自宅でもエスプレッソを作ってみよう!オススメの道具3選!

オススメ商品!
スポンサーリンク
たつを
たつを

ちょっとずつ美味しいエスプレッソが
淹れられるようになってきたのです!
バリスたつをです♪

 

これまで幾度となく挑戦してきた、エスプレッソタイム!

なかなか美味しいラテが淹れられるようになるまでは修行が足らんなと思っています。

美味しいラテを求めて、、続編。
美味しいラテの作り方、まずはマシンを知る!命である美味しいエスプレッソを淹れる。そして、フォームミルクをなめらかに仕上げる。この完成度の高い2つを掛け合わせないと完成しない。失敗ばかりのチャレンジです。

そんなことで、修行自体は継続していますが、、、

その間に買った、アイテム達を一応、ご紹介しておきます。

 

 

まずはこちらのノックボックス!

最初は別にいらんよなぁ〜って思っていたんですが、、、

何度も作っていてやっぱり使い終わった粉を捨てるときに困っていました。

 

 

そこでこのノックボックスを買ったわけなんですが、、、

こんな感じで届きました。

 

 

この棒の部分がゴムになっていて、、、

ここにポルタフィルターを打ち付けて、粉を落とすってやつです。

 

よく、エスプレッソ作った後に、コン!コンっ!と叩いてる、、アレです。

 

 

棒を取り除くとこんな感じ。

取り外しできるので、洗うときも楽チンだし、、、

僕の場合は、エスプレッソを入れるときは、これを装着して、、、

注文が入るまでは、この棒を取り除いて、使い終わったドリップを捨てるところとして使う予定です。

 

 

ちなみに、ボックスの底の部分は、ゴムになっていて、、、

叩いても滑らないような工夫がされています。

 

使ってみてなんですが、小さい割にしっかりと機能的な部分を発揮してきます。

なかなか優秀!

 

そして、もう一つ、、、

 

 

これですわ、、、

エスプレッソの必需品!

付属のやつはプラスチックの付属品みたいな感じだったので、ええの買いました。

 

 

ほれほれ、、、タンパーです♪

 

ほどよい重みもあって、なんだか素敵です。

 

 

タンパー用のマットも付属されていました。

これで使わないときも置いておけます。

 

 

 

 

 

 

そのほかは、、、クロスと簡易的な袋。

それ以外は入っていませんでした。

 

 

これは買ってよかったなぁ〜というより、必需品。

他のもので慣れてしまうより、これで慣れた方がいいなぁ〜と思って、、、

僕はスタート時からこれを使うようにしています。

 

そのほかでいうと、これはめちゃくちゃ便利でした。

 

 

ドージングリングっていうのかな?

コーヒーパウダーリングっていう言い方もあるかな?

 

 

物自体はこういうもので、粉にしたコーヒーを入れる時に飛散防止として使うものです。

これがあるかないかで、作業後の手間が大きく変わります。

 

 

とりあえず、実際にカフェで使ってる方法を写真付きで載せておきますね。

興味のある方は、ご一読くださいませ。

 

 

こちらポルタフィルター!

すでにフィルターバスケットを装着した状態です。

 

エスプレッソを作るときの手順としては、

①、この中にコーヒーの粉を入れる。

②、タンピングして抽出口に装着する。

③、抽出ボタンを押す。

④、約18秒くらいで、下から抽出されたエスプレッソができあがります。

 

 

今回購入したドージングリングを使うのは、この①の作業の時です。

このポルタフィルターに粉を入れるんですが、、、

このまま入れると粉が飛び散ってしまうんです。

 

ですので、このドージングリングをかぶせるわけです。

 

 

すると、こんなふうに、少し背が高くなると同時に、、、

入れ口が広くなるってことです。

 

 

ポルタフィルターの大きさと同じ径のものを買うと、、、

ぴったりとはまります。

 

 

ちなみに、ドージングリングの裏側には、こういう弱いですが磁石がついているので、、、

ピタッとくっついてくれます。

 

 

ひっくり返しても、落ちることはありません。

便利ですよね♪

 

 

試しにやってみると、、、

ここに細かくした粉を入れていくわけです。

 

 

ドージングリングを装着していると、ほとんど、周りにこぼすことがなくなります。

ただ、山なりに積もった感じになるので、、、

 

 

ちょいと横に振って、、、ある程度、ならします。

そして、ドージングリングを取り外すと、、、

 

 

えいやっ!

ポルタフィルターの周りにも粉が残りません!

優秀!

 

ここから、豆を擦り切って、、、

 

 

②の作業ですね!

タンパーでタンピングします。

(カメラ撮りながらなのですいません)

 

 

まぁこんな感じで、詰まった感じになります。

これを装着して、抽出し、エスプレッソを味わうって感じです。

実際、絶対に必要か?ってものではないと思いますが、、、

あるとかなり便利ですね。

 

こんな感じで、もっともっと道具も揃えたいし、、、

もっと上手に淹れられるようになりたい。

味も手技もいろいろ含めてね。

 

本体は、、、こんな感じです。

自宅でも十分美味しいエスプレッソが淹れられるツワモノです。

フォーマーの圧もキャップを取ってしまえば、比較的強いので、良い感じで仕上がります。

実際、なかなかクセの強い子だなぁ〜って使ってみると思いますが、じゃじゃ馬ほど乗りこなしたくなるもんでしょ?

いつか制してみせますので♪

 

エスプレッソに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

もし大金を持ってるなら、マシン性能に頼りたくなりますよ、、、ほんとに。

難しく、、、そして、それがまた面白いです。

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31