4TのHDDが1万円を切る時代!HDDのフォーマットに迷ったら「exFAT」一択で!

オススメ商品!
スポンサーリンク

もう驚きしかなった。

Macを買い換えて、まずやることは、保存するデータは基本、本体のHDDにはしない。

これはみなさん、覚えておいてください。

Macのパフォオーマンスを向上させるには、保存データは外付けHDD、もしくはクラウドに保存する!

Macの大敵『その他』のデータをいかに減らせるかが重要になってきます。

Macの大敵『その他』問題と真っ向勝負!対処と対策法を書きます!
「お使いのHDDは空き容量がありません」このワードがいきなり登場しPCが動かない。僕と同じように、【その他】にSSDを食い尽くされた人がいたら参考にしていただければと思います。対処法と対策を残しておきます。
Macで動画編集する人必見!「動きが重くなった」や『その他問題』などを見える化して対策できるオススメソフト!
Macの動きが重くなったとか、ストレージの【その他】が増えてきたとか、動画編集をよくする人とか、メンテナンスってちゃんとしてますか?初心者でも簡単に使えるメンテナンスソフト紹介します!

こちらの記事も参考にしてください。

とにかく、本体のデータは軽く!

これがパソコンを長く使うコツです!

そんなことで、外付けのHDDを探していたんですが、、、

BUFFALOのHDDが鬼ほど安くなってて、驚きすぎたんです。

その瞬間にポチっと押してしまってました。

 

HDDの値段はどんどん安くなっていますが、これほどまでとは思わなかった。

これ、、、パソコンでも使える、、、そして、テレビにも使える、、、

そんな外付けのHDDが、、、4TBのHDDがなんとなんと、、、

1万円を切る時代なんですね。

ほんまにびっくりしました。

外付けHDDに保存するに当たって、、、

別にこのHDDじゃなくてもいいんですが、、、

パソコンのスペックをより引き出すならば、転送速度の早いものを選んでください。

 

そうじゃなかったら結局、データを読み取るのに時間がかかって遅くなってしまうことがあります。

ご注意ください。

まぁとにかくすぐ使える仕様になっているんですが、、、

とりあえず、中身を見て行きましょうか?

まずはセットアップの説明書です。

そして、転送用のケーブル。

USB3.0です。

そして、電源用のアダプター!

薄型になっているので、混み合ってるコンセントでも大丈夫ですね。

そして、これが本体です。

思ってたより小さくてコンパクトです。

こんな感じです。

無駄なスペースもないし、、、コンパクトで設置しやすい感じになっています。

ちなみに、テレビで使う場合はこんな感じで接続しましょう。

テレビに使う場合はフォーマットせずにそのまま使えると思うんですが、、、

 

僕の場合は、Macで使うので、適した方法でフォーマットします。

Macで「exFAT」でのフォーマットをオススメする理由

とにかく、まずフォーマットをするにあたって、いろいろなフォーマットがあります。

4GB以上の動画データを扱うことがあるので、、、

APFS:アップルの独自ファイルシステム(SSDストレージのみ)
Mac OS拡張:Macのファイルフォーマット
exFAT:僕がオススメするフォーマット
DOS(FAT):Windows標準の一般的なファイルフォーマット(FAT32)

それぞれのフォーマット方法に良さはあるんですが、、、

「exFAT」をオススメする理由は、2つあります。

まず1つ目にして最大の理由なんですが、、、

1ファイルが4GB以上のものでも保存できる!

 

動画データとかになってくると、データ容量が大きくなります。

それらを移動させるときに容量が越えていると移動することができなくなります。

大きなデータを取り扱えるというメリットは最大の条件ではないかと。

 

そして、2つめの理由は、、、

MacでもWindowsでもデータを読み取れる!

 

両方のパソコンを使う場合、大きなデータを転送する場合も、そのままUSBの差し替えでデータを共有できるということです。

何があるかわかりませんからね、、、できるだけ汎用性が広い方があとあと便利になります。

 

以上の理由からフォーマットは、「exFAT」を絶対的にオススメしています。

「exFAT」でのフォーマットの弱点は?

ただし、、、「exFAT」にも弱点はあります。

 

「exFAT」最強説を唱えかけましたが、、、

その弱点が、Time Machineで読み取れない!ということなんです。

Macの最強ともいえるバックアップツール、Time MachineのHDDとしては選択することができない。

 

ただ、これに関しては、通常使うHDDとバックアップ用のHDDを同じにしてしまうと、何かが起こってしまうと同時にクラッシュするので、分けることをオススメしたい。

通常のファイルが保存されているHDD、、、

そして、Time Machineとして使うバックアップ用のHDD、、、

この2つがあれば、怖くない状況が作れてしまうと思います。

 

まぁでもこのHDDに関しては、4Tあるので、間違いなくメインの外付けHDDになるのかなと。

無名のメーカーではないし、BUFFALOってだけで安心感もある。

そして、容量は4Tある。

これで、1万円を切っています。

迷わず、ポチるでしょ?

こちらをメインのHDDにして、バックアップ用は、、、

こちらの2Tのやつでいいんじゃないでしょうか?

 

使ってみた感想としてはファンの騒音がほとんどなく、非常に静かです。

安心して使えるので、これはいい買い物でした。

 

ただ、HDDは消耗品です。

クラッシュする前に交換することも大切ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

オススメ商品!



たつをブログ