チェンマイのドイステープで金色の仏塔を眺める!さらに聖水で清めてもらった旅人Tさん。

チェンマイ
スポンサーリンク

チェンマイに行けば、、、観光の一つとして行きたくなるドイステープ!

標高1080mのステープ山頂に建つこの寺院は、チェンマイを代表する名所です。
1383年に当時のクーナ王によって建立され、特に高さ22mの金色に輝く仏塔は、緻密な装飾の美しさが実に見事。
中には仏舎利(イム陀の遺骨)が納められ、今も人々の篤い信仰を集めています。

標高が高いので景色が綺麗なのと、、、

なにより、金色に輝く仏塔って単純に見てみたい!

そんな気持ちから行くことにしました。

 

ちなみにレンタルバイクで行きました!

『チェンマイ動物園&水族館』ここからスタートしたいと思います。

検索かけたら一発ででてくるし。

VHCS ERROR

 

あっ、あと、動物園で言うと、、首長族の村に行くときにも道中に動物園があった!

さらに市内から南に行ったところにも動物園があります。

ちなみに、ここは大人気のナイトサファリが楽しめるところ。

チェンマイ ナイトサファリ入場Eチケット予約
チェンマイを訪れるなら外せないのがナイトサファリ!Voyaginでチケットを予約して、ナイトサファリのトラムに飛び乗って夜のアフリカの動物たちに会いに行きましょう!シマウマやキリン、アカカンガルーなどの暗闇での生態を観察してみませんか?

結構、動物園多いんですよね、タイガーキングダムとかもあるし。

動物さん過ごしやすいのかな?

っていうか、チェンマイ動物園&水族館まで行くことができれば、あとは一本道!

ひたすら坂を登るだけです。

 

さすがいん標高1080mってこともあって、登って行くたびにひんやりしてきます。

特に山影の太陽のない場所はそれなりに冷えています。

 

ここは自転車で登っている人もいて、なんなら走ってる人もいました。

そこをバイクでブーーーンと登って行くわけです。

さすがに僕は自転車では無理なので。

目的地まで到達すると、バイクを停められる場所の横には露店っぽいお店が並んでいます。

僕も平日に行ったんですが、観光客が多いだけじゃなく、地元の人たちも多かったことに驚きました。

そういう場所なんでしょうね。

バイクを停めて、そこから仏塔を目指して行くわけですが、、、

それがもう、歩くしかない!

そして、階段をひたすら登るしかない。

 

ただ、お金を使えば、その階段を避けることができます。

階段脇にあるケーブルカーは乗車時に料金20バーツと入場料50バーツが必要になります。

一瞬やめようかな、、、って振り返りましたが、、、

さすがにここまできて、戻るという選択肢はないですよ、、、ね。

 

ケーブルカーはどうなの?って思いましたが、、、せっかくだしね。

歩くよねーーー。

階段のスタート地点にもお土産やさんがあったり、、、

食べ物屋さんがあったり、、、

なにかとキラキラ金色にすでに輝いています。

階段のスタートはこの龍の顔が目印、、、

ここから龍の背中を登って行くイメージですね。

さて、行きますよ、、、

気合を入れて、行きますよ、、、

 

はぁ、、、はぁ、、、

 

日頃の運動不足が、露呈しています。

これで半分くらいかな?

 

頑張れ、、おじさん。

はぁはぁ、、、

 

足もちょいとパンパンになりながら、、、

到着かな?

風神雷神みたいなやつが左右にあって、、、

この上は明らかに違うぞ!という雰囲気を醸し出しています。

係員さんもいました。

ここから先は、チケットが必要だぜぇーーーってことで、、、

すぐ右側にあるチケット売り場に向かいます。

30バーツ。

うーん、、良心的。

これがチケットです。

これを持っていれば、先ほど止められた先に進むことができます。

まず入ると、、、どーんと建ってあって、、、

その四方から階段で中に入れるようになっています。

 

この中には土足厳禁となるので、階段の入り口付近で靴を脱いで立ち入る感じになります。

ちなみにですが、、、ここに入るとき、肌の露出の多い服装は控えましょう

 

靴を脱いで中に入ると、、、

金色の仏塔がありました!

その眩しさたるや、、、これがそうかと一発でわかるほど!

一人で来たんですが、、、「うわぉぉぉーーーー」って言いました。

声に出して言いました。

その金色の仏塔の周りはぐるっと一周することができて、、、

いろんな像が並んでいました。

それぞれの像がどういうものなのかは僕にはわかりませんが、、

とにかくものすごい数でした。

どれもこれも基本的にはキラキラしてて気持ちがいい。

巡礼の手引きみたいなのがファイルとして置いてあるので、、、

それをみながら、その順番に3周するといいみたいです。

僕もノートをみましたが、ツアーの人について行くような感じで3周しておきました。

あと、こういう寄せ書きみたいなものもあったので、、、

一応、サインだけいれておきました。

あと各国のコインがくっついてるのもあった。

これなんだろうか?

みんなこんな感じでこの上にコインを乗せてってしてましたが、、、

落ちなかったらいいとか?そういうのですか?

知ってる人がいたら教えてください。

たまたま行ったときに扉に絵を描いていました。

細かい作業を、、しかも手描きで。。

 

この中に入ると、、、僧侶が座ってて、他の国の方も前に数名座っていました。

「どこから来たの?」みたいな会話があった後、、、

何か清い水みたいなものをシャッとかけてくれます。

これが正しいのか、嫌がらせか、、、そこんところはよくわかりませんが、、、

嫌がらせと思ってしまうのは僕だけでしょうね。

あとで調べたら聖水だそうです。

 

いいことがあるってことですね♪

なんだかんだ3周まわっていると、見え方も変わってくるし、、、

同じように周ってる人と多少仲良くなります。

これがまたひとり旅の醍醐味と言ってもいいですよね。

特にこういう場所ならなおさらですね。

なんだろうな、、、初めの感動も、何度もみているとそうでもなくなり、、、

人の慣れみたいなところをたった数分で感じることができた。

慣れって大切であり、怖いものだと感じた瞬間だった。

 

だからこそ、毎日巡礼して、感謝を届けている人がいるのかもしれませんね。

とにかくむちゃくちゃ晴れてたので、、、

気候も、景色も最高に気持ちよかったです。

 

太陽がどの角度にあっても、、、その光で金色に輝くんですよね。

その輝きはなかなか写真じゃ伝わらない部分なのかもしれませんね。

チェンマイの観光にちょいと加えるといい経験値になるんじゃないかなって思いました。

 

またここ以外にも土足禁止エリアの周りには、、、、

こうやってゾウがあったり、、、

せっかくだから顔真似してみました。

これはなんだろう?

ワニかな?トカゲかな?

せっかくだから真似してみました。

日本でいう、沖縄のあうんみたいな感じかな?

その辺はよくわかりませんが、、、

ええ表情していました。

たまらんです♪

 

ここから先に行くと、、、チェンマイの街を見渡せる場所があります。

もちろん時間によって見え方は変わるし、、、

お天気によっても見え方が変わると思います。

この景色はちょうど、4時くらいです。

朝日がまた綺麗みたいですが、、、

あt、夜の写真撮ってる人もいますよね♪

少し歩くと、こんな風に花が咲いています。

チェンマイに来て思ったのは、あっちこっちで花がすごく咲いていました。

いろんな色の花が咲いてて、お花好きの人にはこの街、、、

楽しいんだろうなぁ〜って思いますよ。

この花の道を少し進むと、少し高くなってるところがあって、、、

そこからも景色を見ることができます。

 

この場所からも金色の仏塔は眺めることができます。

柱の奥にひっそりと!

それでもやっぱり光ってますね。

僕、ここからの景色見て思いましたが、、、

やっぱり早朝とか、夕景のタイミングで来るのがいいかなぁ〜って。

それなりに景色が綺麗で、開放感があって気持ちはいいんですが、、、

やっぱり分かりやすく感動する景色ってあるじゃないですか?

訪れる時間がフリーで動けるというようであれば、それ、考慮してみてください。

上りがあれば、、、下りもある。

帰りは、階段を下っていきますが、上りに比べたらもちろんのこと楽チンです。

みんなここで記念撮影をしていたので、僕も負けずに、、、

パチリ!

1人で行くと、、、なかなか自分の写真ってなくなりますもんね。

たまーにこういう写真も残しておかないと。

 

下りきったところで、そのまますぐバイクに乗って山を降りてもよかったんですが、、

頑張って階段を登った自分へのご褒美を、、、

買ってあげました。

ストロベリースムージー♪

いやいや、、、美味でした。

それはそれは、こういうのがあると、すべてひっくるめてよかったなぁ〜って思います。

僕ってそんなもんです。