松井選手、、、このゲームで3Pを6本も沈め、、、合計21得点をマークした。

もちろん、間違いなく、、、MVPに選ばれた。

京都に移籍してきて、すぐこの活躍、、、安心して、任せられるシューターがいるという強み、、、

とにかく、僕的には、マブンガがパスしてくるっていう恐ろしさを感じた京都でした。

松井選手も、、、移籍してきて、こんなことになるとはと自身で話していた。

周りのみんなが僕にボールを回してくれたと。

ちなみに、関西人の洗礼、、、「賞金は何に使いますか」という質問に対して、、、

「まだ決めてないです」とのこと。

この選手、、、もし同じチームなら、これからずっとこの質問し続けてやりたいなって思いました。

いわゆる、いじり続けるってやつです。

そのくらい、人柄の良さが溢れる選手でした。

ということで、、、EARLY CUP 2019 KANSAI、、、

優勝は、、、、

 

京都ハンナリーズ!

 

ニャーーーー!!

ってことで、琉球の3連覇ならず、、、初出場の京都が優勝した。

やはりNBAの世界でも語られるスリーピートの難しさ、、、

しかし、、、両チームとも強かったなぁ〜。

本当にシーズンが楽しみになる、『EARLY CUP 2019 KASANI』だった。

ということで、3日間、、、たくさんのチームのブースターさんが足を運んでくれました。

ちゃんとおもてなし、できてたかな、、、って心配ですが、、、

Twitterにもたくさんコメントもいただけて、幸せです。

とにかくバスケの新しいシーズンが始まる、、、それがもう楽しみで仕方がない。

僕は今年も大阪エヴェッサのMCをさせてもらえます、大阪ブースターのみなさま、改めてよろしくお願いします!

そして、アウェーで来ていただけるブースターのみなさま、大したおもてなしはできませんが、とにかく一緒にバスケの魅力を伝えていける会場にできたらって思っています。

今シーズンもどうぞ、よろしくお願いします!

 

はぁ、、、ほんまに疲れたけど、、楽しかった♪

みなさん、ありがとうございました!

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31