提出期限は2021年5月31日!YouTubeの収益が24%減だと!?税務情報提出忘れずに!

ブログ
スポンサーリンク
たつを
たつを

知識は持っていた方がいい!
人生、勉強と経験の連続だよな。
崖っぷち!たつをです。

YouTubeから突然、ポリシー規約の変更があったと通知が届く。

これまでブログを書いてたりして、Google AdSenseの規約が変わったりもありました。

いろいろ規約が変更される中、しっかりとその情報について理解してついていかなくちゃ〜ならない。

 

今回のYouTubeの規約更新も、YouTubeでの収益に対する税の取り扱いを変更するよーってものでした。

軽く書いたけど、結構、重要なことですよね?

ざっくりまとめると、、、

2021年6月以降は、各プラットフォームの収益から、アメリカの税金が源泉徴収として差し引かれる場合があるよ!

ただ、その源泉徴収の必要性や金額をGoogleが正確に判断するために、2021年5月31日(月)までにGoogle AdSenseなどから税務情報を提出してください!

日本のクリエイターが税務情報を提出し、租税条約による優遇措置を申請する場合は、最終的に差し引かれる税金額は0ドルにしましょう!

でもね、もし、税務情報を提出しなかった場合、アメリカの税法によりYouTubeを通じて全世界であげた総収益から最大24%が控除される場合があるよ!

 

こんな感じです。

ちゃんと必要なものを提出してくれたら、ええ感じにしたるよぉ〜っていうもの。

面倒ですけど、ありがたい話ですよね?

そんなことなら、ちゃんと提出しないといけませんよね!!

たつを
【プロフィール】 大阪在住 たつをです。 関西にてタレント活動をしております。 テレビ・ラジオをはじめプロスポーツのMCなどもしております。 看護師・防災士・フードアナリストの資格も持ち、多方面で活動しております。 日々の出来事をブログに綴っています。毎日更新中。 人生一度きりですから、「愛想よく厚かましく!」をモッ...

ってことで、早速、自分のチャンネルでやってみました。

 

おそらくYouTubeやっている人で、収益化している人なら、、、

それなりの通知のところに『税務情報を提出してください!』みたいなお知らせが届いているはずです。

 

 

僕のところにも、それは届いていて、、、

この画面から、右下の【税務情報の追加】ってところをクリックしてスタートします。

 

基本的に個人情報以外は選んで行くだけなので、うまくいけば本当に数分で終わると思いますよ。

同じようにやってみてください。

 

 

次はこんな画面です。

振り込まれる口座の種類、、、個人なのか?法人なのか?

 

日本に住んでると思うので、【いいえ】を選択。

 

 

ここからは個人情報を入力していきましょう。

名前を入れて、【日本】を選択、、、

外国のTINってところに、マイナンバーの番号を入力!

 

 

ここは住所を入力していくんですが、、、選択のところは【日本】で大丈夫です。

しかし、それ以降の入力部分は英語での入力になります。

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

住所を英語にできないっ!って人はこちらを使ってみてください。

 

 

ここも質問に応じて選ぶだけです。

一番下のw-8納税申告用紙タイプの選択ってのは、ベーシックな方でいいと思われます。

上の方で。

 

 

ここで【はい】を選択すると、展開していきます。

 

【特別な料率や条件】の部分は基本的にすべてにチェックしていく感じです。

【条項と段落】はクリックすると選択肢が出てくるので、選択できるものを選ぶ

【源泉徴収率】は「0%(減税税率)」を選択します!

 

このあと、スクショし忘れていますが、❹で書類のプレビューってのがあります。

がしかし、これは、プレビューをみて、確認するだけの作業です。

これまでの入力が間違ってなければ、確認すれば大丈夫!

 

このプレビューする書類が英語表記なので、とりあえず、今まで打ち込んだ情報を確認しよう。

確認ができたらフォームに戻り、、、

【作成された税務書類を確認したうえで、私が知る限り、その内容が真実で正しく、完全であることを誓約します。】にチェックを入れて次へ進みましょう!

 

 

いよいよ終了が近づいてきましたよ。

この内容で正しかったら、署名をしてくれ!って言われています。

【戸籍上の姓名】に英語表記で姓名を記入する!

 

【署名欄に記された人物はご自身ですか?】の設問に【はい…】と答えて次へ!

 

 

ここもこの画像と同じ選択で大丈夫です。

【いいえ】を選んでからチェックを入れる。

 

ただ、この次の【税務上の地位の変更に関する宣誓供述書】では、これまで収益を得たことがあるか無いかで選択肢が変わります。

僕は支払いを受け取ったことがあるので、【過去にお支払いを受け取ったことがある既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します】を選択しました。

 

これで、ここまでの内容を確認し問題が無ければ、【送信】をクリックして完了です。

 

するとこんなのがメールで届きました。

これで完了ですね。

一応、確認はアドセンスの管理画面から見ることができます。

 

今回は一例として自分のやつを参考にやってみましたが、もしかしたら、環境によっては選択が異なってくるかもしれません。

その際は、専門家に相談することをオススメします。

 

手順通りやれば間違うこともないので、しっかりと提出しておきましょう。

そして、これ、2021年5月31日までが提出期限となっているので、提出し忘れのないようにご注意ください。

 

この記事を書いた人


たつを

関西を中心に活動するマルチタレント
テレビやラジオだけでなく、Bリーグ・TリーグといったプロスポーツのアリーナMCとしても活動中

さらに看護師やフードアナリストなど多様な資格を持ち様々な角度から日々感じたことを綴るが、彼の妄想劇には要注意だ!
SNSのフォローよろしくお願いします → https://linktr.ee/tatsuwo31

 

スポンサーリンク
勝手に血液型ランキング

ブログランキングのご協力よろしくお願いします!
あなたのワンクリックがエネルギーになってます。

明日も明後日も毎日、更新頑張ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリックしてくれるだけで完了します。
今日もありがとうございました♪
まずはみんなで3桁狙いましょう!!

ブログ



たつをブログ